• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「テンプレートタグ/wp meta」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(ソースファイル リンクを追加)
(説明: リンク修正)
 
1行目: 1行目:
 
== 説明 ==
 
== 説明 ==
  
  [[Plugin API/Action Reference/wp meta|wp_meta]] アクションフックを作り、サイドバーにコンテンツを挿入することができます。
+
  [[Plugin API/Action Reference/wp meta|wp_meta]] /[[:en:Plugin API/Action Reference/wp meta|en]] アクションフックを作り、サイドバーにコンテンツを挿入することができます。
  
デフォルトで、<tt>wp meta()</tt> は <tt>sidebar.php</tt> の [[Function Reference/wp loginout|<tt>wp_loginout()</tt>]] やメタウィジェットのすぐ後に呼び出され、ウィジェットに新しいリスト項目を追加することができます。
+
デフォルトで、<tt>wp meta()</tt> は <tt>sidebar.php</tt> の [[関数リファレンス/wp loginout|<tt>wp_loginout()</tt>]] やメタウィジェットのすぐ後に呼び出され、ウィジェットに新しいリスト項目を追加することができます。
  
 
'''注:''' <tt>get_sidebar( $name );</tt> 関数ではサイドバーファイルを読み込むよりも前に <tt>do_action( 'get_sidebar', $name );</tt> があるのと同様、この <tt>do_action( 'get_sidebar', $name );</tt> はサイドバーより"前に"読み込まれるべきで、<tt>wp_meta();</tt> はサイドバーの後にコールバックを追加できるよう、サイドバーテンプレートの"最後に"呼び出されなくてはなりません。
 
'''注:''' <tt>get_sidebar( $name );</tt> 関数ではサイドバーファイルを読み込むよりも前に <tt>do_action( 'get_sidebar', $name );</tt> があるのと同様、この <tt>do_action( 'get_sidebar', $name );</tt> はサイドバーより"前に"読み込まれるべきで、<tt>wp_meta();</tt> はサイドバーの後にコールバックを追加できるよう、サイドバーテンプレートの"最後に"呼び出されなくてはなりません。

2015年8月16日 (日) 08:26時点における最新版

説明

wp_meta /en アクションフックを作り、サイドバーにコンテンツを挿入することができます。

デフォルトで、wp meta()sidebar.phpwp_loginout() やメタウィジェットのすぐ後に呼び出され、ウィジェットに新しいリスト項目を追加することができます。

注: get_sidebar( $name ); 関数ではサイドバーファイルを読み込むよりも前に do_action( 'get_sidebar', $name ); があるのと同様、この do_action( 'get_sidebar', $name ); はサイドバーより"前に"読み込まれるべきで、wp_meta(); はサイドバーの後にコールバックを追加できるよう、サイドバーテンプレートの"最後に"呼び出されなくてはなりません。

使い方

<?php wp_meta(); ?>

用例

メタウィジェットにリンクを追加する:

<?php
function my_meta_link() {
	echo '<li><a href="http://www.example.com">追加したいリンク先</a></li>';
}

add_action('wp_meta', 'my_meta_link');
?>

変更履歴

1.5 新規テンプレートタグ

ソースファイル

wp_meta()wp-includes/general-template.php にあります。


最新英語版: WordPress Codex » wp_meta最新版との差分