当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

テンプレートタグ/the date

提供: WordPress Codex 日本語版
< テンプレートタグ
2015年5月27日 (水) 09:10時点におけるMiccweb (トーク | 投稿記録)による版 (関連)

移動先: 案内検索
SPECIAL NOTE: When there are multiple posts on a page published under the SAME DAY, the_date() only displays the date for the first post (that is, the first instance of the_date()). To repeat the date for posts published under the same day, you should use the Template Tag the_time() or get_the_date() (since 3.0) with a date-specific format string.
Use <?php the_time( get_option( 'date_format' ) ); ?> to add the date set in the admin interface.


  • 書式: <?php the_date('format', 'before', 'after', echo); ?>
  • 説明: 記事の投稿/更新日を出力。PHPの日付文法が使用できる。同じ日に複数の記事がある場合は、最初の記事とともに一度だけ出力される
  • 位置: ループ内
  • 引数:
    • format (文字列)- 日時の出力形式。デフォルト値は管理画面のオプションで設定した形式。
    • before (文字列)- 投稿/更新日の直前に出力するコードやテキスト。デフォルト値は空。
    • after (文字列)- 投稿/更新日の直後に出力するコードやテキスト。デフォルト値は空。
    • echo (true/false)- 取得した値の処理方法。
      • true(デフォルト。日付をページ内に出力)
      • false(PHPで使用できる値として日付を返す)
  • コード記述例: <?php the_date('Y-m-d', '<h2>', '</h2>'); ?>
  • 出力例:<h2>2006-10-10</h2>.


外部リソース

http://mako-wis.hatenablog.com/entry/2014/03/27/001218 the_dateとget_the_dateの違い


関連

日時に関連するタグ: get_calendar(), get_day_link(), get_month_link(), get_the_date(), get_the_time(), get_year_link(), single_month_title(), the_date(), the_date_xml(), the_modified_date(), get_the_modified_date(), the_modified_time(), get_the_modified_time(), the_time()


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function_Reference/the_date最新版との差分