• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「テンプレートタグ/the modified date」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(最新版のマージ)
(get_the_modified_date のリンク先を訂正。)
 
(同じ利用者による、間の1版が非表示)
1行目: 1行目:
{{NeedTrans}}
+
<div id="Description">
{{テンプレートタグガイド|PHP}}
+
 
+
 
== 説明 ==
 
== 説明 ==
 +
</div>
  
このタグは記事を最後に更新した日付 (または時間) を表示します。[[テンプレートタグ/the_modified_time|the_modified_time()]] と似ていますが、このタグでは最後に更新した日付または時間を表示します。このタグは[[The Loop|ループ]]内で使用しなければなりません。パラメータが指定されない場合、[[管理画面]] > [[管理画面#General|設定]] > [[管理画面/一般設定|一般設定]] にある'''日付フォーマット'''の設定が適用されます。
+
このタグは投稿を最後に更新した日付(と時刻)を表示します。[[テンプレートタグ/the_modified_time|the_modified_time()]] と似ていますが、そちらは最後に更新した時刻(と日付)だけを表示します。このタグは[[The Loop|ループ]]内で使用しなければなりません。パラメータが指定されない場合、[[管理画面]] > [[管理画面#General|設定]] > [[管理画面/一般設定|一般設定]] にある'''日付のフォーマット'''の設定が適用されます。
  
記事やページを更新していない場合、更新日は作成日と同じになります。
+
投稿や固定ページを一度も更新していない場合、更新日は作成日と同じになります。
  
値を取得するには、 [[関数リファレンス/get the modified date|get_the_modified_date()]] をお使いください。
+
値を取得するには [[テンプレートタグ/get the modified date|get_the_modified_date()]] を使ってください。
  
 
<div id="Usage">
 
<div id="Usage">
20行目: 19行目:
 
</div>
 
</div>
  
{{Parameter|$d|文字列|表示する日付フォーマット。デフォルトでは管理画面で設定した値が適用されます。[[日付と時刻の書式]] を参照してください。|オプション|日付フォーマットを指定 [[管理画面]] > [[管理画面#Settings|設定]] > [[Administration_Panels#.E4.B8.80.E8.88.AC.E8.A8.AD.E5.AE.9A|一般設定]]}}
+
{{Parameter|$d|文字列|表示する日付フォーマット。デフォルトでは管理画面で設定した値が適用されます。[[日付と時刻の書式]]を見てください。|オプション|[[管理画面]] > [[管理画面#General|設定]] > [[管理画面/一般設定|一般設定]] で指定する日付のフォーマット}}
{{Parameter|$before|文字列|日付の前に出力|オプション}}
+
{{Parameter|$before|文字列|日付の直前に出力。|オプション}}
{{Parameter|$after|文字列|日付の後ろに出力|オプション}}
+
{{Parameter|$after|文字列|日付の直後に出力。|オプション}}
{{Parameter|$echo|真または偽|デフォルトは表示をします。日付をエコーまたはそれを返すかどうか。|オプション|true}}
+
{{Parameter|$echo|真偽値|日付を echo() で表示するか値として返すか。デフォルトでは表示します。|オプション|true}}
 
:* ''true'' (デフォルト)
 
:* ''true'' (デフォルト)
 
:* ''false''
 
:* ''false''
 
  
 
<div id="Examples">
 
<div id="Examples">
 
 
== 用例 ==
 
== 用例 ==
 
</div>
 
</div>
37行目: 34行目:
 
</div>
 
</div>
  
[[管理画面]] > [[管理画面#General|設定]] > [[管理画面/一般設定|一般設定]] '''日付フォーマット'''の設定 (例: F j, Y) を使って最終更新日を表示します。
+
[[管理画面]] > [[管理画面#General|設定]] > [[管理画面/一般設定|一般設定]] にある'''日付のフォーマット'''の設定 (例: F j, Y) を使って最終更新日を表示します。
  
 
<pre><p>最終更新日: <?php the_modified_date(); ?></p></pre>
 
<pre><p>最終更新日: <?php the_modified_date(); ?></p></pre>
  
<div class="example">最終更新日: 12 月 2, 2006</div>
+
<div style="border:1px solid blue; width:50%; padding:10px">最終更新日: 12 月 2, 2006</div><br/>
  
 
<div id="Date_as_Month_Day.2C_Year">
 
<div id="Date_as_Month_Day.2C_Year">
51行目: 48行目:
 
<pre><p>最終更新日: <?php the_modified_date('F j, Y'); ?></p></pre>
 
<pre><p>最終更新日: <?php the_modified_date('F j, Y'); ?></p></pre>
  
<div class="example">最終更新日: 12 月 2, 2006</div><br/>
+
<div style="border:1px solid blue; width:50%; padding:10px">最終更新日: 12 月 2, 2006</div><br/>
  
 
<div id="Date_and_Time">
 
<div id="Date_and_Time">
61行目: 58行目:
 
<pre><p>更新日時: <?php the_modified_date('F j, Y'); ?> at <?php the_modified_date('g:i a'); ?></p></pre>
 
<pre><p>更新日時: <?php the_modified_date('F j, Y'); ?> at <?php the_modified_date('g:i a'); ?></p></pre>
  
<div class="example">更新日時: 12 月 2, 2006 at 10:36 pm</div><br/>
+
<div style="border:1px solid blue; width:50%; padding:10px">更新日時: 12 月 2, 2006 at 10:36 pm</div><br/>
  
=== Date with <sup>superscript</sup> or <sub style="font-size:0.8em;">subscript</sub> number suffixes ===
+
<div id="Date_with_superscript_or_subscript_number_suffixes">
 +
=== 数字に上付きまたは下付き文字を伴った日付 ===
 +
</div>
  
Displays the date with a superscript or subscript ''st'', ''nd'', ''rd'' or ''th'' after the day. Because characters from the alphabet are used to represent the date format types, each of the HTML tag characters need to be escaped using a back slash. Superscript HTML tag is <tt>&lt;sup&gt;</tt> and subscript is <tt>&lt;sub&gt;</tt>.
+
日の後に上付きまたは下付きの ''st'', ''nd'', ''rd'' ''th'' を伴って日付を表示します。英字は日付フォーマットの種類を指定するために使われるので、HTML タグの文字をバックスラッシュでエスケープする必要があります。上付きの HTML タグは <tt>&lt;sup&gt;</tt> で、下付きは <tt>&lt;sub&gt;</tt> です。
  
&lt;p&gt;Modified: <?php the_modified_date('j\<\s\u\p\>S\<\/\s\u\p\> M Y'); ?>&lt;/p&gt;
+
<pre><p>Modified: <?php the_modified_date('j\<\s\u\p\>S\<\/\s\u\p\> M Y'); ?></p></pre>
  
 
<div style="border:1px solid blue; width:50%; padding:10px">Modified: 2<sup>nd</sup> Dec 2006</div><br/>
 
<div style="border:1px solid blue; width:50%; padding:10px">Modified: 2<sup>nd</sup> Dec 2006</div><br/>
  
  
 +
<div id="Changelog">
 
== 変更履歴 ==
 
== 変更履歴 ==
 +
</div>
  
 
* [[Version 3.0|3.0]] : <code>$before</code>、<code>$after</code>、<code>$echo</code> パラメータが追加されました。
 
* [[Version 3.0|3.0]] : <code>$before</code>、<code>$after</code>、<code>$echo</code> パラメータが追加されました。
 
* [[Version 2.1|2.1]] : 新規テンプレートタグ
 
* [[Version 2.1|2.1]] : 新規テンプレートタグ
 +
 +
<div id="Source_File">
 +
== ソースファイル ==
 +
</div>
 +
 +
<tt>the_modified_date()</tt> は {{Trac|wp-includes/general-template.php}} にあります。
  
 
<div id="Related">
 
<div id="Related">
== 関連 ==
+
== 関連項目 ==
 
</div>
 
</div>
  
85行目: 92行目:
 
{{Tag Footer}}
 
{{Tag Footer}}
  
{{原文|Template Tags/the_modified_date|116265}}<!--14:46, 27 April 2012‎ Donutz 版 -->
+
{{原文|Function Reference/the_modified_date|116265}} <!--14:46, 27 April 2012 Donutz 版 -->
  
 
{{DEFAULTSORT:The_modified_date}}
 
{{DEFAULTSORT:The_modified_date}}
91行目: 98行目:
 
[[Category:wp3.0]]
 
[[Category:wp3.0]]
  
[[en:Template Tags/the_modified_date]]
+
[[en:Function Reference/the_modified_date]]

2015年9月22日 (火) 10:22時点における最新版

このタグは投稿を最後に更新した日付(と時刻)を表示します。the_modified_time() と似ていますが、そちらは最後に更新した時刻(と日付)だけを表示します。このタグはループ内で使用しなければなりません。パラメータが指定されない場合、管理画面 > 設定 > 一般設定 にある日付のフォーマットの設定が適用されます。

投稿や固定ページを一度も更新していない場合、更新日は作成日と同じになります。

値を取得するには get_the_modified_date() を使ってください。

使い方

<?php the_modified_date( $d, $before, $after, $echo ); ?>

パラメータ

$d
文字列) (オプション) 表示する日付フォーマット。デフォルトでは管理画面で設定した値が適用されます。日付と時刻の書式を見てください。
初期値: 管理画面 > 設定 > 一般設定 で指定する日付のフォーマット
$before
文字列) (オプション) 日付の直前に出力。
初期値: なし
$after
文字列) (オプション) 日付の直後に出力。
初期値: なし
$echo
真偽値) (オプション) 日付を echo() で表示するか値として返すか。デフォルトでは表示します。
初期値: true
  • true (デフォルト)
  • false

用例

初期設定での使用

管理画面 > 設定 > 一般設定 にある日付のフォーマットの設定 (例: F j, Y) を使って最終更新日を表示します。

<p>最終更新日: <?php the_modified_date(); ?></p>
最終更新日: 12 月 2, 2006

「月 日, 年」の順で表示

「F j, Y」という日付フォーマットで最終更新日を表示します (例: 12 月 2, 2006)。

<p>最終更新日: <?php the_modified_date('F j, Y'); ?></p>
最終更新日: 12 月 2, 2006

日付と時刻

日付と時刻を表示します。

<p>更新日時: <?php the_modified_date('F j, Y'); ?> at <?php the_modified_date('g:i a'); ?></p>
更新日時: 12 月 2, 2006 at 10:36 pm

数字に上付きまたは下付き文字を伴った日付

日の後に上付きまたは下付きの st, nd, rdth を伴って日付を表示します。英字は日付フォーマットの種類を指定するために使われるので、HTML タグの文字をバックスラッシュでエスケープする必要があります。上付きの HTML タグは <sup> で、下付きは <sub> です。

<p>Modified: <?php the_modified_date('j\<\s\u\p\>S\<\/\s\u\p\> M Y'); ?></p>
Modified: 2nd Dec 2006


変更履歴

  • 3.0 : $before$after$echo パラメータが追加されました。
  • 2.1 : 新規テンプレートタグ

ソースファイル

the_modified_date()wp-includes/general-template.php にあります。


日時に関連するタグ: get_calendar(), get_day_link(), get_month_link(), get_the_date(), get_the_time(), get_year_link(), single_month_title(), the_date(), the_date_xml(), the_modified_date(), get_the_modified_date(), the_modified_time(), get_the_modified_time(), the_time()


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/the_modified_date最新版との差分