• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

リビジョン管理

提供: WordPress Codex 日本語版
Revision Managementから転送)
移動先: 案内検索

WordPress のリビジョンシステムは、保存された下書きまたは公開済み投稿それぞれの更新記録を保存します。リビジョンシステムではスライダーをドラッグするか、「前へ」「次へ」のボタンをクリックすることで、各リビジョンでの変更箇所を参照できます。各リビジョンで追加・保持・削除された内容といった変更箇所が表示されます。追加や削除された行はハイライトされ、各文字レベルの変更はさらにハイライトされます。「このリビジョンを復元」ボタンを押すことで、そのリビジョンへ復元されます。

リビジョンページには「2つのリビジョンを比較」するモードがあり、2つの任意なリビジョンを比較できます。このモードではスライダーに2つのハンドルがあり、1つは比較元、もう1つは比較先のリビジョンをそれぞれ指定できます。また、ハンドルをドラッグすることで、2つの任意なリビジョンを指定できます。

注: 「このリビジョンを復元」するボタンを使うと、常に比較先のリビジョンへの復元を実行します

リビジョンへの復元を実行せずに投稿の編集画面に戻る場合は、ページトップにある投稿タイトルのリンクをクリックしてください。

自動保存

投稿ごとの自動保存は最大一つまでとなっています。新規自動保存は、以前の自動保存投稿を上書きします。つまり60秒ごとにデータベーステーブルが肥大していくわけではない、ということです。マルチユーザー設定がされている場合、自動保存はユーザーごとに実行されます。

自動保存はすべての投稿とページに有効化されていますが、公開済みのコンテンツが自動で入れ替えられることはありません。自動保存コンテンツは特別な種類の投稿履歴(リビジョン)として保存されますが、実際の投稿を上書きするわけではありません。実際、停電が起きたり、ブラウザーがクラッシュしたり、インターネット接続が切れてしまった場合、編集中だった投稿に戻ると投稿のバックアップがある旨と、そのバックアップを復元するためのリンクとが表示されます。リビジョンをレビューしている時、自動保存は明示されます。

投稿履歴設定

WordPressがデータベースに保存するリビジョンの数を制限します。

開発者は wp_revisions_to_keep フィルターを使うことにより、投稿ごとにいくつのリビジョンを保持するか簡単に決めることができます。

一方で、wp-config.php で制限を設定することもできます。

define( 'WP_POST_REVISIONS', 3 );

WP_POST_REVISIONS:

  • true(デフォルト), -1: すべての履歴を保存
  • false, 0: 履歴をまったく保存しない(各投稿1つの自動保存を除く)
  • 1以上の整数: 各投稿につき、指定された数の履歴(プラス自動保存1つ)を保存する。古い履歴は自動的に削除される。

投稿履歴の保存方法

投稿履歴はデータベースの posts テーブルに保存されています。

履歴は元となる投稿の「子」投稿として保存されます(添付ファイルと同様)。これらは、inherit という post_status、 revision という post_type になります。そして通常の履歴は {親投稿 ID}-revision(-#)(例 119-revision-3)自動保存は {parent ID}-autosave(例 119-autosave)という post_name になります。

デフォルトでは、WordPress はタイトル、作成者、コンテンツ、概要の履歴を保存します。

投稿履歴管理

削除: 履歴を削除する API 関数はありますが、UI はありません。もちろんこれは変更可能です。

レンダリング済みの履歴表示

現状、リビジョンを比較した「差分 - diffs」はテキストまたは HTML 表示としてレンダリングされます。ここで提案されているフィルターを用いることで、差分のエンコーディングやレンダリングをカスタマイズが可能になります。(詳しくは、Tracチケット #24908 を参照してください。)

改訂履歴

  • 3.6 : リビジョン管理画面が一新。比較用のスライダーなどが導入されました。
  • 2.6 :
  • 2.5 :


最新英語版: WordPress Codex » Revision Management最新版との差分