当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「テーママークアップ」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(テーマサポートの追加: 「例」にまつわる言い回しを変えました。)
(2014-04-14T22:41:50 Mbijon 版に更新。)
6行目: 6行目:
 
[[Version 3.6|Version 3.6]] 以降、テーマは [[Theme_Development#Functions_File|functions.php]] の中で [[Function_Reference/add_theme_support|add_theme_support()]] を使うことになりました。以下が例です:
 
[[Version 3.6|Version 3.6]] 以降、テーマは [[Theme_Development#Functions_File|functions.php]] の中で [[Function_Reference/add_theme_support|add_theme_support()]] を使うことになりました。以下が例です:
  
<pre>add_theme_support( 'html5' );</pre>
+
<pre>add_theme_support( 'html5', array( 'gallery' ) );</pre>
  
ここでは様々な引数を渡すことが可能です。
+
2つ目の引数には1つ以上の対応する HTML5 機能を使います。'search-form'、'comment-form'、'comment-list' への対応は 3.6 で、'gallery'、'caption' は 3.9 で追加されました。
  
 
<pre>
 
<pre>
15行目: 15行目:
 
'comment-form',
 
'comment-form',
 
'comment-list',
 
'comment-list',
 +
'gallery',
 +
'caption'
 
);
 
);
 
add_theme_support( 'html5', $args );
 
add_theme_support( 'html5', $args );
 
</pre>
 
</pre>
  
<div id="Resources">
+
2つ目の引数は前方互換性のために必須です。つまり、新しいバージョンの WordPress でもHTML5 機能に対応していない旧テーマが動作しないのを防ぐためです。
  
 +
<div id="Resources">
 
== リソース ==
 
== リソース ==
 
</div>
 
</div>
 
* [http://generatewp.com/theme-support/ WordPress Theme Support Generator]
 
* [http://generatewp.com/theme-support/ WordPress Theme Support Generator]
 +
* [http://make.wordpress.org/core/2014/04/15/html5-galleries-captions-in-wordpress-3-9/ Make.WordPress.org の gallery/caption 対応・2つめの引数が必須になったことに関する告知]
  
 
<div id="Related">
 
<div id="Related">
30行目: 34行目:
 
{{Theme Support}}
 
{{Theme Support}}
  
{{原文|Semantic Markup |134271}}<!-- 13:57, 8 August 2013 Djkaz 版 -->
+
{{原文|Semantic Markup|142687}}<!-- 2014-04-14T22:41:50 Mbijon 版 -->
  
[[Category:Advanced Topics]]
+
[[Category:上級トピック]]

2014年4月22日 (火) 23:36時点における版

セマンティックマークアップVersion 3.6 から導入された、テーマ機能の1つです。この機能によって、テーマの検索やコメントのフォーム、コメントのリストに HTML5 のマークアップを適用させることを明確に選択することが可能となりました。

テーマサポートの追加

Version 3.6 以降、テーマは functions.php の中で add_theme_support() を使うことになりました。以下が例です:

add_theme_support( 'html5', array( 'gallery' ) );

2つ目の引数には1つ以上の対応する HTML5 機能を使います。'search-form'、'comment-form'、'comment-list' への対応は 3.6 で、'gallery'、'caption' は 3.9 で追加されました。

$args = array(
	'search-form',
	'comment-form',
	'comment-list',
	'gallery',
	'caption'
);
add_theme_support( 'html5', $args );

2つ目の引数は前方互換性のために必須です。つまり、新しいバージョンの WordPress でもHTML5 機能に対応していない旧テーマが動作しないのを防ぐためです。

リソース

テーマサポート: add_theme_support(), remove_theme_support(), current_theme_supports()
テーマ機能: サイドバー, ナビゲーションメニュー, 投稿フォーマット, 投稿サムネイル, カスタム背景, カスタムヘッダー, 自動フィードリンク, html5, コンテンツ幅, editor-style



最新英語版: WordPress Codex » Semantic Markup最新版との差分