• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

oEmbed

提供: WordPress Codex 日本語版
2011年1月26日 (水) 23:42時点におけるNao (トーク | 投稿記録)による版 (最新版に更新。)

移動先: 案内検索

ページ名検討中: このページ名「oEmbed」について改名が提案されています。ご意見をお寄せください。

WordPress 2.9 以降、動画・画像・その他のコンテンツを WordPress サイトに埋め込む(embed)のがとても簡単になりました。

概要

投稿固定ページにメディアを埋め込むには、本文欄に URL を書くだけです。URL は独立した行に書くこと、(投稿表示時にクリックできるような)ハイパーリンクにしないこと、の2点に注意してください。

例えば、

この動画を見てみて!

http://www.youtube.com/watch?v=nTDNLUzjkpg

すごいでしょう?

のように入力すれば、投稿が表示される際、URLの位置に自動的に YouTube 動画が埋め込まれます。有効化するには、管理パネル > 設定 > メディア設定画面の「自動埋め込み」にチェックしましょう。また、(固定ではない)最大幅と高さを以下のように指定することも可能です。

[embed width="123" height="456"]...[/embed]

WordPress が URL を使ってメディアを埋め込むことができなかった場合、URL のハイパーリンクが表示されます。

また、URL を [embed] ショートコードで囲むこともできます。表示結果は同じですが、URL は独立した行に書かれていなくてもよく、「Auto-embeds」設定も不要です。(利用できるパラメータは外部資料を参照)

oEmbed

簡単なメディア埋め込み機能のほとんどは、oEmbed によって提供されています。oEmbed は、A というサイト(例えばあなたのブログ)が B というサイト(例えば YouTube)に、コンテンツを埋め込むために必要な HTML を問い合せるためのプロトコルです。

oEmbed は、メディアを埋め込みたいサイトから HTML コードをコピー&ペーストしたりしなくて済むように設計されています。動画、画像、テキストなどに対応しています。

どんな URL でもこの機能を使えますか?

デフォルトでは限られたサイトからの URL のみに有効です。安全対策のため、WordPress は内部のホワイトリストに一致する URL のみを埋め込みます。

このメディア埋め込み機能を使えるサイトは?

以下のサイトを利用できます。

他のサイトに対応するには?

他のサイトへの対応を追加する方法は、そのサイトが oEmbed に対応しているかどうかによって異なります。

oEmbed 対応サイト

サイトが oEmbed に対応している場合は、wp_oembed_add_provider()/en を呼び出し、そのサイトの URL 形式を内部のホワイトリストに追加します。

oEmbed 非対応サイト

wp_embed_register_handler()/en を使ってハンドラーを登録します。その後、HTML を生成するコールバック関数が必要になります。

oEmbed 自動探知は使えますか?

WordPress の oEmbed 実装では、自動探知は無効化されています。デフォルトでは、内部のホワイトリストに挙げられた、安全とみなされたサイトからのメディアのみを埋め込むことができます。これは、悪意のあるサイトのメディアを間違って埋め込んでしまうことがないようにするためです。

しかし、十分に知識があり、そのような防衛策が必要ないなら、unfiltered_html 権限を持つユーザー(管理者と編集者)は oEmbed 探知(ディスカバリー)タグが <head> にあるすべてのサイトからのメディアを埋め込むようにもできます。これには、Enable oEmbed Discovery プラグインを使うだけです。

外部資料

日本語記事

英語記事

更新履歴

  • 3.0 : SmugMug と FunnyOrDie.com に対応。
このページ「oEmbed」はまだ書きかけで、情報が不足しています。続きを書いて WordPress を手助けしましょう.


最新英語版: WordPress Codex » Embeds最新版との差分