• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

AJAX

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索

Ajaxとは何か?

Ajax とは JavaScriptベースの技術で、Ajax を使用した Webページは画面遷移せずに新しい情報を取得しページ内に表示できます。Ajaxの背景の思想には Webページにおけるユーザー視点の応答性、対話性の向上があります。

一般に Webページは新しい情報を表示する際に画面遷移する必要があります。たとえば、クレジットカードを使って商品を購入する際、通常はオンラインフォームに情報を記入し、「次へ」ボタンをクリックして初めて記入エラーが表示されます。しかし Ajax を使ったページでは、フォームのフィールドに入力したタイミングでエラーが表示されます。また、商品の購入履歴があるかどうか、クレジットカードが有効期限内かどうかも調べられます。別の Ajax の有効な例がオンラインマップの閲覧です。Ajax以前の Googleマップでは、マップの移動に矢印をクリックする必要がありました。また移動する方向の新しい部分を表示するにはページをリロードしていました。しかし現在の Googleマップは Ajax のパワーを活用し、マップを移動するにつれて新しいページを取得し、新しい部分を「再描画」していきます。

プラグイン内で Ajax を使用する方法を探している開発者は、Ajax in Plugins を参照してください。

Ajaxはどのように動いているか?

Ajax技術は実はかなり簡単に説明できます。基本的には Webプログラマが リンク、ボタン、その他のWebページ上のユーザーインターフェース要素を JavaScriptプログラムと関連付けます。ユーザーがリンクをクリックしたり、マウスをドラッグしたり、何らかのインターフェースをアクティベートすると、JavaScriptプログラムは、Webサーバー上の URL に対して情報を送信、またはデータを要求します。次に、Webサーバー上のプログラム (恐らく Webプログラマが作成したもの) が要求を処理し、応答、またはデータを送り返します。データは一般に XML形式ですが、必須ではありません。データ、または応答がブラウザに到着すると JavaScript プログラムは「非同期」通知を受け取り、適切に処理、または表示します。

今日、Ajax はほとんどのWebブラウザにおいて何らかの形でサポートされています(ただし、JavaScript を有効にしている場合に限る)。もちろん、大部分の複雑な JavaScript 同様、ブラウザのJavaScript実装により異なる部分はありますが、これを回避することは難しくありません。Ajax のただ一つの本質的な制限として、情報の送信先の URL は、JavaScript が定義された URL と同じ Web サイトでなければなりません。この制限を除けば、Ajax技術の適用範囲を縛るものは、プログラマの技量だけになります。

WordPress での Ajax

Ajax技術は、その応答性により、あらゆる種類のWebサイトで歓迎されました。もちろん、WordPressも例外ではありません。現在、WordPress のコア では、管理画面において Ajax のみを使用しています。たとえば、コメント承認時の即時更新や、カテゴリー、ブログロール、投稿などの一覧への追加、削除において Ajax が使われています。投稿や固定ページ編集画面での自動保存機能も、背景には Ajax 技術があります。テーマやプラグインの中にも Ajax を使用するものがあります。たとえば、投稿の評価投票プラグインでは、Ajax を使用してユーザーの評価をデータベースに保存し、更新された評価の平均値を表示するものがあります。

追加情報

概要

開発者向け

一般向け

最新英語版: WordPress Codex » AJAX最新版との差分