当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

テンプレートタグ/the modified author

提供: WordPress Codex 日本語版
< テンプレートタグ
2014年9月8日 (月) 18:15時点におけるGblsm (トーク | 投稿記録)による版 (「値を返す場合」と「ソースコード」を追記。用例の誤記(英語Codexが誤り)を修正。)

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

このテンプレートタグを使えば、最後に編集したユーザーを表示できます。このタグは、ループ内で使います。

表示するのではなく PHP に値を返したいときは、get_the_modified_author() を使います。

使い方

<?php the_modified_author(); ?>

パラメータ

このテンプレートタグで利用できるパラメータはありません。

戻り値

このテンプレートタグは値を返しません。

用例

最後に編集したユーザーの「表示名」を表示

ユーザーのブログ上の表示名フィールドの値を表示します。

<p>この投稿は <?php the_modified_author(); ?> が最後に編集しました。</p>

更新履歴

  • 2.8 : 新規テンプレートタグ

ソースコード

the_modified_author() のソースコードは wp-includes/author-template.php にあります。

関連資料

作成者タグ: the_author(), get_the_author(), the_author_link(), get_the_author_link(), the_author_meta(), get_the_author_meta(), the_author_posts(), get_the_author_posts(), the_author_posts_link(), get_author_posts_url(), get_the_modified_author(), the_modified_author(), wp_dropdown_users(), wp_list_authors()


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Template Tags/the modified author最新版との差分