• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

Codex:談話室

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
* 談話室は現在使っていません。WordSlackをご利用下さい。 WordSlackへの参加方法


Codex 編集ガイド

  • Tasks - 作業項目・優先度
  • 談話室 - コミュニケーション
  • sandbox - 練習場
「WordPress Codex 日本語版」 読者・編集者のみなさま、談話室へようこそ!

ここは当サイト全般にかかわる事柄について話し合う場所で、ウィキペディアでいう井戸端に当たります。編集方法の相談や日本語ドキュメンテーションに関する提案等、様々な意見交換にお使いください。書き込むにはログインが必要です。

談話室以外の話し合いの場
次の用途にはそれぞれ専用ページが用意されています。どこに書いていいか迷ったら談話室をお使いください。 :-)
  • 各ページの内容・書き振り等について → 各ページのノート(Discussion)ページ
  • 参加メンバー1人への連絡 → その利用者のノート(会話)ページ
書き込み方 
新しい話題を書き込む
「新しい話題を書き込む」をクリックするか、ページの一番下に新たな節を書き込みます(例: ==タイトル==)。タイトルは、内容を表す具体的な名前にしましょう。
返信を書き込む
行頭に ::: をつけてインデントします。
末尾には署名を
編集欄の上に並んだボタンの右端から2番目「時刻付きの署名」をクリックするか、~~~~ と入力しておくと、投稿時に署名に置き換わります。プレビューで確認できます。
過去ログ:
談話室/過去ログ/2008年4月~5月(暫定サイト~SF.JP 移転)談話室/過去ログ/WPJ Codex


参加者へのお知らせ

(普段はこの欄で、システム障害時などは日本語フォーラムからご連絡します(フィードでまとめ読み))

ログイン情報の統合
英語版Codexとその他のWordPress.orgサイト(フォーラム等)のログイン情報が統合されました。詳しくは WordPress › フォーラム » WordPress.org(フォーラム等)と英語版Codexのログイン情報統合をご覧ください。

» 以前のお知らせ


ドキュメントの利用許諾条件

英語版 Codex は GPL です。WPJ Codex は「GNU FDL(GFDL)」表記がありました。新サイトも公開前にライセンス表記を整えておいた方がいいと思うのですけれど、この二つの関係がよく分かっていません。「GPL のドキュメント」=「GFDL」 だったりするのでしょうか。 新サイトはどうしたらいいでしょう。。

参考:

内容的には同じで、プログラム向け(GPL)か文書向け(GFDL)かの違いだと思うので、GFDLに一票 --Tai 2008年4月18日 (金) 13:22 (UTC)
GPL って(一旦公開したら変更不可とか)厳しいイメージがあるのですけど、日本語版を GFDL にしていいかどうか英語版 Codex 側に確認した方がいいでしょうか?あるいは、WPJ Codex の時代に了解をもらったりしているのかな。。 --ぼの 2008年5月12日 (月) 22:03 (UTC)
GPL と GFDL は、根本の精神は同じなのですが、条文がだいぶ違うので運用も変わってきます。Codex の管理者に許可を得れば、元のライセンス (GPL) に関係なく別ライセンスを使えるので、どちらでもいいと思います。WPJ Codex も然りですね。新たにライセンスを設定できるならば、CC-by-sa 3.0 などの方が使いやすいと思います。ゆりこ 2008年5月14日 (水) 17:48 (UTC)

(インデント戻します)
wp-docs メーリングリストでも話題に上がっていました。
[wp-docs] Codex license: CC better than GPL? (2008-02-26)
知りたいことが書いてありそうなのですが、英語なのでついていけません。。(;_;) どなたか要旨を教えていただけないでしょうか。 --ぼの(会話) 2008年11月27日 (木) 10:04 (UTC)

こんな感じかと思います。私もまだまだですので、参考程度にお読みください。


みなさん、どうも。

私は、CodexがGPLのもとにあることを不思議に思います。同じような質問がこのML(訳注:MLであると思われる)で 議論されたのを覚えています。しかし、私が知る限りでは、GPL対CC(訳注:クリエイティブ・コモンズ) は議論されていません。さらに、WordPress自身と同じライセンスに対応するため、GPLを選ぶ もっと良い理由があるように思います。

とにかく、私はGPLのようなコードライセンスが、文書化作業に向いているとは思いません。 (明らかであると思ったので、いちいち説明しませんが、もちろん私たちは議論するに違いありません。 また、Web上で多くの関連議論を見つけられます。)

私の意見としては、CC-BY-SA(訳注:クリエイティブ・コモンズ 表示-継承)が、GPLのねらいと同等であると思います。 そしてまた、WordPress Codexのような作業にとって、正確かつ明確という点でより良いでしょう。

それゆえに、私はCodexをCC-BY-SAとしてリライセンスすることを提案します。もちろん、 1人が簡単に人の作業をリライセンスすることは無理でしょうから、編集に積極的なすべての執筆者が それに賛成し、反対する者の執筆は削除することになります。

それでも、可能であると思います。ウィキペディア自身もGFDLとして完全に定着したと彼らが思うまでに、 同じような問題を抱えていました。そして、私が知る限り、ウィキメディア(訳注:ウィキメディア財団) はライセンスのアップデートを行えるようにしたにもかかわらず、事実としてウィキペディアはCodexよりも 多くの執筆者を抱えています。

http://en.wikipedia.org/wiki/Wikipedia#Content_and_internal_structure http://wikimediafoundation.org/wiki/Resolution:License_update

特に頻繁に執筆を行う方々、このことについてどうお考えですか?

注意:私は法律家ではありません。私は著作権関連法律については 大変よく知られているにもかかわらず、すべてにおいて専門家であるわけではありません。

ところで、なぜこれを提案するか不思議に思う方もいらっしゃるでしょう。理由は、 私たちは新規にドイツ語の文書化プロジェクトを立ち上げており、GPLが、アメリカに比べて他国の法律において、 翻訳のしやすさと互換性が非常に悪いからです。

敬具

アレックス


うーむ…だいぶこんがらがったなあ。--Kazuki Ashiya 2009年1月18日 (日) 08:55 (UTC)

Kazuki Ashiyaさん、ありがとうございます。しょっぱなからつまづいていたのですごいありがたいですー!こちらを手掛かりにがんばって続きを読んでみようと思います。
(が、さらにその先の話の流れが分かりましたら教えてやってください。。甘えてすみません(*´-`*)>みなさま。。でも自分でも読んでみます!) --ぼの(会話) 2009年1月21日 (水) 09:26 (UTC)
その後の流れ
賛否両論出ており、CC とのデュアルライセンスという話も出ていましたが、結局コア開発者(Lloyd/Matt)の意見もあり GPL のままに落ち着いているようです。
以下、 Matt のレスの訳:
「もともとの意図を考えてみると、(Codex の)翻訳を Codex と WordPress 自体のライセンスと同様にするのは、Codex の最終的なゴールに一致していると思う。
そのゴールとは、WordPress 自体と同じ利用条件で、大量のドキュメンテーションを利用できるようにすることだ。
そして、必要ならドキュメンテーションを WordPress に直接含めて一緒に配布『することもできる』ということ。」
--Nao 2010年1月6日 (水) 13:36 (UTC)


---(ここから: Project:Tasks#セキュリティ関連 2010-02-09T09:53:22 Mizuno 版より転載)-----

Codex 日本語版のライセンスですが、アクティブに編集しているのは片手で数えられる人数くらいの人だと思うので、何らかの形で連絡をとって合意・決定するのはどうでしょう。 --Nao 2010年1月5日 (火) 04:43 (UTC)

CCBYSAで良いと思います。--Mizuno 2010年2月9日 (火) 09:53 (UTC)

---(転載ここまで)-----

上記は ぼの さんが 2010-02-28T14:33:19Z (ZはGMT/UTCの略)Codex:Tasks#セキュリティ関連 から、この談話室へ転載なさったものです。
結局、日本語版を含む Codex 各言語版の許諾条件は WordPress 本体と同じ GPL (v2 or later) に、すでに確定している、ということですよね? 違いますか?
Codex 原文(英文)およびその翻訳のライセンス(許諾条件)は GPL (v2 or later) に確定したわけですよね。ということは、すでに Codex 日本語版のライセンスは原文と同じ GPL (v2 or later) に確定しているわけです。 GPL がドキュメントに不向きであり GFDL や CC-BY (-SA) 等がより好ましいという主張も飛び交った末、結局コア開発者(Lloyd/Matt)の意見もあり、結論として Codex 原文(英語版)のライセンス (en:Codex:About) が GPL に落ち着いたわけでしょう? GPL と GFDL とは互換性ががなく GPL 著作物を利用して翻案した二次著作物を GFDL 配布すれば GPL 違反となります (そもそも GPL 互換の内容なら GFDL に存在価値はありません)。同じ理由で GPL 著作物に依拠した二次著作物を CC-BY-SA で再配布することもできません。 GPL 以外を採用するには、英語版の管理者のみならず、著作者全員の同意を得る必要があります。
この Codex 日本語版のほぼ全頁といって過言でない大部分の頁は、英語版を「翻案(翻訳や加筆修正)」した二次著作物であり、しかも、すでに公開(再配布)してしまいました。つまり GPL 著作物(英語版 Codex)を利用した公開済み二次著作物です。私たち日本語版 Codex 参加者たちのほぼ全員が、英語版 Codex の複製や和訳を投稿したり、あるいはそれらに対し加筆修正したものを投稿してきました。私たち日本語版 Codex 参加者たちの私たちの多くは、英語版 Codex をもとにして、それを和訳したり、さらに加筆修正して二次著作物を創り、それらを当「Codex 日本語版」サイトで再配布(MediaWiki の「ページを保存」ボタンをクリックして投稿)することにより、原著作物の GPL を遵守することに同意し、私たちの二次著作物を同一許諾条件とする義務を負うことに同意しました。
ごく少数ながら、英語版 Codex に依拠しない独自の頁もあり、それらは GPL に限らず独自に許諾条件を定めること可能(理論的には合法)でしょうが、ややこしくなる(日本語版 Codex の利用価値がなくなる)だけでメリットがありません。結論として、当 WordPress Codex 日本語版のライセンス(許諾条件)は GPL (v2 or later) 以外にあり得ない、と考えます。
それとも WordPress や Codex 英語版のライセンス(許諾条件)なんか守らなくてよい、彼らの勝手な考え方など尊重する必要なく、無視して私たちは独自の許諾条件を定めよう、と考えますか? --Kanjy 2014年12月10日 (水) 22:12 (JST)

用語統一について

用語統一はどのようにすればいいでしょうか。基本的には、日本語リソースで使っている表記に倣えばいいと思うんですが、日本語リソースを作ってる人以外には、細かいガイドラインがよく分かりません (SUN のガイドラインでしたっけ??)。ゆりこ 2008年5月14日 (水) 17:57 (UTC)

WP 本体に登場する語句、ドキュメントでのみ登場する語句、ME と表記が異なる場合の表記をどうするか、などの問題もありますね。意見調整・指針決めのため、試しに揺らぎ対策本部を作りました。気付いたものから書き込み・調整・決定していくのではどうでしょうか。 --ぼの 2008年5月19日 (月) 14:33 (UTC)
日本語リソース作成者が使っているガイドラインは以下になります。ご参考までに。
- リンクと資料 - WordPress 日本語版作成チーム
- WordPress 翻訳ガイドライン (スタイルガイドへのリンク、翻訳ルールなど)
by Nao 2009年10月7日 (水) 20:15 (UTC)

FTPクライアントについて

FTP_クライアントは未訳の状態なので、ここに手を着けようかと思ったのですが、これまたテキストエディターと同様「使うとマズイ」ものがあります。FFFTP のように、アスキーモードだと漢字コードを変換してしまうものは、これまた危険です (すべてのファイルをアスキーモードに設定しなければならない)。そういうノウハウでご存知のものがあれば、提示して頂けると幸いです。わたしは SFTP かつ、SSH 鍵認証しか使えない環境なので、通常の FTP 環境には詳しくありません。ゆりこ 2008年5月14日 (水) 17:57 (UTC)

各クライアントの注意事項について、FTP クライアントのページからここへリンクしておきました(表示の文言はよいように変えてください>ゆりこさん)。ここに情報を書き出していって、ドキュメントに載せられるものは反映していきましょうか。 --ぼの 2008年5月19日 (月) 14:33 (UTC)

テキストエディタについての記述

日本語フォーラムにて、wp-config.php を(おそらく)Windows の「メモ帳」で編集したためにトラブルとなった事例があったため、「テキストエディタ」についてのドキュメント上の記載を見直したいと考えています。

現在、日本語フォーラムでも情報を募集していますが、フォーラムに参加していらっしゃらない Wiki 参加者のみなさんからも、次の点についてコメントや情報をいただけませんでしょうか。

ドキュメントでの記述方法
現状
条件を満たし、実際に問題なく使えているテキストエディタの例
→ フォーラムで挙がったテキストエディタを改訂案に載せてみました。他にもありましたら教えてください。間違いの指摘やまとめ方の提案なども助かります。

--ぼの 2008年4月23日 (水) 18:37 (UTC)

用語集改訂案について、フォーラムで教えていただいた情報を元に追加・訂正しました。まだ理解できていないところがあり、さらに修正する予定です。
また、英語版 Codex に en:Editing Files というページがありました。用語集は「テキストエディタとは何か」という記述に留め、下記改訂案のような具体的な情報は en:Editing Files にまとめてもいいのかもしれません。 --ぼの 2008年4月29日 (火) 17:25 (UTC)

ドキュメントでの記述方法

現在、インストール説明やドキュメント上でテキストエディタについて触れている箇所は次のとおりです。

用語集「テキストエディタ」改訂案

日本語フォーラムの jyoshidaさんの投稿までを反映してあったドラフトを、用語集#テキストエディタへマージしました。続きの更新は用語集で行っていきます。 --ぼの(会話) 2008年11月12日 (水) 17:01 (UTC)

wp.org ドメインへの切り替え

当サイトに wp.org のサブドメインを振ってもらえないか(ja.codex.wordpress.org のように)、Naoさんが wp-docs メーリングリストで打診してくださっています。進展がありましたらお知らせします。 --ぼの 2008年5月19日 (月) 14:57 (UTC)

このドメインの話に関連して自分の考えをCodex・トーク:WordPress Codex 日本語版についてに書きました。--Shield-9 2014年2月6日 (木) 11:24 (JST)

サイトのデザイン(外装)

今のところ MediaWiki のデフォルトスキン「MonoBook」のままとしていますが、2つのスキンについても調整中です。

本サイトのデザインについてのご希望・ご意見などがありましたら、こちらに書き込んでください。MonoBook の文字サイズ変更といった小規模なことから、俺が新スキンを作ってやるぜぃ!といった大きなことまで歓迎です。(^-^) --ぼの 2008年5月21日 (水) 04:07 (UTC)

「WPdocs」

英語版スキンの相談をする前に試しに作ったスキンで、「MonoBook」を下記のようにアレンジしたものです。オプション設定の「外装」で切り替えてみてください。Windows 2000×Firefox、IE6 で動作確認しています。おかしなところ・使いにくいところなどがあれば直しますので、遠慮なく書き込んでくださいー。

  1. WP 2.5 カラー
  2. ヘッダ部分に、他の日本語サイト(ホーム、フォーラム等)へのナビゲーションメニューを追加
  3. ドキュメント横断検索窓を追加
  4. 文字サイズを大きめに
  5. 各ページ内の目次をフロート化
  6. 外部リンクに favicon 表示 (FaviconAPI の利用について、作者の jigenさんからご快諾いただきました。ありがとうございますー。(^-^))

3~6 は ps*wiki と同様です。

なかなかよいですね。気になるとすれば、ヘッダ部分のメニューでしょうか。ホームやフォーラムとメニュー構成と違っているので、メニューとして統一感がなく、クリックしたら最後、戻ってくるのが困難な気がします。これは、日本語ホームのデザインを WP 2.5 風にすれば解決する話ですが ;-)
Safari (Mac OS X) でも、とりあえず問題は出ていません。元が MonoBook だったら大丈夫でしょう。むしろ MonoBook は IE でちょっと難があったりします。ゆりこ 2008年5月23日 (金) 11:38 (UTC)
ゆりこさん、コメントありがとうございました。返信遅くなってしまってごめんなさい。データベースエラー発生時に横断検索が使えるように、暫定的にこちらをデフォルトスキンにしてみました。Mac 環境がないので、Mac Safari での状態を教えていただけてありがたかったです。(^-^)
MonoBook ベースなので、IE だと同様に難ありでしょうか。。お時間がありましたら教えてください。
> 読者・参加者のみなさま
見にくいところなどがありましたら、こちらかフォーラムなどで教えてください。よろしくお願いいたします。

【不具合修正】
下記 3点の不具合があり、10月上旬からデフォルトスキンを「Monobook」にしておりました。CSS を調整してみたので、みなさんの環境でも表示確認をお願いできませんでしょうか。逆に IE6 や Mac など他の環境で問題が生じていないかも気になります。スキンの切り替えはオプション設定の「外装」にて行なえます。お手数をおかけしてすみませんが、どうぞよろしくお願いいたします。 --ぼの(会話) 2008年11月25日 (火) 17:32 (UTC)

現象:

  • Windows Vista × Internet Explorer 7
    • ログインや編集などのメニューバーが表示されない
    • サイドバーが下に落ちる
  • Firefox
    • ブラウザのウィンドウ幅が狭いときに、右上の個人用ツールバー(利用者ページ・「マイトーク」・「オプション」など)の一部がクリックできない

表示確認: (以下へ書き込みお願いします)

フォーラムでの有用な情報の転載

jaforum:topic/55 にあるd28さんの書いていただいている情報などはサーバ特有の有用な解決情報だと思うのですが、こういったフォーラムで頂いた情報は日本語ドキュメントのレンタルサーバ情報(もしくはその他新規ページ?)などに転載してはいけないものでしょうか? レンタルサーバで運営している人も多いようですし、レンタルサーバによってどこまでの設定が可能なのかなど、これから契約を考えている人への参考情報にもなるかと思います。

転載してもいいのなら転載のルール(情報提供者の記述がいるのか、フォーラムへのリンクがいいのかなど)を決めたほうがいいのかと思い提案してみます。 --outbreak sho 2008年9月4日 (木) 01:48 (UTC)

shoさん、こんにちは。ここに転載すると GPLの類になってしまうので、ちゃんと検討した方がいいですね。PC 故障中のため、私からは後日書き込みますね。
みなさんのご意見をお聞かせください。 --ぼの 2008年9月12日 (金) 13:40 (UTC)

「Core Update Host Compatibility」の日本語ページ作成方法

トーク:Core Update Host Compatibility へ移動しました。 --ぼの(会話) 2009年4月27日 (月) 12:02 (UTC)

「関数リファレンス」「テンプレートタグ」と PHPdoc

関数リファレンステンプレートタグのドキュメントについて、wp-docs と wp-hackers メーリングリストで話が上がっている模様です。

関数リファレンスのメンテが追いついていないから PHPdoc(インラインドキュメント)を活用できないか、という話なのかな。。内容や現在の状況が分かる方がいたら教えてください。 hackers の方に Ryan が書いてた http://phpdoc.wordpress.org/ みたいな感じになりそうでしょうか。 --ぼの(会話) 2008年11月27日 (木) 14:11 (UTC)

ざっとしか読んでいないのですが、たぶんそんな感じだと思います。 で、ここからは私の提案ですが、関数リファレンスもテンプレートタグも日本語訳する必要が無いのでは?と思います。いくつか訳してみましたが、例を見て試してみれば英語のままでも良いと思います。 それよりもインストール方法や管理画面の解説を早く日本語にするほうが大事ではないでしょうか。現状で翻訳する人員が不足していますから。 --Mizuno 2009年1月21日 (水) 12:21 (UTC)

英語版の各ページからの言語間リンク

英語版との言語間リンクについて、話を進めたいと考えています。言語間リンク(Interlanguage link)とは、日本語Codex やウィキペディアのサイドバーにある「他の言語」のリンクリストのことで、MediaWiki の基本機能です。

現在の状況は、日本語版の各ページから英語版へリンクを張ってありますが、英語版から他言語へのリンクはトップページのみです。en:Template Tags の一番下のようにリンクを書き加えているページもあります。

メーリングリストでは、過去に何度か Wikipedia のように [[prefix:ページ名]] でリンクできないの?という話題は上がっていて、例えば、

ですが、私が英語で話を追えなくて、状況がつかめていません。

以前まとめた en:User:Bono/Links to other languages はちょっと考えが足りてなくて、仏語のように「fr:ページ名」で本家Codex 内にページを作っている場合、fr を iw_prefix として登録してしまうと、本文内の [[fr:ページ名]] というページ間リンクが全部サイドバーの言語間リンクになってしまいます。(通常のリンクは [[:fr:ページ名]] と書かなければならなくなるので、書き換えるか、一旦エクスポート・置換・インポート、などの処置が必要)

なので、まずは、試験的に日本語版用のデータを追加してもらえないか打診してみるのがいいかなと考えています。

  1. ja 用の 1レコードを iw_prefix テーブルに追加
  2. スキンに言語間リンク用のコードが入ってないならば、Monobook のコードをコピペしてもらう
  3. 英語版のページに [[ja:日本語ページ名]] と記入

すれば、英語版から日本語版への言語間リンクができます。

もしも言語間リンクがだめなら、他言語へのリンクを貼り付けやすい template を英語版に作らせてもらおうと思います。--ぼの(会話) 2008年11月27日 (木) 15:06 (UTC)

英語版内の「ja:~」ページの扱いも要検討でした。 --ぼの(会話) 2008年11月27日 (木) 15:11 (UTC)
「ja:~」ページ著者の taiさんは削除 OK とのこと。言語間リンク機能を使うことになったら、念のためエクスポートした上で削除依頼します。 --ぼの(会話) 2009年5月2日 (土) 18:25 (UTC)

中間報告

3月に wp-docs ML に投稿したところ、賛同してもらえたのですが、英語版 Wiki の管理者とコンタクトが取れない(誰かも分からない)状態です。なので、早めにリンクを張ることを優先して、管理者抜きで出来てフルURL を書かなくて済む方法を提案。

{{Languages|
{{ja|日本語ページ名}}
}}

と書くと、Template Tags(の目次の上)のようにリンクが入ります。

ML ではまだレスはないけど、Codex 上では他の人が他言語用テンプレートを作ったり、リンクに使い始めてくれている模様です。 --ぼの(会話) 2009年5月2日 (土) 18:25 (UTC)

リンク張り作業

という訳で、上の中間報告の方法で、英語版Codex の各ページから日本語Codex へのリンクを入れていこうと思うのですけど、どうでしょか。。きましょうー。

作業対象:

手順:

  1. (持っていない人は)英語版のアカウントを取得
  2. 作業対象の英語版ページを開く
  3. サイドバーの Views > Edit をクリックして編集画面を開く
    1. 編集欄の一番上にリンクを挿入(下記「リンクの書き方」参照)
    2. Summary 欄に要約を記入
    3. [Show preview] ボタンをクリックし、プレビュー表示を確認 (見本
    4. 表示に問題がなければ、[Save page] ボタンをクリックして編集を保存。

リンクの書き方:

{{Languages|
{{en|英語版ページ名}}
{{ja|対応する日本語ページ名}}
}}

(ページ名の書き方の例) {{ja|管理パネル}}、{{ja|Adding Administration Menus}}

--ぼの(会話) 2009年5月2日 (土) 18:25 (UTC) --(書き方に英語版リンク追加)ぼの(会話) 2009年5月29日 (金) 15:33 (UTC)

ページ名対応表の、管理パネル各画面+A~N まで終了。 --ぼの(会話) 2009年5月29日 (金) 15:33 (UTC)
ページ名対応表 P~W (V 除く)終了。
残るは、テンプレートタグの各ページ、Version x.x、Wiki カテゴリ、Template 名前空間 --ぼの(会話) 2009年6月2日 (火) 12:20 (UTC)

Codex の目次・ナビゲーションの修正

ずっと中途半端のままだったトップページの目次・セクション毎のサブ目次・サイドバーのナビゲーションを修正しています。まだ作業途中ですが、現状でコメントやアドバイス等ありましたらお願いします。一段落したら変更点をこちらに書き込みます。

なお、現在のトップページの構成は私の個人 wiki で作っていたもので、英語版の目次とは大きく異なります。新サイトに移行してから改めて検討しようということになっていました(談話室過去ログ参照)。これについても後ほど説明を書き込みます。 --ぼの(会話) 2009年1月18日 (日) 08:32 (UTC)

ページ名について

現在、日本語ページ名を使用しているのですが、英語ページ名をそのまま利用するとまずい理由はあるのでしょうか?英語ページなら以下のようなメリットがあると思います。

  • ページ名を変更する手間がかからない
  • 他ページからのリンク切れの可能性が低い

日本語ページ名で運用する理由があれば教えてください。 --Mizuno 2009年1月28日 (水) 22:47 (UTC)

Mizunoさん、こんにちは。レス遅くなってすみません。
日本語ページ名にしているのは「日本語で読める」「英語が苦手な人にも分かりやすい」ためです。
以下、今までの経緯とリンク切れ対策についてご説明します。
経緯:
WordPress Japan に「WPJ Codex」というサイトがあり、そこでは英語ページ名にしていました。理由は、本家と付き合わせて更新を確認するのに便利だったため、とのこと。
ですが、当時翻訳をしていた Naoさん・bleuさん・私の間で、ページ名やページ内の見出しも日本語のほうが分かりやすいのでは?という話が出て(一部過去ログあり)、試験的に WPJ Codex の一部のページ名を日本語にしてみたり、私の個人 wiki(ps*wiki)で日本語ページ名や言語間リンクなどの実験をしていました。
昨年3月の WordPress Japan 閉鎖後、暫定的に ps*wiki を使った後でここに移転しました。その際、ページ名の日本語化などはそのまま移転し、追々みんなで検討していくこととなりました(過去ログ)。
リンク切れ対策:
  • 未作成ページへのリンクは英語名にしてある → 新規ページを英語名で作ればリンク切れしない。
  • 英語名→日本語名に改名すると、MediaWiki が自動的に英語名→日本語名へのリダイレクト(転送)設定をしてくれるので、手作業不要・リンク切れなし。
  • 新規ページを日本語名で作ると:
    • 先日のように手動でリダイレクト設定が必要。
    • 作成した人や他の人が「他の名前がよい」と思って途中から他の日本語名に変えると、リダイレクトの再設定、または、リンクの修正が必要になります。
      なので、なるべく最初に日本語名を固めようと、「ページ名対応表」のノートで合意を形成するようにしています。
今までの話はこんなところです。長くなってすみません。(^-^; --ぼの(会話) 2009年2月12日 (木) 15:22 (UTC)
了解しました。日本語ページで運用するのであれば、ページ名を迅速に決める必要がありますね。翻訳に手を付けた人がページ名の案を出し、他の意見が出なければその案で決定、ぐらいにしたほうがいいかも。--Mizuno 2009年2月15日 (日) 02:17 (UTC)
移転してから話してなかったので、この機会に見直してもよいと思いますよ。 :-)
なお、引き続き日本語とする場合、一人で決めると改名率が高いので、少なくとも本人+1-2名くらいは同意がほしいなーという感じです。読者優先だけれど、改名による手間もないに越したことはないので。 --ぼの(会話) 2009年2月27日 (金) 13:47 (UTC)

情報が古くなっているページを検索するには?

未翻訳のページ作成だけでなく、過去に翻訳したページも定期的に見直す必要があると思いますが、情報が古くなっているページを検索することはできるのでしょうか?「最近更新したページ」の反対で、「長期間更新されていないページ」が抽出できると、調べるのが楽になると思います。--Mizuno 2009年2月18日 (水) 11:14 (UTC)

MediaWiki の機能に「更新されていないページ」があります。サイドバーのツールボックス - 特別ページ から見られます。ただ、2008年5月に開設したサイトなので、それより古い最終更新日は存在しません。
他には、自動抽出ではないんですけど、更新が必要なページに {{Old}} テンプレートを貼っていってます。マークされたページは Category:要更新で見られます(「コミュニティ・ポータル」から見に行けます)。あとは「Tasks」ですね。重要なページや仕様変更に注目してチェックしている(一読者・参加者としてですが…)ので、着手のご参考にどうぞ。
(タイトルから [管理者の方に質問] を外させていただきました。管理者以外がレス付けにくい&目に触れにくいので。 ;-) ) --ぼの(会話) 2009年2月27日 (金) 13:47 (UTC)

WordPress MU ドキュメンテーション

MU のドキュメンテーションについて、sprustさんからご意見をいただきました。アイディア・コメントなどをお寄せくださいー。

WordPress › フォーラム » Codexでの、WordPress MUの取り扱いに関して

現在の日本語版・英語版の状態は以下のとおりです。

日本語版:

  • 存在するページは WordPress MUCategory:WPMU のみ。
  • トップページ -- 「WordPress について」の » more(サブ目次)に WordPress MU へのリンクあり
  • サイドバー -- sprustさんの依頼を受け、取り急ぎリファレンスの下に MU を追加済み。

英語版:

管理面からの提案は、名前空間とページ名の付け方の基準を決めるくらいかな。。MU ユーザが使いやすく、WP ユーザが混乱しなければ OK、だと思います。 --ぼの(会話) 2009年4月16日 (木) 16:24 (UTC)

名前空間

MU 用に名前空間を設けることを提案。「WPMU」とか。

  • ページ名 -- 「WPMU:~~」になる。
  • 最近更新したページ -- WPMU のみ表示/非表示できる
  • 検索 -- 検索対象を名前空間で絞れる。例えばこんな感じに自分で検索対象を選んだり、デフォルトでは通常版 WP ユーザ向けに対象外にしておいて、ログイン MU ユーザはデフォルトで対象に、といった設定が可能。

--ぼの(会話) 2009年4月16日 (木) 16:24 (UTC)

サイドバー

トップページ