• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

テンプレートタグ/previous post

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索

このテンプレートタグは非推奨となりました。後継となる新しいテンプレートタグが作られたか、動作対象外となり、WordPress の将来のバージョンで削除される見込みです。 このタグを使っていた場合は、後継の previous_post_link に切り替えてください。


  • 書式: <?php previous_post('format', 'previous', 'title', 'in_same_cat',limitprev, excluded_category); ?>
  • 説明: 個別記事ページで使用。時系列順でひとつ前(過去)の記事へのリンクを出力。
  • 位置: ループ内
  • 引数:
    • format (文字列)- リンクの出力形式。「%」を使うとそこに実際のリンクテキスト(以下の「previous」と「title」で指定)が挿入される。
    • previous (文字列)- リンクの前に出力するテキスト。デフォルト値は「previous post: 」。
    • title (yes/no)- リンクラベルテキストを記事のタイトルにするかどうか。
      • yes (デフォルト。「previous」で設定したテキストと記事タイトルにリンク)
      • no (「previous」で設定したテキストにリンク)
    • in_same_cat (yes/no)- 同じカテゴリー内のひとつ前の記事のみにリンクするかどうか。もし記事に複数のカテゴリが指定されていた場合、その親カテゴリー内に含まれるひとつ古い記事にリンクする。
      • yes (同じカテゴリー内の、ひとつ前の記事にリンク)
      • no (デフォルト。カテゴリーに関係なくひとつ前の記事にリンク)
    • limitprev (整数)- 現在の記事IDから limitprev の数を引いた数がIDの記事をリンクとして出力する。デフォルト数は1。デフォルトのままにしておくことが推奨されている。
    • excluded_category (整数)- ひとつ前の記事へのリンクとして含めないカテゴリー。「1 and 2 and 3」のように、「and」で間を区切る。
  • コード記述例: <?php previous_post('%...', '前の記事: ', 'yes'); ?>
  • 出力例: <a href="http://example.com/?p=1">前の記事: Welcome to WordPress</a>...