当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「テンプレートタグ/the search query」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(体裁微調整・未翻訳テンプレ追加)
 
(4人の利用者による、間の6版が非表示)
1行目: 1行目:
{{NeedTrans}}
 
 
<div id="Description">
 
<div id="Description">
 
== 説明 ==
 
== 説明 ==
 
</div>
 
</div>
  
Displays the search query for the current request, if a search was made.
+
検索が行われたときに、そのリクエストの検索クエリを表示します。
  
This function can be used safely within HTML attributes (as in the "search box" example, below).
+
このファンクションは HTML 属性の中 (以下に示す「検索窓」の例のように) でも安全に使えます。
 +
 
 +
値を取得するには [[関数リファレンス/get_search_query|get_search_query]] / [[:en:Function_Reference/get_search_query|en]] を使ってください。
  
 
<div id="Usage">
 
<div id="Usage">
19行目: 20行目:
  
 
<div id="Show_search_query_in_search_box">
 
<div id="Show_search_query_in_search_box">
=== Show search query in search box ===
+
=== 検索窓の中に検索クエリを表示 ===
 
</div>
 
</div>
  
If you have just performed a search, you can show the last query in the search box:
+
検索した直後なら、最後のクエリを検索窓に表示できます。
  
 
<pre><form method="get" id="searchform" action="<?php bloginfo('url'); ?>/">
 
<pre><form method="get" id="searchform" action="<?php bloginfo('url'); ?>/">
32行目: 33行目:
  
 
<div id="Show_search_query_in_results_page">
 
<div id="Show_search_query_in_results_page">
=== Show search query in results page ===
+
=== 結果ページに検索クエリを表示 ===
 
</div>
 
</div>
  
You can display the search string on search result pages
+
検索結果ページに検索文字列を表示できます。
  
<pre>
+
<pre><p>検索したのは " <?php echo esc_html( get_search_query( false ) ); ?> " でした。以下が結果です:</p></pre>
<p>You searched for "<?php the_search_query() ?>". Here are the results:</p>
+
</pre>
+
  
<div id="Related">
+
<div id="Notes">
== 関連 ==
+
== 参考 ==
 
</div>
 
</div>
  
* [[関数リファレンス/get_search_query|get_search_query]] function /[[:en:Function_Reference/get_search_query|en]]
+
* [[関数リファレンス/get_search_query|get_search_query()]] /[[:en:Function_Reference/get_search_query|en]] を使って検索クエリを取得します。
* <var>get_search_query</var> [[プラグイン API/Filter Reference|filter]] /[[:en:Plugin API/Filter Reference|en]]
+
* フィルター [https://developer.wordpress.org/reference/hooks/the_search_query/ 'the_search_query'] を通します。
 +
* [[関数リファレンス/esc attr|esc_attr()]] を適用して安全な結果を返します。
 +
 
 +
<div id="Change_Log">
 +
== 変更履歴 ==
 +
</div>
 +
 
 +
2.1.0 : 新規導入
 +
 
 +
<div id="Source_File">
 +
== ソースファイル ==
 +
</div>
 +
 
 +
<tt>the_search_query()</tt> は {{Trac|wp-includes/general-template.php}} にあります。
 +
 
 +
<div id="Related">
 +
== 関連項目 ==
 +
</div>
  
 
{{PHP Function Tag Footer}}
 
{{PHP Function Tag Footer}}
{{原文|Template Tags/the_search_query|54001}}
 
  
{{DEFAULTSORT:the_search_query}}
+
{{原文|Function Reference/the search query|144693}} <!-- 16:26, 7 July 2014 Otto42 -->
 +
 
 +
{{DEFAULTSORT:The_search_query}}
 +
[[Category:テンプレートタグ]]
  
[[en:Template Tags/the_search_query]]
+
[[en:Function Reference/the search query]]

2016年5月8日 (日) 14:54時点における最新版

検索が行われたときに、そのリクエストの検索クエリを表示します。

このファンクションは HTML 属性の中 (以下に示す「検索窓」の例のように) でも安全に使えます。

値を取得するには get_search_query / en を使ってください。

使い方

<?php the_search_query(); ?>

用例

検索した直後なら、最後のクエリを検索窓に表示できます。

<form method="get" id="searchform" action="<?php bloginfo('url'); ?>/">
  <div>
    <input type="text" value="<?php the_search_query(); ?>" name="s" id="s" />
    <input type="submit" id="searchsubmit" value="Search" />
  </div>
</form>

結果ページに検索クエリを表示

検索結果ページに検索文字列を表示できます。

<p>検索したのは " <?php echo esc_html( get_search_query( false ) ); ?> " でした。以下が結果です:</p>

参考

変更履歴

2.1.0 : 新規導入

ソースファイル

the_search_query()wp-includes/general-template.php にあります。


テンプレートタグへの PHP 関数型パラメータの渡し方関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/the search query最新版との差分