• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

Press This

提供: WordPress Codex 日本語版
2015年4月28日 (火) 09:50時点におけるMiccweb (トーク | 投稿記録)による版 (4.2対応の記述を一旦マージ)

移動先: 案内検索

Press This」とは、Web ブラウザのブックマーク(お気に入り)を使って WordPress に素早く投稿・発信できる機能です。「Press This」を使うにはツール画面からブックマークレットを作成し、Web サイトを見ている間に引用したいテキスト、画像、動画などを見つけたら、そのブックマークレットを選択して起動します。

使い方

  1. 管理パネルの「ツール」メニューをクリックします。
  2. 下の方にある「Press This」リンクをブラウザのブックマーク(お気に入り)に追加します。
    • ブックマークツールバーへドラッグ&ドロップ
    • 右クリックしてブックマークに追加を選択
  3. 投稿に挿入したい Web ページを表示している状態で、ツールバーの「Press This」をクリックするかブックマークを選択します。
    引用したいテキストを選択(反転)した状態でクリックすることもできます。
  4. ページのコンテンツを含む投稿を表示した「Press This」ウィンドウが開きます。
  5. 内容を編集し「公開」または「下書きとして保存」ボタンをクリックします。

Making the new Press This work with NoScript and RequestPolicy

WordPress 4.2 is slated to ship with a new Press This bookmarklet. Unlike the previous bookmarklet, this new one will not play nicely with NoScript and RequestPolicy (which are security add-ons for Firefox) out of the box. Here are the steps to get the bookmarklet working with one or both add-ons installed:

  1. Whitelist the domain of the WordPress site in NoScript if this hasn't been done already (click on the S icon and choose Allow mydomain.com, where mydomain.com is your WordPress site's domain).
  2. Open the NoScript preferences by clicking on the S icon again and choosing Options
  3. Click on the Advanced tab. A set of sub-tabs will appear. Click on XSS.
  4. In the box that says Anti-XSS Protection Exemptions, add the following (change mydomain.com to your domain):
    ^https://mydomain.com/ptw/wp-admin/press-this.php(?:\?|/\1\b)
  5. Note in the example above the HTTPS prefix is in use. You'll want to change this to regular old HTTP (no s) if you don't have secure hosting set up for your site.
  6. Click Okay to exit NoScript's options.
  7. Now, if you have RequestPolicy, open its preferences by clicking on RP's red/gray flag icon. Choose Preferences and click on the Whitelist tab.
  8. Under the Whitelist tab, click the Destinations sub-tab.
  9. In the whitebox at the bottom which contains the placeholder Destination, type in your site's domain. Do not enter a prefix like http or https. It isn't necessary to put "www." in either. Click Allow. You should see your domain appear in the larger box above.
  10. Close RequestPolicy preferences. The new Press This bookmarklet should now function correctly, and you'll be able to continue benefiting from the protections that NoScript and RequestPolicy offer.

技術情報

このブックマークレットを使って投稿を公開する際には、"post" の値の $_POST['post_type'] 変数は送信されません。ブックマークレットによって、http://example.com/wp-admin/press-this.php?u=&t=&s=&i= のような URL が呼び出されます。

  • u = 表示しているページの URL
  • t = 表示しているページのタイトル
  • s = 表示しているページで選択しているテキスト
  • i = 画像の URL

値を変更する必要がある場合は、ブラウザに保存したブックマークを編集してみてください。

Technical Note

  • When I use Press This sometimes a get a NOT FOUND page. I just change the address from u=http%3A%2F%2F to u= and it works fine. I do notice I have to copy and paste the new address in a new tab in firefox when doing this.
  • End users can edit the properties of their bookmark to alleviate the 404 Not Found problem. In your browser bookmarks folder or on the bookmark bar, right-click the Press This bookmark, select Edit or Properties, and then change this:

u=‘+e(l.href)+‘ to this: u=’+e(l.href.replace(/\//g,’\\/’))+’

外部リンク

WordPress.com Support » Press This 
Press This のスクリーンショットや操作方法の動画など。レンタルブログ「WordPress.com」での機能紹介ですが、ダウンロード版でも同様です。

関連ページ

変更履歴

  • 4.2 : 「Press This」機能の大幅なアップデートがされました。
  • 2.7 : 「Press This」投稿ブックマークレットの準備は 管理パネル > ツール > ツール で行なうように変更されました。
  • 2.6 : 「Press This」としてリニューアル搭載。
  • 2.5 : 旧 Press It ブックマークレット機能を廃止。

最新英語版: WordPress Codex » Press This最新版との差分

Publique Isso