当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「テンプレートタグ/wp dropdown pages」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(様式調整、未翻訳)
(和訳完了。)
1行目: 1行目:
{{NeedTrans}}
 
{{Copyedit}}
 
 
<div id="Description">
 
<div id="Description">
 
== 説明 ==
 
== 説明 ==
 
</div>
 
</div>
Displays a list of pages in a select (i.e dropdown) box with no submit button.
+
送信ボタンのない、ページのリストのセレクトボックス (つまり、ドロップダウン) を表示します。
  
 
<div id="Usage">
 
<div id="Usage">
20行目: 18行目:
 
$defaults = array('depth' => 0, 'child_of' => 0, 'selected' => 0,  
 
$defaults = array('depth' => 0, 'child_of' => 0, 'selected' => 0,  
 
'echo' => 1,'name' => 'page_id', 'show_option_none' => '');</pre>
 
'echo' => 1,'name' => 'page_id', 'show_option_none' => '');</pre>
By default, the usage shows:
+
 
* Pages and sub-pages displayed in hierarchical (indented) form
+
デフォルトでは以下のように動作します。
* Displays all pages (not restricted to child pages)
+
* ページとサブページが親子関係をインデントして表示します
* No page is be 'selected' or presented in the display box
+
* すべてのページを表示します (子ページに制限はありません)
* The name assigned to the dropdown form is 'page_id'
+
* 「selected」になっているページはなく、初期状態で選択されているページはありません
* Allows you to select NONE of the pages (show_option_none)
+
* ドロップダウンには「page_id」という name がつけられます
 +
* 空の値を選択することはできません (show_option_none)
  
 
  <?php wp_dropdown_pages(); ?>
 
  <?php wp_dropdown_pages(); ?>
  
 
<div id="Dropdown_with_Submit_Button">
 
<div id="Dropdown_with_Submit_Button">
===Dropdown with Submit Button===
+
=== 送信ボタンのあるドロップダウン ===
 
</div>
 
</div>
Displays a hierarchical page dropdown list in HTML form with a submit button.
+
送信ボタンのある階層ページのドロップダウンリストを HTML フォームに表示します。
  
 
  &lt;li id="pages"&gt;
 
  &lt;li id="pages"&gt;
45行目: 44行目:
 
== パラメータ ==
 
== パラメータ ==
 
</div>
 
</div>
; depth (''integer''):This parameter controls how many levels in the hierarchy of pages are to be included in the list generated by ''wp_list_pages''. The default value is ''0'' (display all pages, including all sub-pages).
+
; depth : (''整数'') このパラメータは ''wp_list_pages'' で表示されるリストに含めるページの階層レベルを設定します。デフォルト値は ''0'' です (すべてのページとサブページを表示します)
:* <tt>0</tt>  - Pages and sub-pages displayed in hierarchical (indented) form (Default).
+
:* <tt>0</tt>  - ページとサブページを親子関係を維持して (インデントして) 表示します (デフォルト)
:* <tt>-1</tt> - Pages in sub-pages displayed in flat (no indent) form.
+
:* <tt>-1</tt> - ページとサブページを同列に (インデントなし) 表示します
:* <tt>1</tt>  - Show only top level Pages
+
:* <tt>1</tt>  - トップレベルのページのみ表示します
:* <tt>2</tt>  - Value of 2 (or greater) specifies the depth (or level) to descend in displaying Pages.
+
:* <tt>2</tt>  - 2 (またはそれ以上) の深さ (レベル) のページを表示します
  
; child_of (''integer''):Displays the sub-pages of a single Page only; uses the ID for a Page as the value. Defaults to ''0'' (displays all Pages).
+
; child_of : (''整数'') ページ ID を値としてそのページのサブページを表示します。デフォルト値は 0 です (すべてのページを表示)
  
; selected : (''integer'') Page ID of the page to be 'selected' or presented in the display box. Defaults to no page selected.
+
; selected : (''整数'') 該当する ID のページを「selected」にし、初期状態でそのページが選択された状態になります。デフォルトではどのページも選択されていません。
  
; echo (''boolean''):Toggles the display of the generated list of links or return the list as an HTML text string to be used in PHP. The default value is ''1'' (display the generated list items). Valid values:
+
; echo : (''論理値'') ページリストを表示するか、PHP で使うために HTML テキストとして返すかを設定します。デフォルト値は 1 (リストを表示) です。
:* <tt>1 (true)</tt> - default
+
:* <tt>1 (true)</tt> - デフォルト
 
:* <tt>0 (false)</tt>
 
:* <tt>0 (false)</tt>
  
; name : (''string'') Name assigned to the dropdown form. Defaults to 'page_id'.
+
; name : (''文字列'') ドロップダウンの name を設定します。デフォルトは「page_id」です
  
; show_option_none : (''string'') Causes the HTML for the dropdown to allow you to select NONE of the pages.
+
; show_option_none : (''文字列'') ドロップダウンに空の値の項目を表示します
  
; exclude : (''string'') Comma separated list of category IDs to exclude. For example, 'exclude=4,12' means category IDs 4 and 12 will NOT be displayed/echoed or returned. Defaults to exclude nothing.
+
; exclude : (''string'') リストから除外したいページの ID をコンマで区切ったリストで定義します。例えば、「exclude=4,12」はページ ID が 4 12 のページが表示または返されません。デフォルトでは除外されるページはありません。
  
 
<div id="Other_Parameters">
 
<div id="Other_Parameters">
==Other Parameters ==
+
== 上記以外のパラメータ ==
 
</div>
 
</div>
It is possible, but not confirmed, some of the paramters for the function get_pages could be used for [[テンプレートタグ/wp_dropdown_pages|wp_dropdown_pages]].  Here's the default settings for the get_pages parameters
+
推奨しませんが、 get_pages ファンクションにあるいくつかのパラメータを [[テンプレートタグ/wp_dropdown_pages|wp_dropdown_pages]] でも使うことができます。以下が get_pages のパラメータの初期設定です。
  
 
<pre>
 
<pre>
79行目: 78行目:
 
</div>
 
</div>
 
{{Tag General Tags}}
 
{{Tag General Tags}}
 
 
{{Query String Tag Footer}}
 
{{Query String Tag Footer}}
  

2008年4月5日 (土) 02:15時点における版

送信ボタンのない、ページのリストのセレクトボックス (つまり、ドロップダウン) を表示します。

使い方

<?php wp_dropdown_pages('arguments'); ?>

用例

初期設定での使用

$defaults = array('depth' => 0, 'child_of' => 0, 'selected' => 0, 
'echo' => 1,'name' => 'page_id', 'show_option_none' => '');

デフォルトでは以下のように動作します。

  • ページとサブページが親子関係をインデントして表示します
  • すべてのページを表示します (子ページに制限はありません)
  • 「selected」になっているページはなく、初期状態で選択されているページはありません
  • ドロップダウンには「page_id」という name がつけられます
  • 空の値を選択することはできません (show_option_none)
<?php wp_dropdown_pages(); ?>

送信ボタンのある階層ページのドロップダウンリストを HTML フォームに表示します。

<li id="pages">
 <h2><?php _e('pages:'); ?></h2>
   <form action="<?php bloginfo('url'); ?>" method="get">
   <?php wp_dropdown_pages(); ?>
   <input type="submit" name="submit" value="view" />
   </form>
</li>

パラメータ

depth 
(整数) このパラメータは wp_list_pages で表示されるリストに含めるページの階層レベルを設定します。デフォルト値は 0 です (すべてのページとサブページを表示します)。
  • 0 - ページとサブページを親子関係を維持して (インデントして) 表示します (デフォルト)
  • -1 - ページとサブページを同列に (インデントなし) 表示します
  • 1 - トップレベルのページのみ表示します
  • 2 - 2 (またはそれ以上) の深さ (レベル) のページを表示します
child_of 
(整数) ページ ID を値としてそのページのサブページを表示します。デフォルト値は 0 です (すべてのページを表示)。
selected 
(整数) 該当する ID のページを「selected」にし、初期状態でそのページが選択された状態になります。デフォルトではどのページも選択されていません。
echo 
(論理値) ページリストを表示するか、PHP で使うために HTML テキストとして返すかを設定します。デフォルト値は 1 (リストを表示) です。
  • 1 (true) - デフォルト
  • 0 (false)
name 
(文字列) ドロップダウンの name を設定します。デフォルトは「page_id」です
show_option_none 
(文字列) ドロップダウンに空の値の項目を表示します
exclude 
(string) リストから除外したいページの ID をコンマで区切ったリストで定義します。例えば、「exclude=4,12」はページ ID が 4 と 12 のページが表示または返されません。デフォルトでは除外されるページはありません。

上記以外のパラメータ

推奨しませんが、 get_pages ファンクションにあるいくつかのパラメータを wp_dropdown_pages でも使うことができます。以下が get_pages のパラメータの初期設定です。

$defaults = array('child_of' => 0, 'sort_order' => 'ASC', 'sort_column' => 'post_title',
'hierarchical' => 1, 'exclude' => '', 'include' => '', 'meta_key' => '', 'meta_value' => '', 'authors' => '');

記事

コードドキュメンテーション

  • クラス: WP_Query - WP_Query クエリの詳細概要
  • オブジェクト: $wpdb - $wpdb オブジェクトの使い方概要
  • 関数: get_query_var()
  • 関数: query_posts() - 追加カスタムクエリの作成
  • 関数: get_post() - 項目の ID を使ってその投稿のレコードをデータベースから取得する
  • 関数: get_posts() - 項目の配列を返す特別な関数。
  • 関数: get_pages() - ページの配列を返す特別な関数。
  • 関数: have posts() - クエリが記事を返すかどうか判断する条件分岐。
  • 関数: the_post() - クエリの後に自動的にループを設定するのに使われる。
  • 関数: rewind_posts() - 現在のループをクリアする。
  • 関数: setup_postdata() - ループ内で単一クエリ結果のデータを設定する。
  • 関数: wp_reset_postdata() - 以前のクエリを復元する(通常、ループ内のもう一つのループで使われる)。
  • 関数: wp_reset_query()
  • 関数: is_main_query() - 変更するのがメインクエリであるよう保証する。
  • アクションフック: pre_get_posts - 実行される前に WordPress クエリを変更する。
  • アクションフック: the_post - 投稿オブジェクトをクエリの後に変更する。
  • フィルターフック: found_posts - found_posts WP_Query オブジェクトの値を変更する


関連

固定ページ: get_all_page_ids(), get_ancestors(), get_page_link(), get_page_by_path(), get_page_by_title(), get_page_children(), get_page_hierarchy(), get_page_uri() /en, get_pages(), is_page(), page_uri_index() /en, wp_list_pages(), wp_page_menu()


リスト・ドロップダウン関数: wp_list_authors(), wp_list_categories(), wp_list_pages(), wp_list_bookmarks(), wp_list_comments(), wp_get_archives(), wp_page_menu(), wp_dropdown_pages(), wp_dropdown_categories(), wp_dropdown_users()


テンプレートタグへのクエリ文字列型パラメータの渡し方関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Template Tags/wp_dropdown_pages最新版との差分