• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「テンプレートタグ/the modified time」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(3 版)
(最新のマージ {{原文|Template Tags/the_modified_time|127872}} <!-- 02:47, 28 February 2013‎ Bcworkz -->)
2行目: 2行目:
 
== 説明 ==
 
== 説明 ==
 
</div>
 
</div>
このタグは記事が最後に更新された時刻 (と日付) を表示します。記事が作成された時刻 (と日付) を表示する [[テンプレートタグ/the_time|the_time()]] と似ています。このタグは[[The Loop|ループ]]内で使用しなければなりません。フォーマットパラメータが指定されない場合、 [[管理パネル|管理画面]] > [[管理パネル#General|設定]] > [[General_Options_SubPanel|一般設定]] で設定された'''デフォルト日付フォーマット''' (日付フォーマットのことを指していることに注意してください) が書式に使われます。
+
このタグは記事が最後に更新された時刻 (と日付) を表示します。記事が作成された時刻 (と日付) を表示する [[テンプレートタグ/the_time|the_time()]] と似ています。このタグは[[The Loop|ループ]]内で使用しなければなりません。フォーマットパラメータが指定されない場合、 [[管理パネル|管理画面]] > [[管理パネル#General|設定]] > [[Settings General SubPanel|一般設定]] で設定された'''デフォルト日付フォーマット''' (日付フォーマットのことを指していることに注意してください) が書式に使われます。
  
 
記事や個別ページがまだ更新されていない場合は、更新日時は作成日時と同じです。
 
記事や個別ページがまだ更新されていない場合は、更新日時は作成日時と同じです。
  
更新日時も作成日時も両方表示したい場合は、<tt>if</tt> 文 (例: <tt>if (get_the_modified_time() != get_the_time())</tt>) を使って同じ日時がふたつ表示されるのを防ぐ必要があるかもしれません。
+
更新日時も作成日時も両方表示したい場合は、<tt>if</tt> 文 (例: <tt>if ([[Function Reference/get_the_modified_time|get_the_modified_time()]] != get_the_time())</tt>) を使って同じ日時がふたつ表示されるのを防ぐ必要があるかもしれません。
 +
 
 +
Use [[関数リファレンス/get_the_modified_time|get_the_modified_time()]] to retrieve the value.
 
   
 
   
 
<div id="Usage">
 
<div id="Usage">
12行目: 14行目:
 
</div>
 
</div>
  
  <?php the_modified_time('d'); ?>
+
  <?php the_modified_time( $d ); ?>  
 +
 
 +
 
 +
 
 +
 
 +
<div id="Parameters">
 +
== パラメータ ==
 +
</div>
 +
{{Parameter|d|文字列|表示する時刻のフォーマット。デフォルトでは WordPress の管理画面内で設定した日付フォーマットが使用されます。[[Formatting Date and Time]]を参照。|オプション|F j, Y}}
 +
 
  
 
<div id="Examples">
 
<div id="Examples">
63行目: 74行目:
 
<div class="example">Modified: December 2, 2006 at 10:36 pm</div>
 
<div class="example">Modified: December 2, 2006 at 10:36 pm</div>
  
<div id="Parameters">
 
== パラメータ ==
 
</div>
 
  
; d : (''文字列'') 表示する時刻のフォーマット。デフォルトでは WordPress の管理画面内で設定した日付フォーマットが使用されます。[[Formatting Date and Time]] をお読みください
+
== 注 ==
  
 
== 変更履歴 ==
 
== 変更履歴 ==
 +
* [[Version 2.0|2.0.0]] : 新規導入
 
* [[Version 2.1|2.1]] : 新規テンプレートタグ
 
* [[Version 2.1|2.1]] : 新規テンプレートタグ
 +
 +
== ソースファイル ==
 +
 +
<tt>the_modified_time()</tt> は {{Trac|wp-includes/general-template.php}}にあります。
 +
  
 
<div id="Related">
 
<div id="Related">
 
== 関連 ==
 
== 関連 ==
 
</div>
 
</div>
 +
  
 
{{Tag Date Tags}}
 
{{Tag Date Tags}}
  
 
{{Query String Tag Footer}}
 
{{Query String Tag Footer}}
 
{{原文|Template Tags/the_modified_time|50243}}
 
  
 
{{DEFAULTSORT:the_modified_time}}
 
{{DEFAULTSORT:the_modified_time}}
86行目: 99行目:
  
 
[[en:Template Tags/the_modified_time]]
 
[[en:Template Tags/the_modified_time]]
 +
 +
{{原文|Template Tags/the_modified_time|127872}} <!--  02:47, 28 February 2013‎ Bcworkz -->

2015年7月2日 (木) 12:07時点における版

このタグは記事が最後に更新された時刻 (と日付) を表示します。記事が作成された時刻 (と日付) を表示する the_time() と似ています。このタグはループ内で使用しなければなりません。フォーマットパラメータが指定されない場合、 管理画面 > 設定 > 一般設定 で設定されたデフォルト日付フォーマット (日付フォーマットのことを指していることに注意してください) が書式に使われます。

記事や個別ページがまだ更新されていない場合は、更新日時は作成日時と同じです。

更新日時も作成日時も両方表示したい場合は、if 文 (例: if (get_the_modified_time() != get_the_time())) を使って同じ日時がふたつ表示されるのを防ぐ必要があるかもしれません。

Use get_the_modified_time() to retrieve the value.

使い方

<?php the_modified_time( $d ); ?> 



パラメータ

d
文字列) (オプション) 表示する時刻のフォーマット。デフォルトでは WordPress の管理画面内で設定した日付フォーマットが使用されます。Formatting Date and Timeを参照。
初期値: F j, Y


用例

初期設定での使用

記事が最後に更新された時刻 (日付) を 管理画面 > 設定 > 一般設定デフォルト日付フォーマット (例: F j, Y) を使って表示します。

<p>Last modified: <?php the_modified_time(); ?></p>
Last modified: December 2, 2006

12 時間制にする (午前/午後)

もし記事が午後 10:36 に更新されたとすると、フォーマットパラメータの文字列を 'g:i a' にすると、この例のように記事が最後に更新された時刻が 12 時間制で表示されます。

<p>Time last modified: <?php the_modified_time('g:i a'); ?></p>
Time last modified: 10:36 pm

24 時間制にする

もし記事が午後 10:36 に更新されたとすると、フォーマットパラメータの文字列を 'G:i' にすると、この例のように記事が最後に更新された時刻が 24 時間制で表示されます。

<p>Time last modified: <?php the_modified_time('G:i'); ?></p>
Time last modified: 22:36

「月 日, 年」の順で表示

最後に更新された時刻と日付を日付フォーマットを 'F j, Y' にして表示します (例: December 2, 2006)。これは the_modified_date() の代わりとして使うことができます。

<div>Last modified: <?php the_modified_time('F j, Y'); ?></div>
Last modified: December 2, 2006

日付と時刻

日付と時刻を表示します。

<p>Modified: <?php the_modified_time('F j, Y'); ?> at <?php the_modified_time('g:i a'); ?></p>
Modified: December 2, 2006 at 10:36 pm


変更履歴

  • 2.0.0 : 新規導入
  • 2.1 : 新規テンプレートタグ

ソースファイル

the_modified_time()wp-includes/general-template.phpにあります。



日時に関連するタグ: get_calendar(), get_day_link(), get_month_link(), get_the_date(), get_the_time(), get_year_link(), single_month_title(), the_date(), the_date_xml(), the_modified_date(), get_the_modified_date(), the_modified_time(), get_the_modified_time(), the_time()


テンプレートタグへのクエリ文字列型パラメータの渡し方関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。

最新英語版: WordPress Codex » Template Tags/the_modified_time最新版との差分