• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「テンプレートタグ/the date」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(関連)
(special noteの訳、最新のマージ)
1行目: 1行目:
<div style="text-decoration:none; padding: 10px; margin: 10px 0px 5px; background-color: #f0f0f0; border: 1px solid darkslateblue">'''SPECIAL NOTE:''' When there are multiple posts on a page published under the SAME DAY, the_date() only displays the date for the first post (that is, the first instance of the_date()). To repeat the date for posts published under the same day, you should use the [[Template Tags|Template Tag]] [[Template Tags/the time|the_time()]] or [[Template Tags/get_the_date|get_the_date()]] (since [[Version 3.0|3.0]]) with a [[Formatting_Date_and_Time|date-specific format string]].<br />
 
Use <code><?php the_time( get_option( 'date_format' ) ); ?></code> to add the date set in the admin interface.</div>
 
  
 +
==説明 ==
  
* 書式: <?php the_date('format', 'before', 'after', echo); ?>
+
記事の投稿/更新日を出力。[http://jp2.php.net/date PHPの日付文法]が使用できる。'''同じ日に複数の記事がある場合は、最初の記事とともに一度だけ出力される'''。
* 説明: 記事の投稿/更新日を出力。[http://jp2.php.net/date PHPの日付文法]が使用できる。'''同じ日に複数の記事がある場合は、最初の記事とともに一度だけ出力される'''。
+
 
* 位置: ループ内
+
<div style="text-decoration:none; padding: 10px; margin: 10px 0px 5px; background-color: #f0f0f0; border: 1px solid darkslateblue">
* 引数:
+
'''特記事項:''':同じ日の下で公開ページに複数の記事がある場合、the_date()は最初の記事の日付が表示されます(つまり、 the_date()の最初のインスタンス)。同じ日で公開の記事の日付を繰り返すには、日付固有の形式の文字列で[[Template Tags|テンプレートタグ]][[Template Tags/the time|the_time()]] または([[Version 3.0|3.0]]以降)[[Template Tags/get_the_date|get_the_date()]]を使用する必要があります。
** format (文字列)- 日時の出力形式。デフォルト値は管理画面のオプションで設定した形式。
+
Use <code><?php the_time( get_option( 'date_format' ) ); ?></code>管理画面に設定された日付を追加します。</div>
** before (文字列)- 投稿/更新日の直前に出力するコードやテキスト。デフォルト値は空。
+
 
** after (文字列)- 投稿/更新日の直後に出力するコードやテキスト。デフォルト値は空。
+
このタグはループ内で使用します。
** echo (true/false)- 取得した値の処理方法。
+
 
*** true(デフォルト。日付をページ内に出力)
+
== 使い方 ==
*** false(PHPで使用できる値として日付を返す)
+
 
* コード記述例: <code><nowiki><?php the_date('Y-m-d', '<h2>', '</h2>'); ?></nowiki></code>
+
<?php the_date( $format, $before, $after, $echo ); ?>
* 出力例:<code><nowiki><h2>2006-10-10</h2></nowiki></code>
+
 
 +
== パラメータ ==
 +
 
 +
{{Parameter|$format|文字列|日時の出力形式。デフォルト値は管理画面のオプションで設定した形式。[[Formatting Date and Time]]を参照。|オプション|F j, Y)}}
 +
{{Parameter|$before|文字列|投稿/更新日の直前に出力するコードやテキスト。デフォルト値は空。|オプション}}
 +
{{Parameter|$after|文字列|投稿/更新日の直後に出力するコードやテキスト。デフォルト値は空。|オプション}}
 +
{{Parameter|$echo|true/false|(<tt>TRUE</tt>)なら日付をページ内に出力、(<tt>FALSE</tt>)ならPHPで使用できる値として日付を返す。|オプション|<tt>TRUE</tt>}}
 +
 
 +
== 戻り値 ==
 +
 
 +
(''string|null'') 表示の場合はnull、文字列ならば取得する。
 +
 
 +
== 用例 ==
 +
 
 +
=== デフォルトの使い方 ===
 +
 
 +
日付を表示する:
 +
 
 +
<?php the_date(); ?>
 +
 
 +
=== 年月日を表示する ===
 +
 
 +
&lt;h2&gt; タグの中に <code>'2007-07-23'</code> 形式(ex: 2004-11-30)で日付を表示する:
 +
 
 +
<?php the_date('Y-m-d', '&lt;h2&gt;', '&lt;/h2&gt;'); ?>
 +
 
 +
=== $my_date 変数を使った見出しの日付===
 +
 
 +
Returns the date in the default format inside an &lt;h2&gt; tag and assigns it to the $my_date variable. The variable's value is then displayed with the PHP echo command.
 +
 
 +
<?php $my_date = the_date(&#39;&#39;, &#39;&lt;h2&gt;&#39;, &#39;&lt;/h2&gt;&#39;, FALSE); echo $my_date; ?>
 +
 
 +
== 注 ==
 +
 
 +
* [[関数リファレンス/is_new_day|is_new_day()]] 関数の戻り値に影響を与えます。
 +
 
 +
== 更新履歴 ==
 +
Since: 0.71
 +
 
 +
== ソースファイル ==
 +
<tt>the_date()</tt> は {{Trac|wp-includes/general-template.php}}にあります。
  
[[en:Template Tags/the_date]].
 
  
  
29行目: 67行目:
 
{{Tag Footer}}
 
{{Tag Footer}}
  
{{原文|Function_Reference/the_date|44708}}<!-- 18:49, 29 October 2007‎ MichaelH 版 -->
+
{{原文|Function_Reference/the_date|144685}}<!-- 20:55, 6 July 2014‎ Otto42 版 -->
  
 
[[Category:テンプレートタグ]]
 
[[Category:テンプレートタグ]]
  
 
[[en:Template Tags/the_date]]
 
[[en:Template Tags/the_date]]

2015年6月17日 (水) 09:07時点における版

説明

記事の投稿/更新日を出力。PHPの日付文法が使用できる。同じ日に複数の記事がある場合は、最初の記事とともに一度だけ出力される

特記事項::同じ日の下で公開ページに複数の記事がある場合、the_date()は最初の記事の日付が表示されます(つまり、 the_date()の最初のインスタンス)。同じ日で公開の記事の日付を繰り返すには、日付固有の形式の文字列でテンプレートタグthe_time() または(3.0以降)get_the_date()を使用する必要があります。

Use <?php the_time( get_option( 'date_format' ) ); ?>管理画面に設定された日付を追加します。

このタグはループ内で使用します。

使い方

<?php the_date( $format, $before, $after, $echo ); ?>

パラメータ

$format
文字列) (オプション) 日時の出力形式。デフォルト値は管理画面のオプションで設定した形式。Formatting Date and Timeを参照。
初期値: F j, Y)
$before
文字列) (オプション) 投稿/更新日の直前に出力するコードやテキスト。デフォルト値は空。
初期値: なし
$after
文字列) (オプション) 投稿/更新日の直後に出力するコードやテキスト。デフォルト値は空。
初期値: なし
$echo
true/false) (オプション) (TRUE)なら日付をページ内に出力、(FALSE)ならPHPで使用できる値として日付を返す。
初期値: TRUE

戻り値

(string|null) 表示の場合はnull、文字列ならば取得する。

用例

デフォルトの使い方

日付を表示する:

<?php the_date(); ?>

年月日を表示する

<h2> タグの中に '2007-07-23' 形式(ex: 2004-11-30)で日付を表示する:

<?php the_date('Y-m-d', '<h2>', '</h2>'); ?>

$my_date 変数を使った見出しの日付

Returns the date in the default format inside an <h2> tag and assigns it to the $my_date variable. The variable's value is then displayed with the PHP echo command.

<?php $my_date = the_date('', '<h2>', '</h2>', FALSE); echo $my_date; ?>

更新履歴

Since: 0.71

ソースファイル

the_date()wp-includes/general-template.phpにあります。


外部リソース

http://mako-wis.hatenablog.com/entry/2014/03/27/001218 the_dateとget_the_dateの違い


関連

日時に関連するタグ: get_calendar(), get_day_link(), get_month_link(), get_the_date(), get_the_time(), get_year_link(), single_month_title(), the_date(), the_date_xml(), the_modified_date(), get_the_modified_date(), the_modified_time(), get_the_modified_time(), the_time()


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function_Reference/the_date最新版との差分