当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「テンプレートタグ/the weekday date」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(en:Template Tags/the_weekday_date 2008年1月5日 (土) 12:59 MichaelH 版)
 
(3 版)
 
(2人の利用者による、間の2版が非表示)
1行目: 1行目:
{{Deprecated}}
+
{{非推奨}}
== Description ==
+
'''注''': 原文では非推奨となっていますが、ソースコードでは deprecated.php ではなく general-template.php に入っています。要確認。
  
Displays the weekday of the current post (e.g. Friday) only if it is different from the weekday of the previous post. This tag must be used within [[The Loop]].
+
<div id="Description">
 +
== 説明 ==
 +
</div>
 +
前の記事と違う曜日のときだけ、表示している記事の曜日を表示します (例: 金曜日)。このタグは[[The Loop|ループ]]内で使用しなければなりません。
  
== Usage ==
+
<div id="Usage">
 +
== 使い方 ==
 +
</div>
  
%%% <?php the_weekday_date('before', 'after') ?> %%%
+
<?php the_weekday_date('before', 'after') ?>
  
== Example ==
+
<div id="Examples">
 +
== 用例 ==
 +
</div>
  
 
  &lt;p&gt;Posts from <?php the_weekday_date('&lt;strong&gt;', '&lt;/strong&gt;') ?>:&lt;/p&gt;
 
  &lt;p&gt;Posts from <?php the_weekday_date('&lt;strong&gt;', '&lt;/strong&gt;') ?>:&lt;/p&gt;
  
== Parameters ==
+
<div id="Parameters">
 +
== パラメータ ==
 +
</div>
  
; before : (''string'') Text placed before the tag's output. There is no default.
+
; before : (''文字列'') 曜日の前にテキストを表示します。デフォルトはありません
; after : (''string'') Text placed after the tag's output. There is no default.
+
; after : (''文字列'') 曜日の後にテキストを表示します。デフォルトはありません
  
== Replaced With ==
+
<div id="Replaced_With">
 
+
== 後継について ==
There is no one-to one correspondence with another tag. To replace, use [[Template_Tags/the_date|the_date()]] as a trigger and [[Template_Tags/the_time|the_time()]] with <tt>'l'</tt> (lowercase letter L) as the format string, as shown in this PHP code block:
+
</div>
 +
後継のタグはありません。置き換えるには、[[テンプレートタグ/the_date|the_date()]] をトリガーとして 、[[テンプレートタグ/the_time|the_time()]] の日付フォーマットを <tt>'l'</tt> (小文字の L) にして使用します。次がその PHP コードの例です。
  
 
  <?php if(the_date(&#39;&#39;,&#39;&#39;,&#39;&#39;, FALSE)) the_time('l'); ?>
 
  <?php if(the_date(&#39;&#39;,&#39;&#39;,&#39;&#39;, FALSE)) the_time('l'); ?>
  
See [[Formatting Date and Time]] for information on date and time format string use.
+
日付と時刻のフォーマットに関する情報は [[Formatting Date and Time]] をお読みください。
  
== Related ==
+
<div id="Related">
 +
== 関連 ==
 +
</div>
  
 
{{Tag Date Tags}}
 
{{Tag Date Tags}}
  
 
{{PHP Function Tag Footer}}
 
{{PHP Function Tag Footer}}
 +
 +
{{原文|Template Tags/the_weekday_date|52611}}
 +
 +
{{DEFAULTSORT:the_weekday_date}}
  
 
[[en:Template Tags/the_weekday_date]]
 
[[en:Template Tags/the_weekday_date]]

2008年5月5日 (月) 08:13時点における最新版

このテンプレートタグは非推奨となりました。後継となる新しいテンプレートタグが作られたか、動作対象外となり、WordPress の将来のバージョンで削除される見込みです。 このタグを使っていた場合は、後継のテンプレートタグがあれば切り替えてください。

: 原文では非推奨となっていますが、ソースコードでは deprecated.php ではなく general-template.php に入っています。要確認。

前の記事と違う曜日のときだけ、表示している記事の曜日を表示します (例: 金曜日)。このタグはループ内で使用しなければなりません。

使い方

<?php the_weekday_date('before', 'after') ?>

用例

<p>Posts from <?php the_weekday_date('<strong>', '</strong>') ?>:</p>

パラメータ

before 
(文字列) 曜日の前にテキストを表示します。デフォルトはありません
after 
(文字列) 曜日の後にテキストを表示します。デフォルトはありません

後継について

後継のタグはありません。置き換えるには、the_date() をトリガーとして 、the_time() の日付フォーマットを 'l' (小文字の L) にして使用します。次がその PHP コードの例です。

<?php if(the_date('','','', FALSE)) the_time('l'); ?>

日付と時刻のフォーマットに関する情報は Formatting Date and Time をお読みください。


日時に関連するタグ: get_calendar(), get_day_link(), get_month_link(), get_the_date(), get_the_time(), get_year_link(), single_month_title(), the_date(), the_date_xml(), the_modified_date(), get_the_modified_date(), the_modified_time(), get_the_modified_time(), the_time()


テンプレートタグへの PHP 関数型パラメータの渡し方関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Template Tags/the_weekday_date最新版との差分