当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「テンプレートタグ/query posts」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(2006年8月に作成した翻訳データ(暫定版、要フォーマット) に新規追加引数を追加。)
(2 版)
(相違点なし)

2008年5月5日 (月) 08:13時点における版

  • 書式: <?php query_posts('arguments'); ?>
  • 説明: ループ内でクエリーを変更するために使う。詳しくは、WordPressループについてのTips(●●ページ)を参照。
  • 位置: ループ内
  • 引数:
    • 整数が指定できる場合は、特定の記事を除くためにマイナスの値も使える。たとえば query_posts('cat=-3') とした場合、ID3のカテゴリーのみをクエリーから除く。
    • 各引数に複数の値を指定する場合、コンマに続けて追加する。
    • 複数の引数を組み合わせる場合は、他のタグと同じく引数の間に&を挿入する。

カテゴリー引数

指定したIDや名前のカテゴリーに分類された記事を取得する。

  • cat (整数)- カテゴリーIDを指定。
  • category_name (文字列)- カテゴリー名を指定(日本語も可)。

タグ引数

指定したタグがつけられた記事を取得する。

  • tag (文字列)- タグを指定。

投稿者引数

指定したIDや名前の投稿者による記事を取得する。

  • author (整数)- 投稿者のIDを指定。
  • author_name (文字列)- 投稿者のニックネームを指定(日本語も可)。

記事・ページ引数

指定したIDや名前の記事・ページを取得する。

  • p (整数)- 記事ID。
  • name (文字列)- 投稿スラッグ。
  • page_id (整数)- ページID。
  • pagename (文字列)- ページのスラッグ。
  • showposts (整数)- 出力する記事の数。

日時引数

それぞれ、その日時の間に投稿された記事を取得する。マイナスの値は無効。

  • hour (整数)
  • minute (整数)
  • second (整数)
  • day (整数)
  • monthnum (整数)
  • year (整数)

ページ引数

  • paged (整数)- インデックスや月別・カテゴリー別アーカイブページが複数ページにわたる場合の、表示するページ数を指定。
  • posts_per_page (整数)- 1ページに出力する記事数。-1の場合すべての記事を出力。
  • order (asc/desc)- 取得したページの並び順。デフォルト値は「desc」。

オフセット引数

  • offset (整数)- 取得記事の先頭からスキップする記事数を指定。

並び替え引数

  • orderby (author, date, category, title, modified, modified, menu_order, parent, ID, rand)
  • コード記述例:
<?php if (have_posts()) :  query_posts('&posts_per_page=5&category=1,3&monthnum=5&year=2006');  ?>
  <?php while (have_posts()) : the_post(); ?>
    <h2><?php the_title(); ?></h2>
<?php endwhile; endif; ?>
  • 出力例:

2006年4月に投稿された、カテゴリーID1と3の記事タイトルを1ページに5件ずつ表示。 (コードは省略)