• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

ファイルの編集

提供: WordPress Codex 日本語版
Editing Filesから転送)
移動先: 案内検索

WordPress テーマ に変更を加える場合などでは WordPress のファイルを編集する必要があります。WordPress にはオンライン中にブラウザから編集できる組み込みエディタ「テーマエディタ」があります。あるいは、ファイルをコピーしてローカルコンピュータに保存し、編集後に FTP クライアントを使用してアップロードできます。

WordPress のファイルを編集する前に、以下の点に注意してください。

バックアップしてください! そして、バックアップから作業してください。 
可能であればバックアップファイルのコピーで作業してください。また変更するたびに 情報をバックアップ してください。バックアップは安全な場所に保管してください。
ファイルパーミッション 
オンラインで作業する場合、ファイルを編集し保存するには適切にファイルパーミッションを設定する必要があります。WordPress 組み込みエディタ画面の下部にメッセージ「変更を保存するには事前にこのファイルを書き込み可能にする必要があります。」 が表示される場合には、編集前にファイルパーミッションの変更が必要です。
ファイルの編集にテキストエディタを使用する 
組み込みのプラグインエディタやテーマエディタの外でファイルを編集するにはテキストエディタを使用してください。ワープロソフトを使用しないでください。 ワープロソフトは引用符を文字に変更したり、他の文字を変更したり、希望しないコードを挿入して、結果的にファイルを破壊します。同じ理由で使用できない HTML 生成プログラムもあります。

テーマエディタやプラグインエディタの使用

WordPress にはブラウザから直接テーマファイルを編集する 2つの組み込みエディタがあります。テーマエディタプラグインエディタ です。

テーマエディタにアクセスするには 管理画面 > 外観 > テーマの編集 メニューを選択してください。

プラグインエディタは 管理画面 > プラグイン > プラグイン編集 にあります。

エディタでファイルを参照するには、右側のリストからファイル名をクリックします。

テーマの編集の詳細については「テーマの作成」や「テーマの使い方」を参照してください。プラグインの編集の詳細については「プラグインの作成」や「プラグイン・リソース」を参照してください。

編集したテーマがバージョンアップされると、変更は上書きされます。変更を正しく構成しバージョンアップから保護するには子テーマを作成してください。変更は保持されます。

どのファイルが編集可能か?

WordPress 組み込みエディタのうちプラグインエディタは 書き込み可能であれば、次のファイルタイプを編集可能です。

  • HTML
  • PHP
  • CSS
  • TXT (RTF などのその他のテキスト関連ファイルを含む)

テーマエディタは PHP と CSS ファイルのみを編集できます。もちろん書き込み権限は必要です。

注意点

変更の即時反映 
WordPress エディタを使用したファイルの変更はすぐに反映されます。変更はオンラインでリアルタイムです。サイトの訪問者に対してもすぐに変更が反映されます。
変更がすぐに反映されるため、オフラインでファイルのコピーを編集、テストした上で、検証の際にファイルをアップロードする方が常に安全です。
ファイルを編集する前に、現行版のバックアップがあることを常に確認してください。
エディタ機能 
組み込みの WordPress プラグインエディタ、テーマエディタは非常に基本的なエディタで、サイト内に限定してプラグインファイルやテーマファイルに手軽にアクセスし、表示、編集できます。組み込みエディタには、検索、置換、行番号、構文ハイライト、コード補完、その他の高度な編集機能はありません。
ヒント: ビジュアルエディタ内でコードを見つけるには、ブラウザの検索機能を使用してください。
ファイルパーミッション 
組み込みの WordPress プラグインエディタやテーマエディタを使用してファイルを編集するには、ファイルを書き込み可能に設定する必要があります(最低でも 666)。ファイルのパーミッションを変更するには FTP クライアントプログラムを使用する、ホストサービス会社から提供される Web ベースのファイルマネージャを使用する、SSH (セキュアシェル) 経由で コマンドラインを使用する等の方法があります。選択可能なオプションはホストサービスから提供されるアクセスの種類によります。
間違えた? バックアップファイルを使用してください 
編集前にすべてのファイルをバックアップしてください。エラーが発生した、サイトがクラッシュした、画面が空白になった、WordPress ダッシュボードにアクセスできなくなった等のエラーが生じた場合、変更したファイルを削除し、バックアップの正常なファイルで置換してください。
バックアップがない? 編集したファイルの元のソースからオリジナルをダウンロードし、置換し、最初から始めてください。とにかく最初にバックアップしてください。
セキュリティの警告 
デフォルトでは管理者権限でログインした任意のユーザーは WordPress プラグインエディタやテーマエディタにアクセスして、サイトの任意のテーマファイルをプラグインファイルをリアルタイムに編集できます。
障害やエラー、ハッキングに対処するため WordPress テーマ内のファイルの編集機能を禁止したい場合があります。これには wp-config.php ファイルの DISALLOW_FILE_EDIT 機能を追加します。

オフラインでのファイルの編集

オフラインでファイルを編集するには、任意の推奨されるテキストエディタを使用してファイルを作成、編集し、FTP クライアント でアップロードします。ブラウザで希望どおりに変更されたかを必ず確認してください。

注意: wp-config.php 以外のコア WordPress ファイルの編集は推奨されません。変更する場合はテキストファイルにメモを残し、変更分のバックアップコピーと共に WordPress ルートディレクトリに保存し、将来の参照やアップグレードに備えてください。

テキストエディタの使用

使用すべきでないエディタ

注意: ファイルの作成や編集に標準的なワープロソフトを使用すると編集中のファイルを破壊する場合があります。なぜワープロソフトを避けるべきかの簡単な説明については「用語集」の「テキストエディタ」を参照してください。

使用すべきでないエディタ

  • Microsoft Word
  • WordPerfect
  • OpenOffice/LibreOffice
  • Apple iWork Pages
  • Microsoft Publisher
  • Microsoft Works
  • Microsoft Excel
  • Adobe Photoshop
  • Adobe Illustrator
  • Adobe Dreamweaver
  • その他の簡易 Web ページ作成ソフトウエア

Adobe DreamweaverMicrosoft FrontPage を使用する場合は次のガイドラインに注意してください。

  • Adobe Dreamweaver: ファイルを正しく動かすため、まず Dreamweaver のコンテンツを削除し、次に WordPress エディタからコンテンツをコピー後、Dreamweaver ファイル内に貼り付けてください。
  • Microsoft FrontPage: 組み込みテンプレートを使用しないでください。Internet Explorer 固有のコードを避けてください。

テキストエディタ

次のテキストエディタは、正しく WordPress ファイルを編集できます。日本語対応可能なテキストエディタの詳細については「用語集」の「テキストエディタ」を参照してください。

IDE

次の IDE は、正しく WordPress ファイルを編集できます。

最新英語版: WordPress Codex » Editing Files最新版との差分