当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「テンプレートタグ/the search query」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(体裁微調整・未翻訳テンプレ追加)
1行目: 1行目:
{{NeedTrans}}
 
 
<div id="Description">
 
<div id="Description">
 
== 説明 ==
 
== 説明 ==
 
</div>
 
</div>
  
Displays the search query for the current request, if a search was made.
+
検索が行われたときに、そのリクエストの検索クエリを表示します。
  
This function can be used safely within HTML attributes (as in the "search box" example, below).
+
このファンクションは HTML 属性の中 (以下に示す「検索窓」の例のように) で使うと安全です。
  
 
<div id="Usage">
 
<div id="Usage">
19行目: 18行目:
  
 
<div id="Show_search_query_in_search_box">
 
<div id="Show_search_query_in_search_box">
=== Show search query in search box ===
+
=== 検索窓の中に検索クエリを表示 ===
 
</div>
 
</div>
  
If you have just performed a search, you can show the last query in the search box:
+
検索が行われると、最後のクエリが検索窓に表示されます。
  
 
<pre><form method="get" id="searchform" action="<?php bloginfo('url'); ?>/">
 
<pre><form method="get" id="searchform" action="<?php bloginfo('url'); ?>/">
32行目: 31行目:
  
 
<div id="Show_search_query_in_results_page">
 
<div id="Show_search_query_in_results_page">
=== Show search query in results page ===
+
=== 結果ページに検索クエリを表示 ===
 
</div>
 
</div>
  
You can display the search string on search result pages
+
検索結果ページに検索文字列を表示します。
  
 
<pre>
 
<pre>
45行目: 44行目:
 
</div>
 
</div>
  
 +
{{Tag General Tags}}
 
*  [[関数リファレンス/get_search_query|get_search_query]] function /[[:en:Function_Reference/get_search_query|en]]
 
*  [[関数リファレンス/get_search_query|get_search_query]] function /[[:en:Function_Reference/get_search_query|en]]
 
*  <var>get_search_query</var> [[プラグイン API/Filter Reference|filter]] /[[:en:Plugin API/Filter Reference|en]]
 
*  <var>get_search_query</var> [[プラグイン API/Filter Reference|filter]] /[[:en:Plugin API/Filter Reference|en]]
 +
  
 
{{PHP Function Tag Footer}}
 
{{PHP Function Tag Footer}}

2008年3月31日 (月) 02:49時点における版

検索が行われたときに、そのリクエストの検索クエリを表示します。

このファンクションは HTML 属性の中 (以下に示す「検索窓」の例のように) で使うと安全です。

使い方

<?php the_search_query(); ?>

用例

検索が行われると、最後のクエリが検索窓に表示されます。

<form method="get" id="searchform" action="<?php bloginfo('url'); ?>/">
  <div>
    <input type="text" value="<?php the_search_query(); ?>" name="s" id="s" />
    <input type="submit" id="searchsubmit" value="Search" />
  </div>
</form>

結果ページに検索クエリを表示

検索結果ページに検索文字列を表示します。

<p>You searched for "<?php the_search_query() ?>". Here are the results:</p>


記事

コードドキュメンテーション

  • クラス: WP_Query - WP_Query クエリの詳細概要
  • オブジェクト: $wpdb - $wpdb オブジェクトの使い方概要
  • 関数: get_query_var()
  • 関数: query_posts() - 追加カスタムクエリの作成
  • 関数: get_post() - 項目の ID を使ってその投稿のレコードをデータベースから取得する
  • 関数: get_posts() - 項目の配列を返す特別な関数。
  • 関数: get_pages() - ページの配列を返す特別な関数。
  • 関数: have posts() - クエリが記事を返すかどうか判断する条件分岐。
  • 関数: the_post() - クエリの後に自動的にループを設定するのに使われる。
  • 関数: rewind_posts() - 現在のループをクリアする。
  • 関数: setup_postdata() - ループ内で単一クエリ結果のデータを設定する。
  • 関数: wp_reset_postdata() - 以前のクエリを復元する(通常、ループ内のもう一つのループで使われる)。
  • 関数: wp_reset_query()
  • 関数: is_main_query() - 変更するのがメインクエリであるよう保証する。
  • アクションフック: pre_get_posts - 実行される前に WordPress クエリを変更する。
  • アクションフック: the_post - 投稿オブジェクトをクエリの後に変更する。
  • フィルターフック: found_posts - found_posts WP_Query オブジェクトの値を変更する


関連

固定ページ: get_all_page_ids(), get_ancestors(), get_page_link(), get_page_by_path(), get_page_by_title(), get_page_children(), get_page_hierarchy(), get_page_uri() /en, get_pages(), is_page(), page_uri_index() /en, wp_list_pages(), wp_page_menu()


リスト・ドロップダウン関数: wp_list_authors(), wp_list_categories(), wp_list_pages(), wp_list_bookmarks(), wp_list_comments(), wp_get_archives(), wp_page_menu(), wp_dropdown_pages(), wp_dropdown_categories(), wp_dropdown_users()


テンプレートタグへの PHP 関数型パラメータの渡し方関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。

最新英語版: WordPress Codex » Template Tags/the_search_query最新版との差分