当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「テンプレートタグ/single tag title」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(2 版)
(en:Function Reference/single_tag_title 22:14, 21 July 2013 Vaxace 版を反映して残りを和訳。)
2行目: 2行目:
 
== 説明 ==
 
== 説明 ==
 
</div>
 
</div>
このテンプレートタグ '''<code>single_tag_title</code>''' は、現在のページのタグタイトルを表示または取得します。
 
  
このタグは [[Version 2.3|WordPress 2.3]] 以上でのみ使えます。
+
現在のアーカイブページのタグタイトルを表示または取得します。
  
 
<div id="Usage">
 
<div id="Usage">
10行目: 9行目:
 
</div>
 
</div>
  
  <?php single_tag_title('prefix', 'display'); ?>
+
  <?php single_tag_title( $prefix, $display ); ?>
 +
 
 +
<div id="Default Usage">
 +
=== デフォルトの使い方 ===
 +
</div>
 +
 
 +
<?php single_tag_title(); ?>
 +
 
 +
<div id="Parameters">
 +
== パラメータ ==
 +
</div>
 +
 
 +
{{Parameter|$prefix|文字列|タグタイトルの前に出力するテキスト。|オプション}}
 +
: '''参考''':現状では、$display 引数が false のとき $prefix 引数は無視されます。<br />http://core.trac.wordpress.org/ticket/16632 を参照。
 +
 
 +
{{Parameter|$display|真偽値|タグタイトルを表示する(<tt>TRUE</tt>)か、PHP で扱えるように値として返す(<tt>FALSE</tt>)か。|オプション|<tt>TRUE</tt>}}
  
 
<div id="Examples">
 
<div id="Examples">
16行目: 30行目:
 
</div>
 
</div>
  
次の例は、"'''Currently browsing '''" というテキストに続けてタグタイトルを表示します。
+
最初の例は、"'''Currently browsing '''" というテキストに続けてタグタイトルを表示します。
  
 
<pre>
 
<pre>
<p><?php single_tag_title('Currently browsing '); ?>.</p>
+
<p><?php single_tag_title( 'Currently browsing ' ); ?>.</p>
 
</pre>
 
</pre>
  
<div class="example">Currently browsing WordPress.</div>
+
<div style="border:1px solid blue; width:50%; padding:10px">Currently browsing WordPress.</div>
  
次の例は、PHP で扱うために、現在のタグタイトルを変数 <code>$current_tag</code> に代入します。
 
  
<?php $current_tag = single_tag_title("", false); ?>
+
次の例は、PHP で扱うために現在のタグタイトルを変数 <code>$current_tag</code> に代入します。
  
<div id="Parameters">
+
<?php $current_tag = single_tag_title( "", false ); ?>
== パラメータ ==
+
 
 +
<div id="Change_Log">
 +
== 変更履歴 ==
 
</div>
 
</div>
  
; prefix :
+
* [[Version 3.1|3.1.0]] から、内部で [[関数リファレンス/single_term_title|single_term_title()]] を使うようになりました。
: (''文字列'') タグタイトルの前に出力するテキスト。初期値は <code>&#39;&#39;</code>(テキストなし)。
+
* [[Version 2.3|2.3.0]] から導入されました。
; display :
+
 
: (''真偽値'') タグタイトルを表示する(<code>TRUE</code>)か、PHP で扱えるように値として返す(<code>FALSE</code>)か。初期値は <code>TRUE</code>。
+
<div id="Source_File">
 +
== ソースファイル ==
 +
</div>
 +
 
 +
<tt>single_tag_title()</tt> は {{Trac|wp-includes/general-template.php}} にあります。
  
 
<div id="Related">
 
<div id="Related">
== 関連 ==
+
== 関連項目 ==
 
</div>
 
</div>
  
 
{{Tag Tag Tags}}
 
{{Tag Tag Tags}}
  
{{PHP Function Tag Footer}}
+
{{Tag Footer}}
 +
 
 +
{{原文|Function_Reference/single_tag_title|133368}} <!-- 22:14, 21 July 2013 Vaxace 版 -->
  
{{DEFAULTSORT:single_tag_title}}
+
{{DEFAULTSORT:Single_tag_title}}
[[Category:wp2.3]]
+
[[Category:テンプレートタグ]]
  
[[en:Template Tags/single_tag_title]]
+
[[en:Function Reference/single_tag_title]]
 +
[[tr:Tema_Etiketleri/single_tag_title]]

2014年8月10日 (日) 18:15時点における版

現在のアーカイブページのタグタイトルを表示または取得します。

使い方

<?php single_tag_title( $prefix, $display ); ?>

デフォルトの使い方

<?php single_tag_title(); ?>

パラメータ

$prefix
文字列) (オプション) タグタイトルの前に出力するテキスト。
初期値: なし
参考:現状では、$display 引数が false のとき $prefix 引数は無視されます。
http://core.trac.wordpress.org/ticket/16632 を参照。
$display
真偽値) (オプション) タグタイトルを表示する(TRUE)か、PHP で扱えるように値として返す(FALSE)か。
初期値: TRUE

用例

最初の例は、"Currently browsing " というテキストに続けてタグタイトルを表示します。

<p><?php single_tag_title( 'Currently browsing ' ); ?>.</p>
Currently browsing WordPress.


次の例は、PHP で扱うために現在のタグタイトルを変数 $current_tag に代入します。

<?php $current_tag = single_tag_title( "", false ); ?>

変更履歴

ソースファイル

single_tag_title()wp-includes/general-template.php にあります。


タグ: get_tag(), get_tag_link(), get_tags(), get_the_tag_list(), get_the_tags(), is_tag(), the_tags(), single_tag_title(), tag_description(), wp_generate_tag_cloud(), wp_tag_cloud()


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function_Reference/single_tag_title最新版との差分