• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

関数リファレンス/fetch feed

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索

この関数は、外部の RSS フィードを取得して解析します。

WordPress の本体に含まれているオープンソースの SimplePie を使用しており、キャッシュを自動で生成する機能も用意されています。

使い方

<?php $feed = fetch_feed( $uri ); ?>

パラメータ

$uri
mixed) 取得したい RSS 配信の URI 。URIの配列場合、フィードはSimplePieのマルチフィード機能を使用してマージされます。フィードを指定することで、SimplePie に返され、出力されます。初期値は無し。

用例

以下のサンプルのソースコードでは、既存の外部の RSS フィードを取得して、最新5件を表示させることができます。

<h2><?php _e( 'Recent news from Some-Other Blog:', 'my-text-domain' ); ?></h2>

<?php // RSS フィードを取得します。
include_once( ABSPATH . WPINC . '/feed.php' );

// 以下で、指定されたフィードから SimplePie のオブジェクトを取得します。
// つまり、「http://example.com/rss/feed/goes/here」部分に取得したいフィードを入力すると、SimplePieによってRSSが表示されます。
// なお、この部分について array 関数を使い、配列にすれば、複数の RSS フィードを同時に取得して、複数の RSS フィードを1つにまとめて時系列に並べて表示することもできます。
$rss = fetch_feed( 'http://example.com/rss/feed/goes/here' );

$maxitems = 0;

if ( ! is_wp_error( $rss ) ) : // ちゃんとフィードが生成されているかをチェックします。

    // すべてのフィードから最新5件を出力します。
    $maxitems = $rss->get_item_quantity( 5 ); 

    // 0件から始めて指定した件数までの配列を生成します。
    $rss_items = $rss->get_items( 0, $maxitems );

endif;
?>

<ul>
    <?php if ( $maxitems == 0 ) : ?>
        <li><?php _e( 'No items', 'my-text-domain' ); ?></li>
    <?php else : ?>
        <?php // Loop through each feed item and display each item as a hyperlink. ?>
        <?php foreach ( $rss_items as $item ) : ?>
            <li>
                <a href="<?php echo esc_url( $item->get_permalink() ); ?>"
                    title="<?php printf( __( 'Posted %s', 'my-text-domain' ), $item->get_date('j F Y | g:i a') ); ?>">
                    <?php echo esc_html( $item->get_title() ); ?>
                </a>
            </li>
        <?php endforeach; ?>
    <?php endif; ?>
</ul>

fetch_feed キャッシュは、デフォルトでは12時間です。 wp_feed_cache_transient_lifetime /enフィルタを介して、時間間隔を変更することによって、これを変更することができます。

更新履歴

新規導入: Version 2.8

ソースファイル

fetch_feedwp-includes/feed.phpにあります。

関連


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/fetch feed最新版との差分

関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。