当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

プラグイン:BackUpWordPress

提供: WordPress Codex 日本語版
2010年1月15日 (金) 14:32時点におけるShokun (トーク | 投稿記録)による版 (BackUpWordPress使用時の注意事項)

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索
このページ「BackUpWordPress」はまだ書きかけで、情報が不足しています。続きを書いて WordPress を手助けしましょう.


説明

BackUpWordPressは使用を開始するとDBに設定値を書き込みます。 その際wp_optionsテーブルのcronの中にも設定を書き込みますが、アンインストールしても適切に削除されません。 また、再インストールするとcronの設定に追記します。そのため1日複数回BackUpを行ったりします。

対処方法

現状ではcronの中身を直接書き換えるしかありません。 cronの中身は、配列を文字列として扱えるようにserializeされたものなので、一旦unserializeをかけて、配列に戻し、不要な配列を削除後、再度serializeをかけたものを、phpMyAdminから更新してあげれば直ります。(jim912さん)

簡単なPHPファイルを作成しunserializeする例:
<?php
$str = 'phpMyAdminからコピーした内容';
$unserializeObj = unserialize($str);
echo "<pre>";
print_r($unserializeObj);
echo "</pre>";
?>