• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「WordPress MU」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(WordPress 3.0との統合告知を掲載。WPMU専用ドキュメントは作らないと思うので、赤リンクを英語版への直リンクに切り替え)
(注意書きを一部編集。)
 
1行目: 1行目:
 
<div class="important">
 
<div class="important">
「WordPress MU」は独立した製品としての開発を終了しました。当機能はWordPress本体に取り込まれ、[[Version 3.0|WordPress 3.0]]として公開されています。MUの代わりに[[WordPress のインストール|WordPressをインストール]]の上、[[ネットワークの作成|ネットワークを作成]]してください。機能はほぼ同じものです。
+
「WordPress MU」は独立した製品としての開発を終了しました。当機能は [[Version_3.0|WordPress 3.0]] 以降 WordPress コアに取り込まれて公開されています。MU の代わりに [[WordPress のインストール|WordPress をインストール]]の上、[[ネットワークの作成|ネットワークを作成]]してください。機能はほぼ同じものです。
 +
 
 +
'''以下は、旧 WordPress MU についての情報です。'''
 
</div>
 
</div>
  
<div style="boder:1px solid #ccc; background:#eee;padding:15px">'''混同しないようにご注意ください:'''
+
<!-- <div style="boder:1px solid #ccc; background:#eee;padding:15px">'''混同しないようにご注意ください:'''
 
* '''WordPress MU の英語サポートフォーラム:''' http://mu.wordpress.org/forums
 
* '''WordPress MU の英語サポートフォーラム:''' http://mu.wordpress.org/forums
* '''WordPress.COM ブログの日本語サポートフォーラム:''' http://ja.forums.wordpress.com/</div>
+
* '''WordPress.COM ブログの日本語サポートフォーラム:''' http://ja.forums.wordpress.com/</div> -->
  
 
__TOC__
 
__TOC__

2010年12月2日 (木) 11:41時点における最新版

「WordPress MU」は独立した製品としての開発を終了しました。当機能は WordPress 3.0 以降 WordPress コアに取り込まれて公開されています。MU の代わりに WordPress をインストールの上、ネットワークを作成してください。機能はほぼ同じものです。

以下は、旧 WordPress MU についての情報です。


WordPress MU(ワードプレス・エムユー、WordPressµ)とは、ブログアプリケーション WordPress の複数ユーザー版(multi-user version)で、大規模なブログネットワークを構築したい人に最適です。

WordPress MU はレンタルブログ WordPress.com の土台となっているソフトウェアです。また、新聞社や雑誌、ブログネットワーク、大学、大企業のファイアウォール内の企業ブログシステムとしても使われています。

WordPress MU を用いることで、利用者に新規ブログ登録を提供できるようになります。各ユーザーは、他のユーザーに影響されることなしに、各自のテンプレートや設定を安全に管理できます。作成できるブログやユーザーの数には上限がなく、それぞれのブログ内に様々な役割グループ(管理者・編集者・執筆者・寄稿者・購読者)を設けることができます。サイト管理者(一人もしくは複数)は、ユーザーやブログの追加、権限の変更、テーマへのアクセスの許可といった、サイト全体を管理するタスクを実行できます。

日本語化リソース

WordPress MU を日本語するためのファイルは以下のサイトで入手できます。インストールの仕方について詳しくはリンク先をご覧ください。

wpmu-ja - Google Code
WordPress 日本語版作成チーム による WordPress MU 日本語化リソース配布サイト

特徴

WordPress MU のプラグインやテーマは、サイト全体の管理者がコントロールします。シングルユーザー版 WordPress とは異なり、サイト管理者ではないユーザー(ブロガー)は自分用のプラグインやテーマをアップロードできず、サイト管理者が用意したものから選択することしかできません。テーマは全ブログまたは特定のブログのみで利用できるように設定できます。

ホスト側の利点

  • ユーザーの "コミュ二ティ" をたくさん作ることができます。
  • 一つのサイトで数千ものユーザーを抱えることができます。
  • 有料のホスティングサービスに代わって、無料のホスティングを提供できる機会になります。
  • 必要に応じて、特定のメールアドレスドメインでの登録を制限できます。
  • 様々なオプションプラグインや管理機能を追加できます。
  • 管理画面をカスタマイズできます。
  • WordPress テーマを追加し、ユーザーの選択肢を増やすことができます。
  • WordPress テーマをコントロールし、サイトの必要性に従ってユーザーの選択肢を制限することができます。
  • セキュリティ対策が施されています。
  • プラグインを使って、簡単にコメントスパム対策を実施できます。

ユーザー側の利点

WordPress MU のユーザーは制限付きの WordPress ブログを作って、サイト管理者が設定したテーマやプラグインの中から選ぶことしかできませんが、利点もたくさんがあります。

  • インストールと設定が不要。ユーザー名とパスワードを入れるだけでブログが作れます。
  • ほとんど何のリスクも無しに WordPress をテスト利用できます。
  • 利用可能ということが証明済みの、準備が整ったテーマから好きなものを選ぶことができます。
  • 競争や啓蒙を通じて関係を深められる可能性のあるコミュ二ティに参加できます。
  • コメントスパム対策がすでに実装されています。

WordPress MU は WordPress ブログのレンタル版を提供できるように作られています。また、WordPress と同じように無料です。

サポートとインストール

WPMUのインストールには、インストールに関する情報があります。

WordPress MU のインストールおよびサポート情報を得るには、WordPress MU サイトとサポートフォーラムを見てください(日本語の場合、WordPress 日本語フォーラムの WordPress MU タグWPMU タグなどもご利用ください)。

もしあなたが WordPress MU ユーザーなら、ダッシュボードのフィードバックボタンをクリックしてください。Codex のカテゴリーにある記事か、Donncha の FAQ にもヒントが見つかるかもしれません。

WordPress MUユーザーの助けとなる記事

以下にリストアップした WordPress Codex 内の記事は、投稿、固定ページやカテゴリー作成、WordPress MU のブログ管理などに関する疑問解決のきっかけとなるかもしれません。

WordPress.com に関する質問に関しては、WordPress.com のサポートサイト(英語のみ)およびフォーラム(日本語)をご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » WordPress MU最新版との差分