• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「WordPress を専用ディレクトリに配置する」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(和訳)
(ディレクトリ構成図を追加してみた。)
18行目: 18行目:
 
# 新しい URL からログイン。<!-- It might now be -->例でいうと、<tt><nowiki>http://example.com/wordpress/wp-admin/</nowiki></tt>
 
# 新しい URL からログイン。<!-- It might now be -->例でいうと、<tt><nowiki>http://example.com/wordpress/wp-admin/</nowiki></tt>
 
# [[Using Permalinks|Permalinks]] を設定している場合、[[Administration_Panels#Permalinks|Permalinks パネル]]を開き、パーマリンク構造を更新してください。<tt>.htaccess</tt> に適切なパーミッションを設定してあれば、WordPress が自動で <tt>.htaccess</tt> を更新します。もしも WordPress が <tt>.htaccess</tt> を書き換えられなければ、新しい rewrite rules を表示するので、<tt>.htaccess</tt> ファイル(メインの <tt>index.php</tt> ファイルと同じディレクトリの)の中に手動でコピーしてください。
 
# [[Using Permalinks|Permalinks]] を設定している場合、[[Administration_Panels#Permalinks|Permalinks パネル]]を開き、パーマリンク構造を更新してください。<tt>.htaccess</tt> に適切なパーミッションを設定してあれば、WordPress が自動で <tt>.htaccess</tt> を更新します。もしも WordPress が <tt>.htaccess</tt> を書き換えられなければ、新しい rewrite rules を表示するので、<tt>.htaccess</tt> ファイル(メインの <tt>index.php</tt> ファイルと同じディレクトリの)の中に手動でコピーしてください。
 +
 +
ディレクトリ構成例:
 +
* <tt>public_html</tt>
 +
** <tt>.htaccess</tt> ← <tt>wordpress/.htaccess</tt> からコピー。パーミッションを書き込み可能(707 等)にしておき、項番 11 で更新
 +
** <tt>index.php</tt> ← <tt>wordpress/index.php</tt> からコピー。項番 8, 9 で修正
 +
** <tt>wordpress/</tt> (新ディレクトリ)
 +
*** <tt>wp-admin/</tt> (ログイン)
 +
*** <tt>wp-content/</tt>
 +
*** <tt>wp-includes/</tt>
 +
*** <tt>.htaccess</tt> → ルートへコピー
 +
*** <tt>index.php</tt> → ルートへコピー
 +
*** ...
  
 
[[Category:Installation]]
 
[[Category:Installation]]

2007年6月28日 (木) 00:22時点における版

原文: WordPress Codex » Giving WordPress Its Own Directory

ブログをルートディレクトリからどけて WordPress 用ディレクトリに置くには

多くの人は、WordPress をサイトのルート(例:http://example.com/)にしたいと思うものですが、WordPress ファイルの全てをルートディレクトリ上に散らかしたいとは思いません。WordPress は、サブディレクトリに WordPress ファイルを設置しても、ブログがサイトのルートに存在するかのように見せられます。

WordPress を専用ディレクトリへ移動する手順は次のとおり:

  1. WordPress のコアファイルを置くための、新しいディレクトリを作成する。(この例では /wordpress とします)
  2. Options パネルを開く。
  3. WordPress address (URL): 欄を、新しい WordPress コアファイルの URL に変更する。例:http://example.com/wordpress
  4. Blog address (URL): 欄を、ルートディレクトリの URL に変更する。例: http://example.com
  5. Update Options をクリック。
  6. WordPress コアファイルを、新しいディレクトリ(WordPress address)へ移動する。
  7. WordPress ディレクトリにある index.php.htaccess ファイルを、あなたのサイトのルートディレクトリ(Blog address)へコピーする。
  8. ルートディレクトリの index.php ファイルをテキストエディタで開く。
  9. 次の修正を行ない、ファイルを保存する。次の行を変更:
    require('./wp-blog-header.php');
    次のように WordPress コアファイルのディレクトリ名を使います:
    require('./wordpress/wp-blog-header.php');
  10. 新しい URL からログイン。例でいうと、http://example.com/wordpress/wp-admin/
  11. Permalinks を設定している場合、Permalinks パネルを開き、パーマリンク構造を更新してください。.htaccess に適切なパーミッションを設定してあれば、WordPress が自動で .htaccess を更新します。もしも WordPress が .htaccess を書き換えられなければ、新しい rewrite rules を表示するので、.htaccess ファイル(メインの index.php ファイルと同じディレクトリの)の中に手動でコピーしてください。

ディレクトリ構成例:

  • public_html
    • .htaccesswordpress/.htaccess からコピー。パーミッションを書き込み可能(707 等)にしておき、項番 11 で更新
    • index.phpwordpress/index.php からコピー。項番 8, 9 で修正
    • wordpress/ (新ディレクトリ)
      • wp-admin/ (ログイン)
      • wp-content/
      • wp-includes/
      • .htaccess → ルートへコピー
      • index.php → ルートへコピー
      • ...