• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

関数リファレンス/get taxonomy labels

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索

指定されたタクソノミー(カスタム分類)のオブジェクトから、そのタクソノミーの各種「ラベル」を取り出し、まとめて一つのオブジェクトを作ります。

タクソノミーのオブジェクトにあるラベルの配列を参照する為のキーは以下のとおりです:

  • name - タクソノミーの名前。普通は複数形です。$tax_object->label によって上書きされます。デフォルトは Tags/Categories です。
  • singular_name - タクソノミーのオブジェクトひとつの名前。デフォルトは Tag/Category です。
  • search_items - デフォルトは Search Tags/Search Categories です。
  • popular_items - これは階層化されたタクソノミーの時は使われません。デフォルトは Popular Tags です。
  • all_items - デフォルトは All Tags/All Categories です。
  • parent_item - これは階層なしタクソノミーの時は使われません。階層化されている時のデフォルトは Parent Category です。
  • parent_item_colon - parent_item と同じですが末尾にコロン : が付きます。
  • edit_item - デフォルトは Edit Tag/Edit Category です。
  • view_item - デフォルトは View Tag/View Category です。
  • update_item - デフォルトは Update Tag/Update Category です。
  • add_new_item - デフォルトは Add New Tag/Add New Category です。
  • new_item_name - デフォルトは New Tag Name/New Category Name です。
  • separate_items_with_commas - これは階層化されたタクソノミーの時は使われません。デフォルトは "Separate tags with commas" で、メタボックスの中で使われます。
  • add_or_remove_items - これは階層化されたタクソノミーの時は使われません。デフォルトは "Add or remove tags" で、JavaScript が無効な時にメタボックスの中で使われます。
  • choose_from_most_used - これは階層化されたタクソノミーの時は使われません。デフォルトは "Choose from the most used tags" で、メタボックスの中で使われます。
  • not_found - これは階層化されたタクソノミーの時は使われません。デフォルトは "No tags found" で、メタボックスの中で使われます。

上記はそれぞれ、最初のデフォルト値が階層なしタクソノミー用(タグなど)、二つ目が階層化されたタクソノミー用(カテゴリーなど)です。

使い方

<?php get_taxonomy_labels( $tax_object ); ?>

パラメータ

$tax_object
オブジェクト) (必須) タクソノミーのオブジェクト
初期値: なし

戻り値

(オブジェクト) 
メンバー変数としてすべてのラベルを持ったオブジェクト

改訂履歴

3.0 から導入されました。

カスタム分類: get_taxonomy(), taxonomy_exists(), register_taxonomy(), get_taxonomies(), the_taxonomies(), get_taxonomy_labels(), get_taxonomy_template(), is_object_in_taxonomy(), get_the_taxonomies(), get_post_taxonomies(), get_object_taxonomies(), is_taxonomy_hierarchical()


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/get taxonomy labels 最新版との差分