当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

テンプレートタグ/network home url

提供: WordPress Codex 日本語版
< テンプレートタグ
2018年3月2日 (金) 21:36時点におけるGblsm (トーク | 投稿記録)による版 (テンプレートタグ/home_url 2018年3月2日 (金) 12:28 Gblsm 版の変更内容をマージ。)

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

説明

network_home_url テンプレートタグは、現在のサイトネットワークのホーム URL を返します。オプションで引数 $path の内容を付加して返すこともできます。この関数は適切なプロトコルを判定します。is_ssl() /en が有効な場合は "https"、それ以外の場合は "http" です。引数 $scheme"http""https" を指定すると、is_ssl() による判定は無視されます。

ネットワークの作成 をしていない場合は、代わりに home_url() を使ってください。

使い方

<?php network_home_url( $path, $scheme ); ?>

パラメータ

$path
文字列) (オプション) ホーム URL からの相対パス。
初期値: なし
$scheme
文字列) (オプション) ホーム URL にコンテキストを与えるスキーム。現在利用できるのは "http""https""relative"(相対パス)。
初期値: null

戻り値

(文字列) 
オプションの引数 $path の値を付加したホーム URL。

用例

$url = network_home_url();
echo esc_url( $url );

出力: http://www.example.com

(最後のスラッシュがないことに注意してください)

$url = network_home_url( '/' );
echo esc_url( $url );

出力: http://www.example.com/

$url = network_home_url( '/', 'https' );
echo esc_url( $url );

出力: https://www.example.com/

$url = network_home_url( 'example', 'relative' );
echo esc_url( $url );

出力: /example

参考

変更履歴

  • 3.0.0 : 新規導入。

ソースファイル

network_home_url()wp-includes/link-template.php にあります。

関連項目

WordPress ディレクトリ:
home_url() ホーム URL http://www.example.com
site_url() サイトディレクトリ URL http://www.example.com または http://www.example.com/wordpress
admin_url() 管理画面ディレクトリ URL http://www.example.com/wp-admin
includes_url() /en インクルードディレクトリ URL http://www.example.com/wp-includes
content_url() /en コンテンツディレクトリ URL http://www.example.com/wp-content
plugins_url() /en プラグインディレクトリ URL http://www.example.com/wp-content/plugins
wp_upload_dir() /en アップロードディレクトリ URL (配列を返す) http://www.example.com/wp-content/uploads


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/network_home_url最新版との差分