当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「テンプレートタグ/the tags」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(説明の一部が間違いかもしれないのでコメントアウトしました。)
(カスタム分類に関する注意: 和訳を修正。)
 
(4人の利用者による、間の11版が非表示)
2行目: 2行目:
 
== 説明 ==
 
== 説明 ==
 
</div>
 
</div>
このテンプレートタグ [[テンプレートタグ/the_tags|the_tags()]]は、現在の記事に付けられたタグへのリンクを表示します。<!--タグが付けられていない場合は、カテゴリが代わりに表示されます。 ←本当? ←間違い?
 
--> [[:ja:The Loop|ループ]]の中で使います。
 
  
<p class="important">注: このタグは [[Version 2.3|WordPress 2.3]] 以上でのみ使えます。</p>
+
このテンプレートタグは、現在の記事に付けられたタグを表示します。
 +
各タグは、そのタグのアーカイブページへリンクします。
 +
タグが付けられていない場合は、何も表示しません。
 +
必ず[[:ja:The Loop|ループ]]の中で使います。
  
 
<div id="Usage">
 
<div id="Usage">
 
== 使い方 ==
 
== 使い方 ==
 
</div>
 
</div>
  <?php the_tags('', '区切り文字', ''); ?>
+
 
 +
  <?php the_tags( $before, $sep, $after ); ?>
 +
 
 +
<div id="Parameters">
 +
 
 +
== パラメータ ==
 +
</div>
 +
 
 +
; $before
 +
: (''文字列'') タグ一覧の前に表示する文字列。初期値は '''Tags: '''。
 +
; $sep
 +
: (''文字列'') 各タグリンクの間に表示する文字列・記号。初期値では、各タグ間をコンマ(<code>,</code>)で区切ります。
 +
; $after
 +
: (''文字列'') 最後のタグに続けて表示する文字列。初期値では何も表示しません。
 +
 
 +
<div id="Return_Values">
 +
== 戻り値 ==
 +
</div>
 +
 
 +
なし。
  
 
<div id="Examples">
 
<div id="Examples">
 
== 用例 ==
 
== 用例 ==
 
</div>
 
</div>
タグの一覧をカンマ区切りで表示した後、改行します。
 
 
<pre><?php the_tags('Tags:', ', ', '<br />'); ?></pre>
 
  
 
<div id="Default_Usage">
 
<div id="Default_Usage">
 
=== デフォルトでの使用 ===
 
=== デフォルトでの使用 ===
 
</div>
 
</div>
デフォルトのまま使うと、各タグ(複数のとき)をカンマ(,)で区切り、先頭に '''Tags: ''' という文字付きで、タグの一覧を表示します。
+
 
 +
デフォルトのまま使うと、各タグ(複数のとき)をコンマ( , )で区切り、先頭に '''Tags: ''' という文字付きで、タグの一覧を表示します。
  
 
<pre><p><?php the_tags(); ?></p></pre>
 
<pre><p><?php the_tags(); ?></p></pre>
  
 
<div class="example">Tags: [[#Examples|WordPress]], [[#Examples|Computers]], [[#Examples|Blogging]]</div>
 
<div class="example">Tags: [[#Examples|WordPress]], [[#Examples|Computers]], [[#Examples|Blogging]]</div>
 +
 +
<div id="Separated_by_Commas">
 +
=== コンマで区切る ===
 +
</div>
 +
 +
タグの一覧をコンマ区切りで表示した後、改行します。
 +
<pre> <?php the_tags( 'Tags: ', ', ', '<br />' ); ?> </pre>
  
 
<div id="Separated_by_Arrow">
 
<div id="Separated_by_Arrow">
 
=== 矢印で区切る ===
 
=== 矢印で区切る ===
 
</div>
 
</div>
 +
 
各タグを矢印(&gt;)で区切り、先頭に '''Social tagging: ''' という文字を付けて、タグへのリンクを表示します。
 
各タグを矢印(&gt;)で区切り、先頭に '''Social tagging: ''' という文字を付けて、タグへのリンクを表示します。
  
<pre><?php the_tags('Social tagging: ',' > '); ?></pre>
+
<pre><?php the_tags( 'Social tagging: ',' > ' ); ?></pre>
  
 
<div class="example">Social tagging: [[#Examples|WordPress]] > [[#Examples|Computers]] > [[#Examples|Blogging]]</div>
 
<div class="example">Social tagging: [[#Examples|WordPress]] > [[#Examples|Computers]] > [[#Examples|Blogging]]</div>
43行目: 69行目:
 
各タグを中点(&bull;)で区切り、先頭に '''Tagged with: ''' という文字を付けて、タグへのリンクを表示し、その後で改行します。
 
各タグを中点(&bull;)で区切り、先頭に '''Tagged with: ''' という文字を付けて、タグへのリンクを表示し、その後で改行します。
  
<pre><?php the_tags('Tagged with: ',' &amp;bull; ','<br />'); ?></pre>
+
<pre><?php the_tags( 'Tagged with: ', ' &bull; ', '<br />' ); ?></pre>
  
 
<div class="example">Tagged with: [[#Examples|WordPress]] &bull; [[#Examples|Computers]] &bull; [[#Examples|Blogging]]</div>
 
<div class="example">Tagged with: [[#Examples|WordPress]] &bull; [[#Examples|Computers]] &bull; [[#Examples|Blogging]]</div>
  
 +
<div id="A_List_Example">
 
=== リスト表示 ===
 
=== リスト表示 ===
タグのリストを (X)HTML のリスト (&lt;ul&gt; / &lt;ol&gt; / &lt;dl&gt;) で表示します。
+
</div>
 +
 
 +
タグのリストを (X)HTML の順不同リストで表示します。
  
<pre><?php the_tags('<ul><li>','</li><li>','</li></ul>');?></pre>
+
<pre><?php the_tags( '<ul><li>', '</li><li>', '</li></ul>' ); ?></pre>
  
 
<div style="padding: 10px; width: 50%; border:solid 1px blue"><ul><li>[[#Examples|WordPress]]</li><li>[[#Examples|Computers]]</li><li>[[#Examples|Blogging]]</li></ul></div>
 
<div style="padding: 10px; width: 50%; border:solid 1px blue"><ul><li>[[#Examples|WordPress]]</li><li>[[#Examples|Computers]]</li><li>[[#Examples|Blogging]]</li></ul></div>
  
=== カテゴリとタグの統合 ===
+
=== カテゴリとタグの統合<!-- 英語版に無 --~~~~ --> ===
  
 
既にある記事にカテゴリを付けていて、これからタグを付けようとする場合、各記事のカテゴリとタグを一つのリストにまとめたいと思うかもしれません。例えば、ある記事に Culture と Media というカテゴリを付けていて、「Arts」と「Painting」というタグを新たに付けたとすると、読者にとってわかりやすく、シンプルに見せるために、以下のように表示したいと思うかもしれません。
 
既にある記事にカテゴリを付けていて、これからタグを付けようとする場合、各記事のカテゴリとタグを一つのリストにまとめたいと思うかもしれません。例えば、ある記事に Culture と Media というカテゴリを付けていて、「Arts」と「Painting」というタグを新たに付けたとすると、読者にとってわかりやすく、シンプルに見せるために、以下のように表示したいと思うかもしれません。
70行目: 99行目:
 
</pre>
 
</pre>
  
<div id="Parameters">
+
<div id="Source_Code">
== パラメータ ==
+
== ソースコード ==
 
</div>
 
</div>
; 前
+
 
: (''文字列'') タグ一覧の前に表示する文字列。初期値は '''Tags: '''。
+
* <tt>the_tags()</tt> は {{Trac|wp-includes/category-template.php}} にあります。
; 区切り文字
+
 
: (''文字列'') 各タグリンクの間に表示する文字列・記号。初期値では、各タグ間をカンマ(, )で区切ります。
+
<div id="Change Log">
; 後
+
== 変更履歴 ==
: (''文字列'') 最後のタグの後ろに表示する文字列。初期値では何も表示しません。
+
</div>
 +
 
 +
バージョン [[Version 2.3|2.3.0]] から導入されました。
 +
 
 +
<div id="Note_About_Custom_Taxonomies">
 +
== カスタム分類に関する注意 ==
 +
</div>
 +
 
 +
独自のカスタム[[Post Types|投稿タイプ]]を使用している場合は、the_tags() と関連の関数が動作しません。[[関数リファレンス/the_terms|the_terms()]] およびその関連の関数を使用する必要があります。
 +
 
  
 
<div id="Related">
 
<div id="Related">
== 関連 ==
+
== 関連項目 ==
 
</div>
 
</div>
{{Tag Tag Tags}}
+
 
{{PHP Function Tag Footer}}
+
{{Tag Tag Tags}}, [[関数リファレンス/the_taxonomies|the_taxonomies]]
 +
 
 +
{{Tag Post Tags}}
 +
 
 +
{{Tag Footer}}
  
 
{{DEFAULTSORT:the_tags}}
 
{{DEFAULTSORT:the_tags}}
 +
[[Category:テンプレートタグ]]
 
[[Category:wp2.3]]
 
[[Category:wp2.3]]
  
{{原文|Template Tags/the_tags|53997}}
+
{{原文|Template Tags/the_tags|149675}} <!-- 18:25, 17 February 2015‎ Aternus 版 -->
  
 
[[en:Template Tags/the_tags]]
 
[[en:Template Tags/the_tags]]
 +
[[tr:Tema_Etiketleri/the tags]]
 +
[[ru:Теги_шаблонов/the_tags]]

2015年9月12日 (土) 17:02時点における最新版

このテンプレートタグは、現在の記事に付けられたタグを表示します。 各タグは、そのタグのアーカイブページへリンクします。 タグが付けられていない場合は、何も表示しません。 必ずループの中で使います。

使い方

<?php the_tags( $before, $sep, $after ); ?>

パラメータ

$before
文字列) タグ一覧の前に表示する文字列。初期値は Tags:
$sep
文字列) 各タグリンクの間に表示する文字列・記号。初期値では、各タグ間をコンマ(,)で区切ります。
$after
文字列) 最後のタグに続けて表示する文字列。初期値では何も表示しません。

戻り値

なし。

用例

デフォルトでの使用

デフォルトのまま使うと、各タグ(複数のとき)をコンマ( , )で区切り、先頭に Tags: という文字付きで、タグの一覧を表示します。

<p><?php the_tags(); ?></p>

コンマで区切る

タグの一覧をコンマ区切りで表示した後、改行します。

 <?php the_tags( 'Tags: ', ', ', '<br />' ); ?> 

矢印で区切る

各タグを矢印(>)で区切り、先頭に Social tagging: という文字を付けて、タグへのリンクを表示します。

<?php the_tags( 'Social tagging: ',' > ' ); ?>
Social tagging: WordPress > Computers > Blogging

中点で区切る

各タグを中点(•)で区切り、先頭に Tagged with: という文字を付けて、タグへのリンクを表示し、その後で改行します。

<?php the_tags( 'Tagged with: ', ' • ', '<br />' ); ?>
Tagged with: WordPressComputersBlogging

リスト表示

タグのリストを (X)HTML の順不同リストで表示します。

<?php the_tags( '<ul><li>', '</li><li>', '</li></ul>' ); ?>

カテゴリとタグの統合

既にある記事にカテゴリを付けていて、これからタグを付けようとする場合、各記事のカテゴリとタグを一つのリストにまとめたいと思うかもしれません。例えば、ある記事に Culture と Media というカテゴリを付けていて、「Arts」と「Painting」というタグを新たに付けたとすると、読者にとってわかりやすく、シンプルに見せるために、以下のように表示したいと思うかもしれません。

Tags: Culture, Media, Arts, Painting

以下のコードを使えば、カテゴリもタグも、設定されているときだけ表示されます。

Tags:
<?php if (the_category(', '))  the_category(); ?>
<?php if (get_the_tags()) the_tags(); ?>

ソースコード

変更履歴

バージョン 2.3.0 から導入されました。

カスタム分類に関する注意

独自のカスタム投稿タイプを使用している場合は、the_tags() と関連の関数が動作しません。the_terms() およびその関連の関数を使用する必要があります。



タグ: get_tag(), get_tag_link(), get_tags(), get_the_tag_list(), get_the_tags(), is_tag(), the_tags(), single_tag_title(), tag_description(), wp_generate_tag_cloud(), wp_tag_cloud() , the_taxonomies


投稿タグ: body_class(), next_image_link(), next_post_link(), next_posts_link(), post_class(), post_password_required(), posts_nav_link(), previous_image_link(), previous_post_link(), previous_posts_link(), single_post_title(), sticky_class(), the_category(), the_category_rss(), the_content(), the_content_rss(), the_excerpt(), the_excerpt_rss(), the_ID(), the_meta(), the_shortlink(), the_tags(), the_title(), the_title_attribute(), the_title_rss(), wp_link_pages(),


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。

最新英語版: WordPress Codex » Template Tags/the_tags最新版との差分