当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「テンプレートタグ/get attachment link」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(和訳をクリーンアップ。原文リンクを修正。言語間リンクを追記。)
 
(同じ利用者による、間の2版が非表示)
2行目: 2行目:
 
== 説明 ==
 
== 説明 ==
 
</div>
 
</div>
[[Templates_Hierarchy#Attachment_display|添付ページ]]の URI を返す関数。
+
[[Templates_Hierarchy#Attachment_display|個別添付ファイルページ]]の URI を返します。
  
 
<div id="Usage">
 
<div id="Usage">
8行目: 8行目:
 
</div>
 
</div>
  
  <?php $attachment_page = get_attachment_link($id); ?>
+
  <?php get_attachment_link( $id ); ?>
  
 
<div id="Parameters">
 
<div id="Parameters">
 
== パラメータ ==
 
== パラメータ ==
 
</div>
 
</div>
{{Parameter|$id|整数|[[Using_Image_and_File_Attachments|添付]]のID|optional|[[ループ]]内で使われる場合は現状の投稿ID}}
+
 
 +
{{Parameter|$id|整数|[[Using_Image_and_File_Attachments|添付ファイル]](メディア)の ID。|オプション|[[ループ]]内で使われる場合は現在の投稿の ID。}}
  
 
<div id="Examples">
 
<div id="Examples">
19行目: 20行目:
 
</div>
 
</div>
  
<div id="Default_usage">
+
<div id="Default_Usage">
 
=== デフォルトの使い方 ===
 
=== デフォルトの使い方 ===
 
</div>
 
</div>
タグはパーマリンクを表示しないので、この例ではPHPの <tt>echo</tt> コマンドを使用します。
 
  
<pre><?php  
+
この関数はパーマリンクを表示しないので、この例では PHPの <tt>echo</tt> コマンドを使用します。
 +
 
 +
<pre>
 +
<?php  
 
$attachment_id = 1; // 添付のID
 
$attachment_id = 1; // 添付のID
 
$attachment_page = get_attachment_link( $attachment_id );  
 
$attachment_page = get_attachment_link( $attachment_id );  
 
?>
 
?>
<a href="<?php echo $attachment_page; ?>"><?php echo get_the_title( $attachment_id ); ?></a></pre>
+
<a href="<?php echo $attachment_page; ?>"><?php echo get_the_title( $attachment_id ); ?></a>
 +
</pre>
  
<div id="Display attached images and titles as a list">
+
<div id="Display_attached_images_and_titles_as_a_list">
=== 添付イメージとタイトルをリストとして表示させる ===
+
=== 添付イメージとタイトルをリストとして表示 ===
 
</div>
 
</div>
特定のページに貼られた画像を表示し、それを箇条書きで表示させるには以下を用います。
 
  
<pre><ul>
+
特定のページに添付された画像を箇条書きで表示するには以下の例を用います。
 +
 
 +
<pre>
 +
<ul>
 
<?php if ( have_posts() ) : while ( have_posts() ) : the_post();     
 
<?php if ( have_posts() ) : while ( have_posts() ) : the_post();     
  
$args = array(
+
  $args = array(
  'post_type' => 'attachment',
+
    'post_type' => 'attachment',
  'numberposts' => -1,
+
    'numberposts' => -1,
  'post_status' => null,
+
    'post_status' => null,
  'post_parent' => $post->ID
+
    'post_parent' => $post->ID
 
   );
 
   );
  
 
   $attachments = get_posts( $args );
 
   $attachments = get_posts( $args );
    if ( $attachments ) {
+
    if ( $attachments ) {
        foreach ( $attachments as $attachment ) {
+
      foreach ( $attachments as $attachment ) {
          echo '<li>';
+
        echo '<li>';
          the_attachment_link( $attachment->ID, true );
+
        the_attachment_link( $attachment->ID, true );
          echo '<p>';
+
        echo '<p>';
          echo apply_filters( 'the_title', $attachment->post_title );
+
        echo apply_filters( 'the_title', $attachment->post_title );
          echo '</p></li>';
+
        echo '</p></li>';
          }
+
      }
    }
+
    }
  
endwhile; endif; ?>
+
  endwhile; endif; ?>
</ul></pre>
+
</ul>
 +
</pre>
  
 
<div id="Return_value">
 
<div id="Return_value">
 
== 戻り値 ==
 
== 戻り値 ==
 
</div>
 
</div>
[[Using_Permalinks#mod_rewrite:_.22Pretty_Permalinks.22|"pretty" なパーマリンク構造]]では、関数は以下の様な形式を返します。
+
 
 +
[[Using_Permalinks#mod_rewrite:_.22Pretty_Permalinks.22|"pretty" なパーマリンク構造]]の場合、この関数は以下の様な形式を返します。
 
* <tt><nowiki>http://wp.example.net</nowiki>/<var>path_to_post</var>/<var>post_name</var>/<var>attachment_name</var></tt>
 
* <tt><nowiki>http://wp.example.net</nowiki>/<var>path_to_post</var>/<var>post_name</var>/<var>attachment_name</var></tt>
  
[Using_Permalinks#Default:_.22Ugly.22|デフォルトの "Ugly" なパーマリンク構造]]、もしくはWordPressが "pretty" なURIを作ることが出来なかった場合、関数は以下の様な形式を返します。
+
[[Using_Permalinks#Default:_.22Ugly.22|デフォルトの "Ugly" なパーマリンク構造]]、もしくは WordPress が "pretty" な URI を作れなかった場合、この関数は以下の様な形式を返します。この時、<var>n</var> は添付ファイルの ID を表します。
 
* <tt><nowiki>http://wp.example.net</nowiki>/?attachment_id=<var>n</var></tt>
 
* <tt><nowiki>http://wp.example.net</nowiki>/?attachment_id=<var>n</var></tt>
 
この時、 <var>n</var> は添付のIDを表します。
 
  
 
<div id="Notes">
 
<div id="Notes">
74行目: 80行目:
 
</div>
 
</div>
  
この関数の出力は <tt>[[Plugin_API/Filter_Reference#リンク関連のフィルター|attachment_link]]</tt> フィルターを通して変更することができます。
+
この関数の出力は <tt>[[Plugin_API/Filter_Reference#リンク関連のフィルター|'attachment_link']]</tt> フィルターを通して変更することができます。
  
添付ページの代わりに添付ファイルへの直リンクが必要な場合、<tt>[[Function_Reference/wp_get_attachment_url|wp_get_attachment_url]](<var>id</var>)</tt> をを用いてください。
+
添付ファイルへの直リンクが(個別添付ファイルページの代わりに)必要な場合、<tt>[[関数リファレンス/wp_get_attachment_url|wp_get_attachment_url]]( <var>id</var> )</tt> をを用いてください。
  
'''注''': <tt>[[Function_Reference/wp_get_attachment_link|wp_get_attachment_link()]]</tt> がHTMLのハイパーリンクを返すのに対して、<tt>get_attachment_link</tt> はURIを返します。
+
'''注''': <tt>[[テンプレートタグ/wp_get_attachment_link|wp_get_attachment_link()]]</tt> が HTML のハイパーリンクを返すのに対して、<tt>get_attachment_link</tt> は URI を返します。
 +
 
 +
<div id="Change_Log">
 +
== 変更履歴 ==
 +
</div>
 +
 
 +
* [[Version 2.0|2.0]] : 新規導入。
  
 
<div id="Source_file">
 
<div id="Source_file">
 
== ソースファイル ==
 
== ソースファイル ==
 
</div>
 
</div>
 +
 
<tt>get_attachment_link()</tt> は {{Trac|wp-includes/link-template.php}} にあります。
 
<tt>get_attachment_link()</tt> は {{Trac|wp-includes/link-template.php}} にあります。
 
[[Category:Attachments]]
 
[[Category:Template_Tags]]
 
  
 
<div id="Related">
 
<div id="Related">
 
== 関連資料 ==
 
== 関連資料 ==
 
</div>
 
</div>
 +
 
{{Attachment Tags}}
 
{{Attachment Tags}}
{{原文|Function Reference/get attachment link|123379}}<!-- 13:56, 25 November 2012 M0r7if3r  -->
 
  
[[Category:Attachments]]
+
{{原文|Function Reference/get attachment link|143097}}<!-- 20:52, 30 April 2014 Kitchin 版 -->
[[Category:Template_Tags]]
+
 
 +
{{DEFAULTSORT:Get_attachment_link}}
 +
[[Category:添付ファイル]]
 +
[[Category:テンプレートタグ]]
 +
 
 +
[[en:Function Reference/get attachment link]]
 +
[[it:Riferimento funzioni/get attachment link]]

2015年5月19日 (火) 23:15時点における最新版

個別添付ファイルページの URI を返します。

使い方

<?php get_attachment_link( $id ); ?>

パラメータ

$id
整数) (オプション添付ファイル(メディア)の ID。
初期値: ループ内で使われる場合は現在の投稿の ID。

用例

デフォルトの使い方

この関数はパーマリンクを表示しないので、この例では PHPの echo コマンドを使用します。

<?php 
$attachment_id = 1; // 添付のID
$attachment_page = get_attachment_link( $attachment_id ); 
?>
<a href="<?php echo $attachment_page; ?>"><?php echo get_the_title( $attachment_id ); ?></a>

添付イメージとタイトルをリストとして表示

特定のページに添付された画像を箇条書きで表示するには以下の例を用います。

<ul>
<?php if ( have_posts() ) : while ( have_posts() ) : the_post();    

  $args = array(
    'post_type' => 'attachment',
    'numberposts' => -1,
    'post_status' => null,
    'post_parent' => $post->ID
  );

  $attachments = get_posts( $args );
    if ( $attachments ) {
      foreach ( $attachments as $attachment ) {
        echo '<li>';
        the_attachment_link( $attachment->ID, true );
        echo '<p>';
        echo apply_filters( 'the_title', $attachment->post_title );
        echo '</p></li>';
      }
    }

  endwhile; endif; ?>
</ul>

戻り値

"pretty" なパーマリンク構造の場合、この関数は以下の様な形式を返します。

  • http://wp.example.net/path_to_post/post_name/attachment_name

デフォルトの "Ugly" なパーマリンク構造、もしくは WordPress が "pretty" な URI を作れなかった場合、この関数は以下の様な形式を返します。この時、n は添付ファイルの ID を表します。

  • http://wp.example.net/?attachment_id=n

注釈

この関数の出力は 'attachment_link' フィルターを通して変更することができます。

添付ファイルへの直リンクが(個別添付ファイルページの代わりに)必要な場合、wp_get_attachment_url( id ) をを用いてください。

: wp_get_attachment_link() が HTML のハイパーリンクを返すのに対して、get_attachment_link は URI を返します。

変更履歴

  • 2.0 : 新規導入。

ソースファイル

get_attachment_link()wp-includes/link-template.php にあります。

添付ファイル関数: get_children(), get attached media(), the_attachment_link(), get_attachment_link(), wp_get_attachment_link(), wp_get_attachment_image(), wp_get_attachment_image_src(), wp_get_attachment_url(), wp_get_attachment_thumb_file(), wp_get_attachment_thumb_url(), is_attachment(), wp_get_attachment_metadata()


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/get attachment link最新版との差分