当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「テンプレートタグ/the author link」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(リンク先を修正。)
(本家英語Codexへのリンクを追加)
 
34行目: 34行目:
 
[[#Example|James Smith]] による投稿
 
[[#Example|James Smith]] による投稿
 
</div>
 
</div>
 +
  
 
== 変更履歴 ==
 
== 変更履歴 ==
  
 
* [[Version 2.1|2.1]] : 新規テンプレートタグ
 
* [[Version 2.1|2.1]] : 新規テンプレートタグ
 +
 +
<div id="Source_File">
 +
== ソースファイル ==
 +
</div>
 +
 +
<tt>the_author_link()</tt> は <tt>{{Trac|wp-includes/author-template.php}}</tt> にあります。
  
 
<div id="Related">
 
<div id="Related">
46行目: 53行目:
  
 
{{No Param Tag Footer}}
 
{{No Param Tag Footer}}
 +
 +
{{原文|Template Tags/the_author_link|110905}} <!-- 02:01, 15 November 2011 JustinRyan 版 -->
  
 
{{DEFAULTSORT:The_author_link}}
 
{{DEFAULTSORT:The_author_link}}

2014年9月8日 (月) 00:32時点における最新版

このテンプレートタグ the_author_link() は、投稿の作成者のウェブサイトへのリンクを表示します。ウェブサイトフィールドは、プロフィール画面(管理画面 » ユーザー » あなたのプロフィール)で設定します。リンクテキストは、作成者のプロフィールのブログ上の表示名フィールドです。このテンプレートタグはループ内でのみ使えます。

使い方

<?php the_author_link(); ?>

パラメータ

このテンプレートタグにパラメータはありません。

戻り値

このテンプレートタグは値を返しません。

用例

作成者のプロフィールにあるブログ上の表示名フィールドの文字列を、作成者のウェブサイト URL へのリンク付きで表示します。この例では、作成者の表示名は James Smith です。

<p><?php the_author_link(); ?> による投稿</p>

表示結果:

James Smith による投稿


変更履歴

  • 2.1 : 新規テンプレートタグ

ソースファイル

the_author_link()wp-includes/author-template.php にあります。


作成者タグ: the_author(), get_the_author(), the_author_link(), get_the_author_link(), the_author_meta(), get_the_author_meta(), the_author_posts(), get_the_author_posts(), the_author_posts_link(), get_author_posts_url(), get_the_modified_author(), the_modified_author(), wp_dropdown_users(), wp_list_authors()


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Template Tags/the_author_link最新版との差分