• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

cPanel の使い方

提供: WordPress Codex 日本語版
Using cPanelから転送)
移動先: 案内検索

このチュートリアルでは 「cPanle MySQL データベースウィザード」を使用したデータベースおよびデータベースユーザーの作成手順を紹介します。

サイトにログインする

ホスティング会社から提供された情報を使用して、管理パネル (cPanel) にログインします。


MySQL データベースウィザード

「データベース」セクションの中の「MySQL データベースウィザード」アイコンをクリックします。

MySQL データベースウィザードアイコン


ステップ1. データベースを作成する

ウィザードの最初のステップはデータベースの作成です。データベースに名前を付けるだけですが、実際のデータベース名には先頭にアカウント名が付きます。この例では「次のステップ」をクリックするとデータベース「michaelh_demowp」が作成されます。

ステップ1. データベースを作成する


ステップ2. データベースユーザーの作成

ウィザードの次のステップではデータベースユーザーを作成しパスワードを割り当てます。パスワードを入力する際は「セキュリティ強度」が「非常に強い」パスワードを選択してください。またパスワードはあとで必要になりますのでメモしてください。 この例では「ユーザ名」ボックスにユーザー名「dbuser」を入力していますが、「ユーザの作成」をクリックすると、データベースユーザーの完全名は「michaelh_dbuser」になります。

ステップ2. データベースユーザーの作成


ステップ3. ユーザーをデータベースに追加する

ステップ3ではデータベースにユーザーを割り当て、必要なデータベース特権を付与します。ここでは「すべての特権」オプションをオンにして「次のステップ」をクリックし、データベースユーザーにすべての特権を付与します。

ステップ3. ユーザーをデータベースに追加する


ステップ4. タスクを完了する

このステップではデータベースにユーザーが追加されたことが通知されます。これでデータベースの作成、ユーザーの作成、特権の付与は正常に完了しました。

ステップ4. タスクを完了する


WordPress 構成ファイルの編集

テキストエディタを使用してファイル「wp-config-sample.php」を開きます。 このファイルでは4か所を編集する必要があります。コメントの文章など以下の例と実際は異なっている場合があります。

// ** MySQL settings - You can get this info from your web host ** //
/** The name of the database for WordPress */
define('DB_NAME', 'michaelh_demowp');

/** MySQL database username */
define('DB_USER', 'michaelh_dbuser');

/** MySQL database password */
define('DB_PASSWORD', 'abc.123.!@#');

/** MySQL hostname */
define('DB_HOST', 'localhost');

注意: cPanel により、データベース名とデータベースユーザー名に接頭辞「michaelh_」が付けられます。また cPanel ホストのほとんどの「DB_HOST」値は「localhost」です。

重要!!!! 編集したファイルは「wp-config.php」と名前を変更して保存してください。


インストールのつづき

データベースとユーザーを作成し、ユーザーをデータベースに関連付け、適切な権限を付与しました。またデータベース情報で wp-config.php を更新しました。次に 「WordPress インストール」の手順4 に進むことができます。


最新英語版: WordPress Codex » Using cPanel最新版との差分