• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

テーマレビュー

提供: WordPress Codex 日本語版
Theme Reviewから転送)
移動先: 案内検索

このページ「テーマレビュー」は未翻訳です。和訳や日本語情報を加筆してくださる協力者を求めています

テーマレビュー

最終改訂日: 2010年11月14日

WordPressテーマディレクトリには、誰でもGPLまたは互換ライセンスのWordPressテーマを登録できます。新しいテーマは、公開する前にWordPressコミュニティのメンバーによって点検されます。このページでは、登録されたテーマの評価の過程と範囲、テーマ審査員向けガイドライン(指針)について説明します。

各バージョンの変更点

WordPressの各新バージョンの公開により、テーマ審査工程が更新されます。新たに登録されたテーマの最新WordPress特性・機能対応を確実にするには、WordPress新バージョンの一箇月以降に登録されるテーマは全て、更新後の審査基準に対応していなければなりません。

WordPressバージョン別テーマ審査基準変更点の一覧を参照してください。

テーマ審査工程と範囲

テーマディレクトリには、GPLまたは互換ライセンスのWordPressテーマを登録できます。テーマはWordPressコミュニティのメンバーによって、最新のWeb標準とWordPressの標準に準拠した品質が保障されます。

  • テーマを公開する準備ができたら、アップロードページよりテーマファイルをアップロードします。アップロードする前に ガイドラインテーマユニットテストを満たしていることを確認してください。、またテーマレビューチームによって使用される次のツールを使用して、テーマをチェックしてください。:
  • アップロードしたテーマは、基本的な要件を満たしているかどうか自動的にチェックされます。
  • テーマファイルが受理された場合は、テーマ作者にそのむね自動メールが届きます。
  • 受理されたしたテーマは、テーマレビューのTracシステムのチケットが割り当てられ審査待ちとなります。
  • テーマは次の観点で審査が行われます。
  • テーマレビューの目的はテーマが機能するか、技術的な問題がないか、使いやすいか、 テーマの開発基準を満たしているかです。
  • テーマレビューアは随時フィードバックを行いますので、テーマ作者はそのたびにテーマを修正し提出します。
  • テーマ承認のため、テーマレビューアよりフィードバックや質問が送られることもあります。
  • テーマ作者は、最初にテーマをアップロードしたアップロードページよりテーマの修正を提出します。
  • テーマが承認されない場合は、修正して再提出する必要があります。

質問や提案がある場合は、 お問い合わせより質問することができます。貢献に感謝します!

Responding to a Review

A theme will be held for approval until items listed as Required are addressed. Once these issues have been resolved, please re-submit your Theme using the uploader tool, a new Trac ticket will be generated. Also note, re-submitted Themes are given priority over newly submitted Themes to help speed up the process and to ensure timely updates are available to end-users.

Theme developer questions, comments, and feedback are always welcome ... and encouraged!
Please use one of the following methods:

  • Leave a comment on the appropriate Trac ticket(s) related to the Theme;
  • Email the theme-reviewers email list (you may need to join first); or,
  • Use the #wordpress-themes channel on irc.freenode.net where you can find the Theme Review team.

ガイドライン(指針)

  • テーマ登録時点における最新のガイドラインを満たす必要があります。
  • ガイドラインはWordPressのメジャーバージョン公開後に更新されます。

コード品質

WordPressテーマの標準的な書き方や最良の方法については、テーマ開発およびWordPressコーディング基準CSSコーディング基準/enサイトのデザインとレイアウトを見直してください。

  • テーマは、通知・警告・エラーがないこと、非推奨(廃止予定の)関数が使われていないことが必須です。以下の手法の一つを用いてテストしてください。
  • 広く認められている最新(現行?)バージョンの(X)HTMLおよびCSSを利用することが必須です。(訳注: 翻訳が間違っているかもしれません。原文 "current recognized version(s) of (X)HTML and CSS")
  • JavaScriptエラーが発生しないことが必須です。
  • 有効なHTMLドキュメント HEAD が必須です。
    • 有効なDOCTYPE宣言
    • <html> タグに language_attributes() が入っていること
    • <head> タグ内の正しいXFNプロファイルリンク: <head profile="http://gmpg.org/xfn/11"> (Exception: Wholly HTML 5 themes must not have the profile, as HTML 5 does not support it.)
    • 正しい content-type メタ宣言: <title> タグの前で <meta http-equiv="Content-Type" content="<?php bloginfo('html_type'); ?>; charset=<?php bloginfo('charset'); ?>" /> または <meta charset=<?php bloginfo('charset'); ?> 宣言
    • 題名と説明用に <title> 内に bloginfo() が入っていること(必要に応じて)

機能

テーマに以下の本体機能を組み込むことが必須です。

テーマに以下の本体機能を組み込むことが推奨されますが、必須ではありません。ただし、組み込む場合にはWordPress本体の実装に対応しなければなりません。

テンプレートタグおよびフック

テーマで使うテンプレートタグおよびフックを適切に実装することが必須です。

次のテンプレートタグおよびフックは、適切な位置に入れることが必須です。

ファイルの読み込み

  • テーマに組み込む場合、標準テンプレートファイルを正しいテンプレートタグを用いて呼び出すことが必須です。下記テーマテンプレートファイル節も参照のこと。
  • If incorporated into the Theme, custom template files are required to be called using get_template_part()
  • Legacy Theme Support
    • Themes are required to include all template files called within the Theme, rather than relying upon legacy Theme support. If a Theme uses any of the following functions, it is required to include the appropriate template file:
      • get_footer(): footer.php
      • get_header(): header.php
      • get_sidebar(): sidebar.php
  • include( TEMPLATEPATH . '/file.php' ) should not be used to call Theme template part files unless absolutely necessary.

サイト情報

テーマに組み込む場合、サイト情報を正しいテンプレートタグを用いて呼び出すことが必須です。
(Note: this section is currently being drafted. Consider it as such until this notice is removed. - 20 Oct 2010)

  • get_option( 'home' ) は使用できません。替わりに home_url() を使うこと。
  • get_option( 'site_url' ) は使用できません。替わりに site_url() を使うこと。
    • see Trac Ticket #9008 for additional information related to this use of get_option() versus *_url

(This list is not exhaustive. Refer to bloginfo() for the full list)

WordPress定義CSSクラス

注: この節は草稿中です。 Consider it as such until this notice is removed.
以下のWordPress定義CSSクラス最新)または同様の要素への対応が必須です。

  • 配置クラス:
    • .aligncenter
    • .alignleft
    • .alignright
  • キャプション関連クラス:
    (画像などの説明文)
    • .wp-caption
    • .wp-caption-text
    • .gallery-caption

WordPressが生成する次のクラスに対応することが推奨されます。

  • 投稿クラス:
    • .sticky
  • コメントクラス
    • .bypostauthor

テーマテンプレートファイル

最低限、入れることが必須のもの:

  • index.php
  • comments.php
  • screenshot.png (this should be a "reasonable facsimile" of the Theme after it is initially activated with default options)
  • style.css

入れることが推奨されるもの:

  • 404.php
  • archive.php
  • footer.php
  • header.php
  • page.php
  • search.php
  • sidebar.php
    • (注) または 右記のような適切な変名: sidebar-left.php; sidebar-right.php; sidebar-footer.php 等
    • Must be included using get_sidebar()/en
  • single.php

任意のもの:

  • attachment.php
  • author.php
  • category.php
  • date.php
  • editor-style.css
  • image.php
  • tag.php

Themes are recommended to use core markup for the following forms, using the indicated template tag:

  • Login Form: Must be included using wp_login_form()
  • Search Form: Must be included using get_search_form()/en
    • Themes may optionally customize the search form, as searchform.php

登録するテーマには次のような名前のファイルを入れないことが推奨されます。However, if such files are used, Themes are required to provide end-user documentation explaining how to use them:

  • page-foobar.php
  • category-foobar.php
  • tag-foobar.php
  • taxonomy-foobar.php

注: 一般公開するテーマでこの命名法を避ける理由は、利用者が「foobar」というスラッグのページやカテゴリーを作成すると、デフォルトテンプレートではなく、予期せずこのテンプレートが適用されてしまうためです。テンプレート階層 - ページ表示を参照してください。

ライセンシング(使用許諾)

  • 利用許諾条件
    • テーマは100% GPL ライセンスまたはGPL 互換ライセンスであることが必須です。これにはすべての PHP、HTML、CSS、画像、フォント、アイコン、その他が含まれます。テーマのすべての部品が GPL 互換ライセンスでなければなりません。
    • テーマにはこれらのライセンスを明示的に記載することが必須です。以下のいずれかの方法を使ってください。
      • License または License URI ヘッダースラッグを style.css に追加する
      • license.txt ファイルをテーマに同梱する
    • 例えば、以下のようなライセンス情報を含めてください。
License: GNU General Public License v2.0
License URI: http://www.gnu.org/licenses/gpl-2.0.html

テーマ名

Theme Name Guidelines are required for new Themes, and recommended for existing Themes.

  • Themes are not to use WordPress in their name. For example My WordPress Theme, WordPress AwesomeSauce, and AwesomeSauce for WordPress would not be accepted. After all, this is the WordPress Theme repository.
    • Themes are not to use the term Theme in their name, such as: AwesomeSauce Theme. Same reason as above ... it's a Theme repository.
    • Themes may use the WP acronym in the Theme name, such as WP AwesomeSauce.
  • Themes are not to use version-specific, markup-related terms (e.g. HTML5, CSS3, etc.) in their name.
  • Themes are not to use Theme author/developer credit text in their name. For example AwesomeSauce by John Q. Developer (makes for a much better credit link); or, SEO/spam-seeded text, such as: AwesomeSauce by Awesome Free WP Themes (this is just not going to pass).

Also note, theme names as defined in the style.css header block will be used as the theme slug in the WordPress Extend Theme repository. All names will be turned to lower case and spaces will be replaced with hyphens. For example: 'CamelCase Name' would be 'camelcase-name'.

クレジットリンク

  • Themes may optionally designate Author URI and Theme URI in style.css.
    • Theme URI, if used, is required to link to a page specifically related to the Theme.
    • Author URI, if used, is required to link to an author's personal web site or project/development website.
    • Themes are recommended to provide at least one of these two links, in order to ensure Theme users have a point of contact for the Theme developer.
  • Themes may optionally include a public-facing credit link in the Theme footer.
    • If used, Themes are required to include no more than one such footer credit link.
    • Credit link, if used, is required to use either Theme URI or Author URI.
    • Credit link anchor text and title are required to be relevant and appropriate with respect to the linked site. Spam or SEO-seeded anchor text and titles may subject Themes to automatic rejection.
  • Themes may optionally include a Theme Option to display additional credit links or text.
    Note: this section is currently being drafted. Consider it as such until this notice is removed.
    • If used, such options are required to be opt-in (i.e. disabled by default, rather than enabled)
    • If used, such options are recommended to provide user-modifiable text/links, rather than merely providing an enable/disable option
    • In general, such opt-in credit text/links are exempted from above-listed requirements regarding relevance and appropriateness. However, the Theme Review team reserves the right to prohibit such optional text/links if, at its sole discretion, a Theme abuses this option.
  • Since Themes are GPL (or compatible), Theme authors are prohibited from requiring that these links be kept by Theme users. An appropriate way to ask for Theme users to keep a link to the author's website is as follows: "It is completely optional, but if you like the Theme I would appreciate it if you keep the credit link at the bottom."
  • Any exception to these requirements must be approved by the Theme Review team.

テーマ説明書

Please be clear about the following in your Theme documentation (a README file included with your Theme helps many users over any potential stumbling blocks):

  1. Indicate precisely what your Theme and template files will achieve.
  2. Adhere to the naming conventions of the standard Theme hierarchy.
  3. Indicate deficiencies in your Themes, if any.
  4. Clearly reference any special modifications in comments/en within the template and stylesheet files. Add comments to modifications, template sections, and CSS styles, especially those which cross template files.
  5. If you have any special requirements, which may include custom Rewrite Rules, or the use of some additional, special templates, images or files, please explicitly state the steps of action a user should take to get your Theme working.
  6. Provide contact information (website or email), if possible, for support information and questions.

テーマ単体テスト

テーマ単体テストの要件を満たさなければいけません。

テーマの旧式化

  • 一旦登録したら最新に保たなければいけません。
  • Any Theme not updated to the current theme review process as of the most recent release of WordPress may be subject to temporary suspension.

テーマ審査員になるには

テーマのレビューになりたいですか?それは素晴らしい!チームは誰にでも開かれていて、あなたは以下の手順を実行し、簡単に始めることができます。

  1. トラックへアクセスしてください。すべてのテーマはトラック(themes.trac.wordpress.org)にあります。WordPress.orgのユーザーアカウントを利用して、これにアクセスします。
  2. Slackに参加してください。chat.wordpress.orgを訪れてWordPress.orgのユーザーアカウントで参加登録してください。テーマレビューチームの #themereview チャンネルに参加することができます。全ての会議はSlackで行われ、少なくとも毎週1回、水曜日の3:00に全てのレビュワーにアドバイスします。
  3. make.wordpress.org/themesを購読します。このブログを購読することでチームの更新を受け取ることができます。
  4. テスト環境をセットアップします。
    • まずはテスト環境をインストールします。setting up VVV のインストールをおすすめしますが必須ではありません、任意のWordPressテスト環境を選んでください。
    • インストール中にtheme unit test dataをインポートします。これは、あなたがテストを実行するために必要な全てのコンテンツを提供します。
    • wp-config.phpWP_DEBUG'true'にセットします。
    • 以下のプラグインをインストールします(注:全てのプラグインは開発プラグインを介してインストールできます)
  5. テーマが承認されるために満たすべき要件「the requirements」を読んでください。
  6. このページ」の左上ある“Request a theme to review button”をクリックします。これでトラックからテーマを割り当てられます。
  7. テーマレビューが初めての場合メンターが割り当てられます。
  8. レビューを行います!workflow hereでワークフローの例を見つけることができます。
  9. 割り当てられたテーマのレビューが終了したらトラックに投稿します。メンターはそれを検討します。
  10. あなたのレビューに応じてテーマ作者が修正を加えられるように、チケットを開いたままにしておきましょう。
  11. プロセスとガイドラインに適したレビューが十分に完了したら、あなたは「レビュアー」グループに追加され、自分自身で割り当てたりチケットを閉じることができるようになります。

資料

役立つCodexリンク集

コード検証リンク集

PHP/WordPress検証ツール

最新英語版: WordPress Codex » Theme Review最新版との差分