• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

関数リファレンス/get term children

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索

子のタームをすべて、ひとつの配列にまとめます。

この関数は指定されたタームの子タームを、再帰的にすべて取得してひとつの配列に入れます。 階層のあるタクソノミーについてのみ有用です。

もしタームが指定されたタクソノミーに無ければ、空の配列を返します。

使い方

<?php get_term_children( $term, $taxonomy ) ?>

パラメータ

$term
文字列|整数) (必須) 子タームを取得するタームの ID
初期値: なし
$taxonomy
文字列) (必須) タクソノミーの名前
初期値: なし

戻り値

(配列|WP_Error) 
ターム ID の配列。タクソノミーが存在しなければ WP_Error を返す。

基本的な例

子タームの配列を取得して、リンクを付けて順序なしリスト形式で書き出します。

<?php
$term_id = 10;
$taxonomy_name = 'products';
$termchildren = get_term_children( $term_id, $taxonomy_name );

echo '<ul>';
foreach ( $termchildren as $child ) {
	$term = get_term_by( 'id', $child, $taxonomy_name );
	echo '<li><a href="' . get_term_link( $child, $taxonomy_name ) . '">' . $term->name . '</a></li>';
}
echo '</ul>';
?>

次のような出力が得られるでしょう。

<ul> 
<li><a href="link_to_term_page">ターム 1</a></li>
<li><a href="link_to_term_page">ターム 2</a></li>
</ul>

参考

  • グローバル変数 (object) $wpdb を使用します。
  • _get_term_hierarchy()/en を使用します。
  • get_term_children 関数を再帰的に使って、$taxonomy と親の $term から子タームを取得します。

変更履歴

バージョン 2.3.0 にて導入されました。

ソースファイル

get_term_children()wp-includes/taxonomy.php にあります。

タームタグ: is_term(), term_exists(), get_objects_in_term(), get_term(), get_term_by(), get_term_children(), get_term_link(), get_terms(), get_the_terms(), get_the_term_list(), has_term(), sanitize_term(), the_terms(), get_object_taxonomies() is_object_in_taxonomy() the_taxonomies() wp_get_object_terms(), wp_set_object_terms(), wp_get_post_terms(), wp_set_post_terms(), wp_delete_object_term_relationships()



関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/get term children最新版との差分