• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

テンプレートタグ/get calendar

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
  • 引数:
    • initial(true/false)
      • true - 曜日を英語の頭文字1文字で出力(例えば日曜日なら S)
      • false - 曜日を言語別に対応した省略文字で出力

説明

カレンダーを表示します(デフォルトでは現在の月/年)。投稿した日にはスタイルが入ります。このタグは、テンプレート内のどこにでも使用することができます。

使い方

<?php get_calendar( $initial, $echo ); ?>

パラメータ

$initial
boolean) (optional) TrueかFalse
初期値: True
  • True - 曜日を英語の頭文字1文字で出力(例えば日曜日なら "S")
  • False -曜日を言語別に対応した省略文字で出力(例えば日曜日なら "Sun")


$echo
boolean) (optional) カレンダーが表示されるかどうかを決定します。
初期値: True
  • True - カレンダーをエコーします、しかし変数には戻しません。
  • False - カレンダーを返しますが、画面に表示しません。


用例

デフォルトの使い方

投稿のある日付をハイライトしてカレンダーに表示する。

<?php get_calendar(); ?>

平日の略語を表示します

Display days using one-letter initial only; in 1.5, displays initial based on your WordPress Localization.

<?php get_calendar(true); ?>

更新履歴

1.0.0:新規導入

ソースコード

get_calendar()wp-includes/general-template.phpにあります。

関連

日時に関連するタグ: get_calendar(), get_day_link(), get_month_link(), get_the_date(), get_the_time(), get_year_link(), single_month_title(), the_date(), the_date_xml(), the_modified_date(), get_the_modified_date(), the_modified_time(), get_the_modified_time(), the_time()



関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function_Reference/get_calendar最新版との差分