• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「テンプレート:Return」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(日本語版作成)
()
 
20行目: 20行目:
  
 
== 例 ==
 
== 例 ==
<pre><nowiki>{{Return|WP_User|object|[[Class_Reference/WP_User|WP_User]] メンバー変数を用いて生成されるオブジェクト}}</nowiki></pre>
+
<pre><nowiki>{{Return|WP_User|object|[[クラスリファレンス/WP_User|WP_User]] メンバー変数を用いて生成されるオブジェクト}}</nowiki></pre>
  
 
=== 出力 ===
 
=== 出力 ===
{{Return|WP_User|object|[[Class_Reference/WP_User|WP_User]] メンバー変数を用いて生成されるオブジェクト}}
+
{{Return|WP_User|object|[[クラスリファレンス/WP_User|WP_User]] メンバー変数を用いて生成されるオブジェクト}}
  
 
</div>
 
</div>
  
 
</noinclude>
 
</noinclude>

2013年5月11日 (土) 19:04時点における最新版

param (datatype) 
Description.

説明

このテンプレートは、""戻り値""がどのように関数リファレンスTemplate Tagsで見えるかを定義するものである。

使用法

{{Return|param|datatype|description}}

パラメーター

param
関数によって返されるパラメーターまたは値 (nullやvoid等もある)
datatype
戻り値の型
description
戻り値の説明

{{Return|WP_User|object|[[クラスリファレンス/WP_User|WP_User]] メンバー変数を用いて生成されるオブジェクト}}

出力

WP_User (object) 
WP_User メンバー変数を用いて生成されるオブジェクト