当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「テンプレートタグ/wp list comments」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(関連: {{Lists Tags}})
(en:Function Reference/wp_list_comments 23:13, 10 May 2017 Raamdev 版を反映して残りを和訳。)
 
(2人の利用者による、間の2版が非表示)
1行目: 1行目:
{{Stub}}
+
== 説明<span id="Description"></span> ==
{{CheckTrans}}
+
== 説明 ==
+
  
[[Version 2.7]] で導入されたこの関数は、様々なパラメータや管理画面で行う設定に基づいて、記事やページのコメントを表示します。
+
様々なパラメータや管理画面で行う設定に基づいて、投稿や固定ページのコメントを表示します。
  
[[Migrating Plugins and Themes to 2.7]] も参照してください。
+
[[Migrating Plugins and Themes to 2.7|プラグインとテーマの移行/2.7]] も参照してください。
  
== 使い方 ==
+
== 使い方<span id="Usage"></span> ==
 +
 
 +
<?php wp_list_comments( $args, $comments ); ?>
 +
 
 +
== パラメータ<span id="Parameters"></span> ==
 +
 
 +
{{Parameter|$args|配列|この関数の引数。|オプション|
 
<pre>
 
<pre>
<?php wp_list_comments('arguments'); ?>
+
<?php $args = array(
 +
'walker'           => null,
 +
'max_depth'        => '',
 +
'style'            => 'ul',
 +
'callback'          => null,
 +
'end-callback'      => null,
 +
'type'              => 'all',
 +
'reply_text'        => 'Reply',
 +
'page'              => '',
 +
'per_page'          => '',
 +
'avatar_size'      => 32,
 +
'reverse_top_level' => null,
 +
'reverse_children'  => '',
 +
'format'            => 'html5', // テーマが 'HTML5' をサポートしないなら 'xhtml'
 +
'short_ping'        => false,  // バージョン3.6以降
 +
'echo'              => true    // 真偽値、デフォルトが true
 +
); ?>
 +
</pre>}}
 +
 
 +
引数 '<tt>max_depth</tt>'、'<tt>per_page</tt>' と '<tt>reverse_top_level</tt>' は管理画面の[[管理画面/ディスカッション設定|ディスカッション設定]]で簡単に制御できます。ただしテーマはこれらの設定を上書きできます。
 +
 
 +
{{Parameter|$comments|配列|[[関数リファレンス/get_comments|get_comments]] /[[:en:Function Reference/get_comments|en]] のクエリで取得した配列。|オプション|デフォルトのパラメータで [[関数リファレンス/get_comments|get_comments]] /[[:en:Function Reference/get_comments|en]] を呼び出したときの戻り値。}}
 +
 
 +
== 引数<span id="Arguments"></span> ==
 +
 
 +
; <tt>'walker'</tt> : ( ''Walker オブジェクト'' )  コメントを出力するときに使うカスタム [[クラスリファレンス/Walker|Walker クラス]] /[[:en:Class_Reference/Walker|en]] のオブジェクト。''これがコメント HTML をカスタマイズする一番の方法です。''
 +
 
 +
<pre>
 +
<?php
 +
wp_list_comments( array(
 +
    'walker' => new Walker_Comment()
 +
) );
 
</pre>
 
</pre>
== 用例 ==
 
  
===デフォルトでの使い方===
+
; <tt>'max_depth'</tt> : ( ''整数'' ) 取得するコメントの階層の深さ(コメントへの返信)。
 +
 
 +
; <tt>'style'</tt> : ( ''文字列'' ) <code>'div'</code>、<code>'ol'</code> または <code>'ul'</code>(デフォルト)。外側のタグは明示的に書かなければならないことに注意してください。例えば:
 +
 
 +
<pre><div class="comment list">
 +
    <?php wp_list_comments( array( 'style' => 'div' ) ); ?>
 +
</div></pre>
 +
 
 +
または
 +
 
 +
<pre><ol class="comment list">
 +
    <?php wp_list_comments( array( 'style' => 'ol' ) ); ?>
 +
</ol></pre>
 +
 
 +
; <tt>'callback'</tt> : ( ''[http://jp2.php.net/manual/ja/language.types.callable.php コールバック]'' ) 各コメントの開始タグと内容を表示するカスタム関数の名前。これを使えば、各コメントを表示するとき WordPress 内部の機能をバイパスし、代わりにカスタム関数を呼び出します。HTML レイアウトを極端に変えてコメントを表示するために使ってください。コールバックは <code>&lt;div&gt;</code>、<code>&lt;ol&gt;</code> または <code>&lt;ul&gt;</code> の開始タグ(<tt>style</tt> パラメータに応じて)を出力しなければなりませんが、終了タグを'''含めてはいけません'''。WordPress は終了タグを自動的に追加しますが、<tt>end-callback</tt> を使えばこのデフォルトを上書きできます。<tt>callback</tt> と <tt>end-callback</tt> は階層化されたコメントを扱いやすくするために分けられています。注意して使ってください。
 +
 
 +
; <tt>'end-callback'</tt> : ( ''[http://jp2.php.net/manual/ja/language.types.callable.php コールバック]'' ) 各コメントの終了タグを出力するカスタム関数の名前。これを使えば、各コメントが終わるとき <tt>style</tt> パラメータに応じて <code>&lt;/div&gt;</code>、<code>&lt;/ol&gt;</code> または <code>&lt;/li&gt;</code> を出力する WordPress のデフォルトをバイパスする代わりに、カスタム関数を呼び出します。コメントの終了タグをカスタマイズするために使ってください。<tt>callback</tt> と <tt>end-callback</tt> は階層化されたコメントを扱いやすくするために分けられています。注意して使ってください。
 +
 
 +
; <tt>'type'</tt> : ( ''文字列'' ) 表示するコメントの種類。<code>'all'</code>、<code>'comment'</code>、<code>'trackback'</code>、<code>'pingback'</code> または <code>'pings'</code> を指定できます。<code>'pings'</code> は <code>'trackback'</code> と <code>'pingback'</code> を両方指定したのと同じです。
 +
 
 +
; <tt>'reply_text'</tt> : ( ''文字列'' ) 各コメントの返信用リンクとして表示する文字列。(これはこの関数の引数ではありませんが <code>get_comment_reply_link()</code> 関数へ渡されます。)
 +
 
 +
; <tt>'page'</tt> : ( ''整数'' ) ページ分けした場合に表示対象とするページ。
 +
 
 +
; <tt>'per_page'</tt> : ( ''整数'' ) 1ページに表示するコメントの数。
 +
 
 +
; <tt>'avatar_size'</tt> : ( ''整数'' ) 表示するアバターの大きさをピクセル数で指定。http://gravatar.com/ は1から512までの大きさをサポートします。0を指定するとアバターを表示しません。
 +
 
 +
; <tt>'reverse_top_level'</tt> : ( ''真偽値'' )  これを <code>true</code> にすると最新のコメントを先頭にして逆順に、<code>false</code> にすると一番古いコメントを最初に表示します。省略すると WordPress ダッシュボード内の設定を使います。
 +
 
 +
; <tt>'reverse_children'</tt> : ( ''真偽値'' ) これを <code>true</code> にすると一番新しい子コメント(返信)が付いたコメントを先頭にして逆順に表示します。
 +
 
 +
; <tt>'format'</tt> : ( ''真偽値'' ) 'html5' または 'xhtml' を指定します。デフォルトはテーマの <code>current_theme_supports( 'html5' )</code> の設定値です。
 +
 
 +
; <tt>'short_ping'</tt> : ( ''真偽値'' ) short ping を使うかどうか。
 +
: ''訳注: short ping はトラックバックをピンバック形式で短く表示します。''
 +
 
 +
; <tt>'echo'</tt> : ( ''真偽値'' ) コメントのリストを表示 (echo) するか、表示せず値として返すか。
 +
 
 +
== 用例<span id="Examples"></span> ==
 +
 
 +
=== デフォルトの使い方<span id="Default_Usage"></span> ===
 +
 
 +
コメントを番号付きリストで出力します。スレッド(入れ子)形式やページ分けは [[管理画面/ディスカッション設定]] で有効にするか無効にします。
  
コメントを番号付きリストで出力します。スレッド(入れ子) 形式や複数ページの分割は、[[管理パネル/ディスカッション設定]] で有効にするか無効にします。
 
 
<pre>
 
<pre>
&lt;ol class="commentlist"&gt;
+
&lt;ol class="commentlist"&gt;
<?php wp_list_comments(); ?>
+
<?php wp_list_comments(); ?>
&lt;/ol&gt;
+
&lt;/ol&gt;
 
</pre>
 
</pre>
===コメントのみを、カスタム画面で表示する===
 
  
コメントのみ(ピンバックやトラックバックを含まない)を表示し、コールバック関数を用いて見た目を整えます。
+
=== コメントだけをカスタム表示する<span id="Comments_Only_With_A_Custom_Comment_Display"></span> ===
  
&lt;ul class="commentlist"&gt;
+
コメントのみ(ピンバックやトラックバックを含まない)を表示し、コールバック関数を用いて見た目を整えます。もし返信リンクが表示されなければ、引数 <tt>max_depth=X</tt> を追加してもよいでしょう。
<?php wp_list_comments('type=comment&callback=mytheme_comment'); ?>
+
 
&lt;/ul&gt;
+
<pre>
 +
&lt;ul class="commentlist"&gt;
 +
<?php wp_list_comments( 'type=comment&callback=mytheme_comment' ); ?>
 +
&lt;/ul&gt;
 +
</pre>
 +
 
 +
テーマの [[テーマの作成#Functions File|functions.php ファイル]] でコールバック関数を定義しておく必要があります。コールバック関数の例を以下に示します:
  
利用しているテーマの [[テーマの作成#Functions File|functions.php file]] でコールバック関数を定義しておく必要があります。コールバック関数の例を以下に示します。
 
 
<pre>
 
<pre>
 
function mytheme_comment($comment, $args, $depth) {
 
function mytheme_comment($comment, $args, $depth) {
  $GLOBALS['comment'] = $comment; ?>
+
    if ( 'div' === $args['style'] ) {
  <li <?php comment_class(); ?> id="li-comment-<?php comment_ID() ?>">
+
        $tag      = 'div';
    <div id="comment-<?php comment_ID(); ?>">
+
        $add_below = 'comment';
      <div class="comment-author vcard">
+
    } else {
        <?php echo get_avatar($comment,$size='48',$default='<path_to_url>' ); ?>
+
        $tag      = 'li';
 +
        $add_below = 'div-comment';
 +
    }
 +
    ?>
 +
    <<?php echo $tag ?> <?php comment_class( empty( $args['has_children'] ) ? '' : 'parent' ) ?> id="comment-<?php comment_ID() ?>">
 +
    <?php if ( 'div' != $args['style'] ) : ?>
 +
        <div id="div-comment-<?php comment_ID() ?>" class="comment-body">
 +
    <?php endif; ?>
 +
    <div class="comment-author vcard">
 +
        <?php if ( $args['avatar_size'] != 0 ) echo get_avatar( $comment, $args['avatar_size'] ); ?>
 +
        <?php printf( __( '<cite class="fn">%s</cite> <span class="says">says:</span>' ), get_comment_author_link() ); ?>
 +
    </div>
 +
    <?php if ( $comment->comment_approved == '0' ) : ?>
 +
        <em class="comment-awaiting-moderation"><?php _e( 'Your comment is awaiting moderation.' ); ?></em>
 +
          <br />
 +
    <?php endif; ?>
  
        <?php printf(__('<cite class="fn">%s</cite> <span class="says">says:</span>'), get_comment_author_link()) ?>
+
    <div class="comment-meta commentmetadata"><a href="<?php echo htmlspecialchars( get_comment_link( $comment->comment_ID ) ); ?>">
      </div>
+
        <?php
      <?php if ($comment->comment_approved == '0') : ?>
+
        /* translators: 1: date, 2: time */
        <em><?php _e('Your comment is awaiting moderation.') ?></em>
+
        printf( __('%1$s at %2$s'), get_comment_date(),  get_comment_time() ); ?></a><?php edit_comment_link( __( '(Edit)' ), '  ', '' );
        <br />
+
        ?>
      <?php endif; ?>
+
    </div>
  
      <div class="comment-meta commentmetadata"><a href="<?php echo htmlspecialchars( get_comment_link( $comment->comment_ID ) ) ?>"><?php printf(__('%1$s at %2$s'), get_comment_date(),  get_comment_time()) ?></a><?php edit_comment_link(__('(Edit)'),'  ','') ?></div>
+
    <?php comment_text(); ?>
  
      <?php comment_text() ?>
+
    <div class="reply">
 +
        <?php comment_reply_link( array_merge( $args, array( 'add_below' => $add_below, 'depth' => $depth, 'max_depth' => $args['max_depth'] ) ) ); ?>
 +
    </div>
 +
    <?php if ( 'div' != $args['style'] ) : ?>
 +
    </div>
 +
    <?php endif; ?>
 +
    <?php
 +
    }
 +
</pre>
  
      <div class="reply">
+
後続の <code>&lt;/li&gt;</code> が無いことに注意してください。WordPress は子要素を出力した後に適切な終了タグを自動で追加します。
        <?php comment_reply_link(array_merge( $args, array('depth' => $depth, 'max_depth' => $args['max_depth']))) ?>
+
 
      </div>
+
=== 特定の固定ページや投稿のコメントを表示<span id="Display_Comments_for_a_Specific_Page.2FPost"></span> ===
    </div>
+
 
<?php
+
特定の固定ページまたは投稿のコメントを番号付きリストで出力します。スレッド(入れ子)形式やページ分けは [[管理画面/ディスカッション設定]] で有効にするか無効にします。
        }
+
 
 +
<pre>
 +
<ol class="commentlist">
 +
<?php
 +
//固定ページまたは投稿のコメントを取得
 +
$comments = get_comments(array(
 +
'post_id' => XXX,
 +
'status' => 'approve' //表示したいコメントの種類に変えてください
 +
));
 +
 
 +
//コメントのリストを表示
 +
wp_list_comments(array(
 +
'per_page' => 10, //ページ分けを有効化
 +
'reverse_top_level' => false //最古のコメントをリストの先頭に表示
 +
), $comments);
 +
?>
 +
</ol>
 
</pre>
 
</pre>
追従する <code>&lt;/li&gt;</code> が無いことに注意してください。WordPress は子要素を追加した後に、自動で追加します。
 
  
== パラメータ ==
+
== 変更履歴<span id="Change_Log"></span> ==
  
''拡張と説明が必要<!-- 原文自体が未完成? -->''
+
新規導入: 2.7.0
  
; avatar_size
+
== ソースファイル<span id="Source_File"></span> ==
: (''整数'') アバターが表示される大きさ(ピクセル)。初期値は32。
+
; style
+
: (''文字列'') コメントリストの表示形式。div または ul。初期値は ul。
+
; callback
+
: (''文字列'') 各コメントの表示に使用するカスタム関数名。初期値は「空」。カスタム関数を指定すると、コメントに関して WordPress 内部関数をすべて省略し、その関数を呼び出して表示する。コメントの HTML レイアウトを大きく変える場合に使用する。非推奨。
+
  
<nowiki>$defaults = array('walker' => null, 'max_depth' => '', 'style' => 'ul', 'callback' => null, 'end-callback' => null, 'type' => 'all',
+
<tt>wp_list_comments()</tt> は {{Trac|wp-includes/comment-template.php}} にあります。
'page' => '', 'per_page' => '', 'avatar_size' => 32, 'reverse_top_level' => null, 'reverse_children' => '');</nowiki>
+
 
 +
== 関連項目<span id="Related"></span> ==
  
== 関連 ==
 
 
{{Lists Tags}}
 
{{Lists Tags}}
  
 
{{Tag Comments Tags}}
 
{{Tag Comments Tags}}
  
{{PHP Function Tag Footer}}
+
{{Tag Footer}}
{{原文|Template Tags/wp_list_comments|65865}}<!-- 18:44, January 7, 2009 Jeremyclarke 版 -->
+
 
 +
{{原文|Function Reference/wp_list_comments|160710}} <!-- 23:13, 10 May 2017 Raamdev 版 -->
  
 
{{DEFAULTSORT:Wp_list_comments}}
 
{{DEFAULTSORT:Wp_list_comments}}
 +
[[Category:テンプレートタグ]]
 
[[Category:wp2.7]]
 
[[Category:wp2.7]]
  
[[en:Template Tags/wp_list_comments]]
+
[[en:Function Reference/wp_list_comments]]
 +
[[ko:Function Reference/wp_list_comments]]

2017年5月28日 (日) 14:04時点における最新版

説明

様々なパラメータや管理画面で行う設定に基づいて、投稿や固定ページのコメントを表示します。

プラグインとテーマの移行/2.7 も参照してください。

使い方

<?php wp_list_comments( $args, $comments ); ?>

パラメータ

$args
配列) (オプション) この関数の引数。
初期値:
<?php $args = array(
	'walker'            => null,
	'max_depth'         => '',
	'style'             => 'ul',
	'callback'          => null,
	'end-callback'      => null,
	'type'              => 'all',
	'reply_text'        => 'Reply',
	'page'              => '',
	'per_page'          => '',
	'avatar_size'       => 32,
	'reverse_top_level' => null,
	'reverse_children'  => '',
	'format'            => 'html5', // テーマが 'HTML5' をサポートしないなら 'xhtml'
	'short_ping'        => false,   // バージョン3.6以降
	'echo'              => true     // 真偽値、デフォルトが true
); ?>

引数 'max_depth'、'per_page' と 'reverse_top_level' は管理画面のディスカッション設定で簡単に制御できます。ただしテーマはこれらの設定を上書きできます。

$comments
配列) (オプションget_comments /en のクエリで取得した配列。
初期値: デフォルトのパラメータで get_comments /en を呼び出したときの戻り値。

引数

'walker' 
( Walker オブジェクト ) コメントを出力するときに使うカスタム Walker クラス /en のオブジェクト。これがコメント HTML をカスタマイズする一番の方法です。
<?php
wp_list_comments( array(
    'walker' => new Walker_Comment()
) );
'max_depth' 
( 整数 ) 取得するコメントの階層の深さ(コメントへの返信)。
'style' 
( 文字列 ) 'div''ol' または 'ul'(デフォルト)。外側のタグは明示的に書かなければならないことに注意してください。例えば:
<div class="comment list">
    <?php wp_list_comments( array( 'style' => 'div' ) ); ?>
</div>

または

<ol class="comment list">
    <?php wp_list_comments( array( 'style' => 'ol' ) ); ?>
</ol>
'callback' 
( コールバック ) 各コメントの開始タグと内容を表示するカスタム関数の名前。これを使えば、各コメントを表示するとき WordPress 内部の機能をバイパスし、代わりにカスタム関数を呼び出します。HTML レイアウトを極端に変えてコメントを表示するために使ってください。コールバックは <div><ol> または <ul> の開始タグ(style パラメータに応じて)を出力しなければなりませんが、終了タグを含めてはいけません。WordPress は終了タグを自動的に追加しますが、end-callback を使えばこのデフォルトを上書きできます。callbackend-callback は階層化されたコメントを扱いやすくするために分けられています。注意して使ってください。
'end-callback' 
( コールバック ) 各コメントの終了タグを出力するカスタム関数の名前。これを使えば、各コメントが終わるとき style パラメータに応じて </div></ol> または </li> を出力する WordPress のデフォルトをバイパスする代わりに、カスタム関数を呼び出します。コメントの終了タグをカスタマイズするために使ってください。callbackend-callback は階層化されたコメントを扱いやすくするために分けられています。注意して使ってください。
'type' 
( 文字列 ) 表示するコメントの種類。'all''comment''trackback''pingback' または 'pings' を指定できます。'pings''trackback''pingback' を両方指定したのと同じです。
'reply_text' 
( 文字列 ) 各コメントの返信用リンクとして表示する文字列。(これはこの関数の引数ではありませんが get_comment_reply_link() 関数へ渡されます。)
'page' 
( 整数 ) ページ分けした場合に表示対象とするページ。
'per_page' 
( 整数 ) 1ページに表示するコメントの数。
'avatar_size' 
( 整数 ) 表示するアバターの大きさをピクセル数で指定。http://gravatar.com/ は1から512までの大きさをサポートします。0を指定するとアバターを表示しません。
'reverse_top_level' 
( 真偽値 ) これを true にすると最新のコメントを先頭にして逆順に、false にすると一番古いコメントを最初に表示します。省略すると WordPress ダッシュボード内の設定を使います。
'reverse_children' 
( 真偽値 ) これを true にすると一番新しい子コメント(返信)が付いたコメントを先頭にして逆順に表示します。
'format' 
( 真偽値 ) 'html5' または 'xhtml' を指定します。デフォルトはテーマの current_theme_supports( 'html5' ) の設定値です。
'short_ping' 
( 真偽値 ) short ping を使うかどうか。
訳注: short ping はトラックバックをピンバック形式で短く表示します。
'echo' 
( 真偽値 ) コメントのリストを表示 (echo) するか、表示せず値として返すか。

用例

デフォルトの使い方

コメントを番号付きリストで出力します。スレッド(入れ子)形式やページ分けは 管理画面/ディスカッション設定 で有効にするか無効にします。

<ol class="commentlist">
<?php wp_list_comments(); ?>
</ol>

コメントだけをカスタム表示する

コメントのみ(ピンバックやトラックバックを含まない)を表示し、コールバック関数を用いて見た目を整えます。もし返信リンクが表示されなければ、引数 max_depth=X を追加してもよいでしょう。

<ul class="commentlist">
<?php wp_list_comments( 'type=comment&callback=mytheme_comment' ); ?>
</ul>

テーマの functions.php ファイル でコールバック関数を定義しておく必要があります。コールバック関数の例を以下に示します:

function mytheme_comment($comment, $args, $depth) {
    if ( 'div' === $args['style'] ) {
        $tag       = 'div';
        $add_below = 'comment';
    } else {
        $tag       = 'li';
        $add_below = 'div-comment';
    }
    ?>
    <<?php echo $tag ?> <?php comment_class( empty( $args['has_children'] ) ? '' : 'parent' ) ?> id="comment-<?php comment_ID() ?>">
    <?php if ( 'div' != $args['style'] ) : ?>
        <div id="div-comment-<?php comment_ID() ?>" class="comment-body">
    <?php endif; ?>
    <div class="comment-author vcard">
        <?php if ( $args['avatar_size'] != 0 ) echo get_avatar( $comment, $args['avatar_size'] ); ?>
        <?php printf( __( '<cite class="fn">%s</cite> <span class="says">says:</span>' ), get_comment_author_link() ); ?>
    </div>
    <?php if ( $comment->comment_approved == '0' ) : ?>
         <em class="comment-awaiting-moderation"><?php _e( 'Your comment is awaiting moderation.' ); ?></em>
          <br />
    <?php endif; ?>

    <div class="comment-meta commentmetadata"><a href="<?php echo htmlspecialchars( get_comment_link( $comment->comment_ID ) ); ?>">
        <?php
        /* translators: 1: date, 2: time */
        printf( __('%1$s at %2$s'), get_comment_date(),  get_comment_time() ); ?></a><?php edit_comment_link( __( '(Edit)' ), '  ', '' );
        ?>
    </div>

    <?php comment_text(); ?>

    <div class="reply">
        <?php comment_reply_link( array_merge( $args, array( 'add_below' => $add_below, 'depth' => $depth, 'max_depth' => $args['max_depth'] ) ) ); ?>
    </div>
    <?php if ( 'div' != $args['style'] ) : ?>
    </div>
    <?php endif; ?>
    <?php
    }

後続の </li> が無いことに注意してください。WordPress は子要素を出力した後に適切な終了タグを自動で追加します。

特定の固定ページや投稿のコメントを表示

特定の固定ページまたは投稿のコメントを番号付きリストで出力します。スレッド(入れ子)形式やページ分けは 管理画面/ディスカッション設定 で有効にするか無効にします。

<ol class="commentlist">
	<?php
		//固定ページまたは投稿のコメントを取得
		$comments = get_comments(array(
			'post_id' => XXX,
			'status' => 'approve' //表示したいコメントの種類に変えてください
		));

		//コメントのリストを表示
		wp_list_comments(array(
			'per_page' => 10, //ページ分けを有効化
			'reverse_top_level' => false //最古のコメントをリストの先頭に表示
		), $comments);
	?>
</ol>

変更履歴

新規導入: 2.7.0

ソースファイル

wp_list_comments()wp-includes/comment-template.php にあります。

関連項目

リスト・ドロップダウン関数: wp_list_authors(), wp_list_categories(), wp_list_pages(), wp_list_bookmarks(), wp_list_comments(), wp_get_archives(), wp_page_menu(), wp_dropdown_pages(), wp_dropdown_categories(), wp_dropdown_users()


コメント関数: cancel_comment_reply_link(), comment_author(), comment_author_email(), comment_author_email_link(), comment_author_IP(), comment_author_link(), comment_author_rss(), comment_author_url(), comment_author_url_link(), comment_class(), comment_date(), comment_excerpt(), comment_form_title(), comment_form(), comment_ID(), comment_id_fields() / en, comment_reply_link(), comment_text(), comment_text_rss(), comment_time(), comment_type(), comments_link, comments_number(), comments_open(), comments_popup_link(), comments_popup_script(), comments_rss_link(), get_avatar(), next_comments_link(), paginate_comments_links(), permalink_comments_rss(), previous_comments_link(), wp_list_comments()



関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/wp_list_comments最新版との差分