• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「テンプレート:サーバー要件」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(ja.wordpress.org ホームページ更新につき編集を加えました。)
(脚注部分に <noinclude> 追加)
20行目: 20行目:
 
</noinclude>
 
</noinclude>
 
* <includeonly>(オプション) </includeonly>[[用語集#Apache|Apache]] <code>[[用語集#mod_rewrite|mod_rewrite]]</code> モジュール -- [[パーマリンクの使い方|パーマリンク]]と呼ばれる簡潔な URL 形式を使う場合。
 
* <includeonly>(オプション) </includeonly>[[用語集#Apache|Apache]] <code>[[用語集#mod_rewrite|mod_rewrite]]</code> モジュール -- [[パーマリンクの使い方|パーマリンク]]と呼ばれる簡潔な URL 形式を使う場合。
 
+
<noinclude>
 
===脚注===
 
===脚注===
 
<references/>
 
<references/>
 
+
</noinclude>
 
<includeonly>[[Template:サーバ要件#バージョン 2.5〜2.8 系|&raquo; 旧バージョンのサーバ要件]]</includeonly>
 
<includeonly>[[Template:サーバ要件#バージョン 2.5〜2.8 系|&raquo; 旧バージョンのサーバ要件]]</includeonly>
 
<noinclude>
 
<noinclude>

2010年1月7日 (木) 21:03時点における版

バージョン 2.9 系

  • PHP バージョン 4.3 以上
  • MySQL バージョン 4.1.2 以上

バージョン 2.5〜2.8 系

  • PHP バージョン 4.3 以上
  • MySQL バージョン 4.0 以上[1]

バージョン 2.1~2.3 系

  • PHP バージョン 4.2 以上
  • MySQL バージョン 4.0 以上[1]

バージョン 2.0.x 系

  • PHP バージョン 4.2 以上
  • MySQL バージョン 3.23.23 以上[1]

共通オプション

上記すべてのバージョンに共通する、特定の機能を使う場合に必要なオプション。

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 確認されている制限事項: MySQL 4.0.x は UTF-8 に完全対応していないため、UTF-8 のブログで日本語によるサイト内検索やソートが正しく機能しないことがあります。WordPress 日本語版をお使いの場合は、バージョン 2.9 以前でも MySQL 4.1 以上の使用を推奨します。



最新英語版: WordPress Codex » Template:Server requirements最新版との差分