• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「テンプレートタグ/the category rss」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(関連項目)
(最新版のマージ、RSS2がデフォルトに)
 
16行目: 16行目:
 
</div>
 
</div>
  
{{Parameter|$type|文字列|表示するフィードの種類。下記の何れか:<ul><li>rss</li><li>rdf</li><li>atom</li></ul>|オプション|'rss'}}
+
{{Parameter|$type|文字列|表示するフィードの種類。下記の何れか:<ul><li>rss2</li><li>rss</li><li>rdf</li><li>atom</li></ul>|オプション|'rss2'}}
  
 
<div id="Example">
 
<div id="Example">
38行目: 38行目:
 
{{Tag Footer}}
 
{{Tag Footer}}
  
{{原文|Template Tags/the_category_rss|120276}} <!-- 14:32, 13 July 2012 Thomask 版 -->
+
{{原文|Template Tags/the_category_rss|149018}} <!-- 22:19, 13 January 2015‎ Brokentone 版 -->
  
 
{{DEFAULTSORT:The_category_rss}}
 
{{DEFAULTSORT:The_category_rss}}

2015年7月6日 (月) 22:42時点における最新版

RSS、ATOM、RDFなどのフィード用にフォーマットされた形式で、投稿が所属するカテゴリー名を出力します。 ループ内で使用し、現在の投稿を対象とします。

使い方

<?php the_category_rss( $type ) ?>

パラメータ

$type
文字列) (オプション) 表示するフィードの種類。下記の何れか:
  • rss2
  • rss
  • rdf
  • atom
初期値: 'rss2'

用例

RSS2 フィードページの一部は次のようになります。

<?php the_category_rss() ?>
<guid><?php the_permalink($id); ?></guid>

カテゴリタグ:

カテゴリータグ: the_category(), the_category_rss(), single_cat_title(), category_description(), wp_dropdown_categories(), wp_list_categories(), get_the_category(), get_the_category_by_ID(), get_category_by_slug(), get_the_category_list(), get_category_parents(), get_category_link(), is_category(), in_category()

投稿タグ:

投稿タグ: body_class(), next_image_link(), next_post_link(), next_posts_link(), post_class(), post_password_required(), posts_nav_link(), previous_image_link(), previous_post_link(), previous_posts_link(), single_post_title(), sticky_class(), the_category(), the_category_rss(), the_content(), the_content_rss(), the_excerpt(), the_excerpt_rss(), the_ID(), the_meta(), the_shortlink(), the_tags(), the_title(), the_title_attribute(), the_title_rss(), wp_link_pages(),


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Template Tags/the_category_rss最新版との差分