当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「テンプレート:Return」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(とりあえず英語版を記載)
 
(日本語版作成)
3行目: 3行目:
 
<div class="template-description" style="padding: 0 1.5em; border: 1px solid #eeeeee; background-color: #f9f9f9">
 
<div class="template-description" style="padding: 0 1.5em; border: 1px solid #eeeeee; background-color: #f9f9f9">
  
== Description ==
+
== 説明 ==
The purpose of this template is to standardize how '''return values''' looks in [[Function Reference]] and [[Template Tags]].
+
このテンプレートは、""戻り値""がどのように[[Function Reference|関数リファレンス]][[Template Tags]]で見えるかを定義するものである。
  
== Usage ==
+
== 使用法 ==
 
<pre><nowiki>{{Return|param|datatype|description}}</nowiki></pre>
 
<pre><nowiki>{{Return|param|datatype|description}}</nowiki></pre>
  
== Parameters ==
+
== パラメーター ==
 
; param
 
; param
: Return param or value (also can be: null, void...).
+
: 関数によって返されるパラメーターまたは値 (nullやvoid等もある)
  
 
; datatype
 
; datatype
: Datatype of return value.
+
: 戻り値の型
  
 
; description
 
; description
: Description of return value.
+
: 戻り値の説明
  
== Example ==
+
== ==
<pre><nowiki>{{Return|WP_User|object|[[Class_Reference/WP_User|WP_User]] object where it can be retrieved using member variables.}}</nowiki></pre>
+
<pre><nowiki>{{Return|WP_User|object|[[Class_Reference/WP_User|WP_User]] メンバー変数を用いて生成されるオブジェクト}}</nowiki></pre>
  
=== Output ===
+
=== 出力 ===
{{Return|WP_User|object|[[Class_Reference/WP_User|WP_User]] object where it can be retrieved using member variables.}}
+
{{Return|WP_User|object|[[Class_Reference/WP_User|WP_User]] メンバー変数を用いて生成されるオブジェクト}}
  
 
</div>
 
</div>
  
 
</noinclude>
 
</noinclude>

2013年5月11日 (土) 14:23時点における版

param (datatype) 
Description.

説明

このテンプレートは、""戻り値""がどのように関数リファレンスTemplate Tagsで見えるかを定義するものである。

使用法

{{Return|param|datatype|description}}

パラメーター

param
関数によって返されるパラメーターまたは値 (nullやvoid等もある)
datatype
戻り値の型
description
戻り値の説明

{{Return|WP_User|object|[[Class_Reference/WP_User|WP_User]] メンバー変数を用いて生成されるオブジェクト}}

出力

WP_User (object) 
WP_User メンバー変数を用いて生成されるオブジェクト