• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

WordPress コーディング規約

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索

注意: この記事は「Core Contributor Handbook」の「WordPress Coding Standards」(2016年12月25日時点)の訳です。
最新版については英語版を参照してください。

WordPress コーディング規約は、WordPress オープンソースプロジェクトおよび WordPress コミュニティでのコラボレーションやレビューのベースラインです。その適用範囲はコアコードからテーマ、プラグインに至ります。

WordPress コーディング規約は WordPress コミュニティにより開発され、「Core Contributor Handbook」の一部です。この規約は開発者やコアコントリビューターが遵守すべきベストプラクティスから構成されます。

なぜコーディング規約があるのか?

コーディング規約は、一般的なコーディングミスを減らし、コードの可読性を向上し、変更を簡単にします。規約に従うことでプロジェクト内のすべてのファイルは、一人のプログラマーが開発したかのように見えます。

その結果、いつ、誰がコードを作成したかによらず、誰もがコードを理解し、必要に応じて変更できるようになります。

WordPress コアへのコントリビュートを考えている場合は、まずこの規約に親しんでください。作成するすべてのコードは規約に従う必要があります。

言語ごとのコーディング規約

アクセシビリティ標準

WordPress はすべての新規コード、修正コードにおいて「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG)」の level AA 達成をコミットしています。パッチやプラグインの作成時に注意すべき一般的なアクセシビリティの問題について簡単なガイドを作成しましたので参照してください。


インラインドキュメント規約


最新英語版: Core Contributor Handbook > WordPress Coding Standards