当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「プラグイン API/フィルターフック一覧/author edit pre」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(ページの作成:「== 説明 == "'''author_edit_pre'''" フィルターは、動的フィルタのグループの一部です。このフィルターは、編集のために投稿を読み...」)
 
(使い方)
 
(同じ利用者による、間の1版が非表示)
3行目: 3行目:
  
 
== 使い方 ==
 
== 使い方 ==
"author_edit_pre" フィルターが呼び出されると、投稿者のユーザIDと編集される投稿IDの2つのパラメータが渡されます
+
"author_edit_pre" フィルターが呼び出されると、投稿者のユーザ ID と編集される投稿 ID の2つのパラメータが渡されます
  
 
<pre>
 
<pre>
13行目: 13行目:
 
</pre>
 
</pre>
  
''''filter_function_name'''' は、フィルターの実行時にWordPressが呼び出す関数です。フィルター関数は、処理が終了した後に整数を返さなければならないこと、もしくは作成者が空であることに注意してください。
+
'filter_function_name' は、フィルターの実行時にWordPressが呼び出す関数です。フィルター関数は、処理が終了した後に整数を返さなければならないこと、もしくは作成者が空であることに注意してください。
  
 
'''filter_function_name''' は一意の関数名でなければなりません。既に宣言されている他の関数名と一致することはできません。
 
'''filter_function_name''' は一意の関数名でなければなりません。既に宣言されている他の関数名と一致することはできません。

2017年9月30日 (土) 16:27時点における最新版

説明

"author_edit_pre" フィルターは、動的フィルタのグループの一部です。このフィルターは、編集のために投稿を読み込むときwp-adminで実行されます。

使い方

"author_edit_pre" フィルターが呼び出されると、投稿者のユーザ ID と編集される投稿 ID の2つのパラメータが渡されます

function filter_function_name( $user_id, $post_id ) {
  // Do user manipulation here
  return $user_id;
}
add_filter( 'author_edit_pre', 'filter_function_name', 10, 2 );

'filter_function_name' は、フィルターの実行時にWordPressが呼び出す関数です。フィルター関数は、処理が終了した後に整数を返さなければならないこと、もしくは作成者が空であることに注意してください。

filter_function_name は一意の関数名でなければなりません。既に宣言されている他の関数名と一致することはできません。

関連項目

フィルター関数の作成 関数リファレンス/add_filter

最新英語版: WordPress Codex » Plugin_API/Filter_Reference/author_edit_pre