当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「テンプレートタグ/the category」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(パラメータ)
(en:Template Tags/the_category 02:34, 7 February 2013 Bcworkz 版までの変更点を反映。)
1行目: 1行目:
 +
<div id="Description">
 
== 説明 ==
 
== 説明 ==
 +
</div>
  
このテンプレートタグ '''<code>the_category</code>''' は、現在の記事が属するカテゴリへのリンクを表示します。このタグは[[The Loop|ループ]]の中で使わなければなりません。
+
このテンプレートタグは、現在の記事が属するカテゴリーへのリンクを表示します。
 +
必ず、[[The Loop|ループ]]の中で使わなければなりません。
  
 
{{Notice|情報募集|2.5 以降はループ外でも使えますか?||ループ外での使用可否}}
 
{{Notice|情報募集|2.5 以降はループ外でも使えますか?||ループ外での使用可否}}
9行目: 12行目:
 
</div>
 
</div>
  
  <?php the_category( 'separator', 'parents', post_id ); ?>
+
  <?php the_category( $separator, $parents, $post_id ); ?>
 +
 
 +
<div id="Parameters">
 +
== パラメータ ==
 +
</div>
 +
 
 +
{{Parameter|$separator|文字列|カテゴリーへのリンクを区切る文字列や記号。デフォルトでは、番号なし箇条書き(<code><nowiki><ul></nowiki></code>)でリンクを並べます。空の文字列を指定するとデフォルト表示になります。|オプション|空の文字列}}
 +
 
 +
{{Parameter|$parents|文字列|記事が子(サブ)カテゴリーに属するときの表示の仕方。オプションは:<br> <big>&#x3000;&#9642;</big> <tt>'multiple'</tt> - 親と子のカテゴリーへのリンクを別々に表示し、見た目は「親/子」になります。<br> <big>&#x3000;&#9642;</big> <tt>'single'</tt> - 子カテゴリーへのリンクのみを表示しますが、見た目は「親/子」になります。|オプション|空の文字列<br>'''付記''': 初期設定は子カデゴリーへのリンクであり、親子関係は表示しません。}}
 +
 
 +
<!-- 他の表現の可能性
 +
 
 +
{{Parameter|$parents|文字列|記事が子(サブ)カテゴリに属するときの表示の仕方。オプションは:<ul>
 +
<li> <tt>'multiple'</tt> - 親と子のカテゴリーへのリンクを別々に表示し、見た目は「親/子」になります。</li>
 +
<li> <tt>'single'</tt> - 子カテゴリーへのリンクのみを表示しますが、見た目は「親/子」になります。</li>
 +
</ul>
 +
|オプション|空の文字列<br>'''付記''': 初期設定は子カデゴリーへのリンクであり、親子関係は表示しません。}}
 +
 
 +
{{Parameter|$parents|文字列|記事が子(サブ)カテゴリに属するときの表示の仕方。オプションは:
 +
:* <tt>'multiple'</tt> - 親と子のカテゴリーへのリンクを別々に表示し、見た目は「親/子」になります。
 +
:* <tt>'single'</tt> - 子カテゴリーへのリンクのみを表示しますが、見た目は「親/子」になります。<br>'''付記''': 初期設定は子カデゴリーへのリンクであり、親子関係は表示しません。}}
 +
 
 +
-->
 +
 
 +
{{Parameter|$post_id|整数|カテゴリーを取得する投稿の ID。 初期値は <code>false</code> で、現在の投稿に付けられたカテゴリーのリストになります。|オプション|false}}
  
 
<div id="Examples">
 
<div id="Examples">
19行目: 46行目:
 
</div>
 
</div>
  
この使い方では、区切り文字として空白を使ってカテゴリを並べます。
+
この使い方では、区切り文字として空白を使ってカテゴリーを並べます。
  
 
<pre><p>Categories: <?php the_category(' '); ?></p></pre>
 
<pre><p>Categories: <?php the_category(' '); ?></p></pre>
29行目: 56行目:
 
</div>
 
</div>
  
カテゴリへのリンクをカンマで区切って表示(記事のカテゴリが複数あるとき)。
+
カテゴリーへのリンクをカンマで区切って表示(記事のカテゴリが複数あるとき)。
  
 
<pre><p>This post is in: <?php the_category(', '); ?></p></pre>
 
<pre><p>This post is in: <?php the_category(', '); ?></p></pre>
55行目: 82行目:
 
<div class="example">Post Categories: [[#Examples|WordPress]] &bull; [[#Examples|Computers]] &bull; [[#Examples|Blogging]]</div>
 
<div class="example">Post Categories: [[#Examples|WordPress]] &bull; [[#Examples|Computers]] &bull; [[#Examples|Blogging]]</div>
  
<div id="Parameters">
+
<div id="Source Code">
== パラメータ ==
+
== ソースコード ==
 
</div>
 
</div>
 
+
* <tt>the_category()</tt> {{Trac|wp-includes/category-template.php}} にあります。
{{Parameter|$separator|文字列|カテゴリー間を表示する文字列・記号. デフォルトでは、番号なし箇条書き(<code><nowiki><ul></nowiki></code>)でリンクを並べます。 初期設定は空の文字列になります。|オプション|空の文字列}}
+
 
+
{{Parameter|$parents|文字列|記事が子(サブ)カテゴリに属するときの表示の仕方。 オプションは:<br> <big>&#x3000;&#9642;</big> <tt>'複数ある場合'</tt> - 親と子のカテゴリーのリンクは、べつべつに表示し、「親子関係」となります。<br> <big>&#x3000;&#9642;</big> <tt>'1つしかない場合'</tt> - 子カテゴリのみへのリンクを表示で、親子関係を表すリンクとなります。|オプション|空の文字列<br>'''付記''': 初期設定は子カデゴリへのリンクであり、親子関係はありません}}
+
 
+
<!-- 他の表現の可能性
+
 
+
 
+
{{Parameter|$parents|文字列|記事が子(サブ)カテゴリに属するときの表示の仕方。 オプションは:<ul>
+
<li> <tt>'複数ある場合'</tt> - 親と子のカテゴリーのリンクは、べつべつに表示し、「親子関係」となります。</li>
+
<li> <tt>'1つしかない場合'</tt> - 子カテゴリのみへのリンクを表示で、「親子関係」を表すリンクとなります。</li>
+
</ul>
+
|オプション|空の文字列<br>'''付記''': 初期設定は子カデゴリへのリンクであり、「親子関係」は表示しません。}}
+
 
+
{{Parameter|$parents|文字列|記事が子(サブ)カテゴリに属するときの表示の仕方。 オプションは:
+
:* <tt>'複数ある場合'</tt> - 親と子のカテゴリーのリンクは、べつべつに表示し、「親子関係」となります。
+
:* <tt>'1つしかない場合'</tt> - 子カテゴリのみへのリンクを表示で、 「親子関係」を表すリンクとなります。<br>'''付記''': 初期設定は子カデゴリへのリンクであり、「親子関係」は表示しません。}}
+
 
+
-->
+
 
+
{{Parameter|$post_id|整数値|カテゴリを検索するためのPost ID。 初期値は <code>false</code> 現在のカテゴリリストを表します。|オプション|false}}
+
 
+
== ソースコード ==
+
* {{BrowseSource|wp-includes/category-template.php}}
+
  
 
== 更新履歴 ==
 
== 更新履歴 ==
 
* [[Version 2.5|2.5]] : ''post_id'' パラメータが追加されました。
 
* [[Version 2.5|2.5]] : ''post_id'' パラメータが追加されました。
 
{{原文|Template Tags/the_category|81629}}<!-- 16:42, 4 January 2010 Bono 版 -->
 
  
 
<div id="Related">
 
<div id="Related">
 
== 関連 ==
 
== 関連 ==
 
</div>
 
</div>
 
 
{{Tag Category Tags}}
 
{{Tag Category Tags}}
 +
[[関数リファレンス/the_taxonomies|the_taxonomies]]
 +
{{Tag Footer}}
  
{{PHP Function Tag Footer}}
+
{{原文|Template Tags/the_category|126772}} <!-- 02:34, 7 February 2013 Bcworkz 版 -->
  
 
{{DEFAULTSORT:The_category}}
 
{{DEFAULTSORT:The_category}}
 +
[[Category:テンプレートタグ]]
 
[[Category:wp2.5]]
 
[[Category:wp2.5]]
  
 
[[en:Template Tags/the_category]]
 
[[en:Template Tags/the_category]]
 +
[[ru:Теги шаблонов/the_category]]

2014年7月10日 (木) 01:03時点における版

このテンプレートタグは、現在の記事が属するカテゴリーへのリンクを表示します。 必ず、ループの中で使わなければなりません。

情報募集: 2.5 以降はループ外でも使えますか?このページのノートをご覧ください。

使い方

<?php the_category( $separator, $parents, $post_id ); ?>

パラメータ

$separator
文字列) (オプション) カテゴリーへのリンクを区切る文字列や記号。デフォルトでは、番号なし箇条書き(<ul>)でリンクを並べます。空の文字列を指定するとデフォルト表示になります。
初期値: 空の文字列
$parents
文字列) (オプション) 記事が子(サブ)カテゴリーに属するときの表示の仕方。オプションは:
 ▪ 'multiple' - 親と子のカテゴリーへのリンクを別々に表示し、見た目は「親/子」になります。
 ▪ 'single' - 子カテゴリーへのリンクのみを表示しますが、見た目は「親/子」になります。
初期値: 空の文字列
付記: 初期設定は子カデゴリーへのリンクであり、親子関係は表示しません。


$post_id
整数) (オプション) カテゴリーを取得する投稿の ID。 初期値は false で、現在の投稿に付けられたカテゴリーのリストになります。
初期値: false

用例

空白(スペース)区切り

この使い方では、区切り文字として空白を使ってカテゴリーを並べます。

<p>Categories: <?php the_category(' '); ?></p>

カンマ区切り

カテゴリーへのリンクをカンマで区切って表示(記事のカテゴリが複数あるとき)。

<p>This post is in: <?php the_category(', '); ?></p>
This post is in: WordPress, Computers, Blogging

矢印区切り

カテゴリへのリンクを矢印(>)で区切って表示。(: これを使うときは、> の後ろのカテゴリをサブカテゴリだと思う閲覧者がいるかもしれないことに気をつけて!)

<p>Categories: <?php the_category(' &gt; '); ?></p>
Categories: WordPress > Computers > Blogging

中点区切り

カテゴリへのリンクを中点(•)で区切って表示。

<p>Post Categories: <?php the_category(' &bull; '); ?></p>
Post Categories: WordPressComputersBlogging

ソースコード

更新履歴

  • 2.5 : post_id パラメータが追加されました。

カテゴリータグ: the_category(), the_category_rss(), single_cat_title(), category_description(), wp_dropdown_categories(), wp_list_categories(), get_the_category(), get_the_category_by_ID(), get_category_by_slug(), get_the_category_list(), get_category_parents(), get_category_link(), is_category(), in_category()the_taxonomies

関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Template Tags/the_category最新版との差分