• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「Press This」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(Old(2.7) : 画面移動)
(翻訳完了。)
 
(2人の利用者による、間の4版が非表示)
1行目: 1行目:
{{Old||
+
「'''Press This'''」とは、Web ブラウザのブックマーク(お気に入り)を使って WordPress に素早く投稿・発信できる機能です。「Press This」を使うには[[Tools Tools SubPanel|ツール]]画面から[[用語集#ブックマークレット|ブックマークレット]]を作成し、Web サイトを見ている間に引用したいテキスト、画像、動画などを見つけたら、そのブックマークレットを選択して起動します。
* 2.7: [[管理パネル]] > [[管理パネル#Tools|ツール]] > [[Tools Tools SubPanel|ツール]] へ移動しました。}}
+
 
+
「'''Press This'''」とは、webブラウザのブックマーク(お気に入り)を使って、素早く投稿・発信できる機能です。「Press This」を使うためのショートカットは、[[Write Post SubPanel|新規投稿]]/[[:en:Write Post SubPanel|en]] 画面から作成できます。そして、webブラウズ中に投稿したい話題を見つけたら、ブラウザのブックマークリストから「Press This」を選んでこの機能を起動します。
+
  
 
== 使い方 ==
 
== 使い方 ==
  
# [[管理パネル]] > [[管理パネル#Write - Make some content|作成]] > [[Write Post SubPanel|投稿]]/[[:en:Write Post SubPanel|en]]を開きます。
+
# 管理パネルの「[[Tools Tools SubPanel|ツール]]」メニューをクリックします。
# 右側にある'''投稿ブックマークレット'''の「ここをクリック」(Press This)リンクを、ブラウザのブックマークツールバーへドラッグ&ドロップするか、右クリックしてブックマーク(お気に入り)に追加しておきます。
+
# 下の方にある「Press This」リンクをブラウザのブックマーク(お気に入り)に追加します。
# 投稿に挿入したい webページを表示している状態で、ツールバーの「ここをクリック」をクリックします。<br />引用したいテキストを選択(反転)した状態でクリックすることもできます。
+
#* ブックマークツールバーへドラッグ&ドロップ
# 「ここをクリック」ウィンドウが開きます。
+
#* 右クリックしてブックマークに追加を選択
#*「テキスト」「写真」「引用」「ビデオ」の各タブで、投稿を整えます。
+
# 投稿に挿入したい Web ページを表示している状態で、ツールバーの「Press This」をクリックするかブックマークを選択します。<br />引用したいテキストを選択(反転)した状態でクリックすることもできます。
#* カテゴリやタグも選びましょう。
+
# ページのコンテンツを含む投稿を表示した「Press This」ウィンドウが開きます。
# 「公開」ボタンをクリックすると、あなたのブログに投稿されます!
+
# 内容を編集し「公開」または「下書きとして保存」ボタンをクリックします。
 +
 
 +
== 新 Press This ツールを NoScript / RequestPolicy 環境で動作させる方法 ==
 +
 
 +
WordPress 4.2 には新しい Press This ブックマークレットが含まれています。以前のブックマークレットとは違い、NoScript および RequestPolicy (Firefox のセキュリティアドオン) が有効化された環境の場合、新ツールはそのままでは動作しません。これらのアドオンがインストールされた状態でもブックマークレットを使うためには以下の手順に従ってください。
 +
 
 +
# WordPress サイトのドメインを NoScript のホワイトリストに追加する (S アイコンをクリックし、"Allow mydomain.com" を選択する。mydomain.com は自分の WordPress サイトのドメインにする) 。
 +
# S アイコンを再度クリックし「オプション」を選択してNoScript 環境設定を開く。
 +
# Advanced タブをクリックする。副タブが表示されるので、XSS をクリックする。
 +
# Anti-XSS Protection Exemptions と書かれたボックスに以下を追加 (mydomain.com を自分のドメインに変更) 。: <pre>^https://mydomain.com/ptw/wp-admin/press-this.php(?:\?|/\1\b)</pre>
 +
# 上記の例では HTTPS プリフィクスを使っているので、自分のサイトが HTTP の場合は変更すること。
 +
# Okay をクリックし NoScript のオプションを終了。
 +
# RequestPolicy を使っている場合は赤/グレーの旗アイコンをクリックして環境設定画面を開く。Preferences を選び、Whitelist タブをクリック。
 +
# Whitelist タブの下にある Destinations タブを開く。
 +
# 下の方にある仮の Destinations が書かれた欄に自分のサイトのドメインを入力する。http や https などのプリフィクス、"www." を入力する必要はない。"Allow" をクリックすると、上にある大きなボックスにドメインが表示される。
 +
# RequestPolicy の環境設定画面を閉じる。新 Press This ブックマークレットがこれで正しく動作し、NoScript および RequestPolicy が提供するセキュリティ機能を利用し続けることができる。
 +
 
 +
== 技術情報 ==
 +
このブックマークレットを使って投稿を公開する際には、"post" の値の <code>$_POST['post_type']</code> 変数は送信されません。ブックマークレットによって、<code>http://example.com/wp-admin/press-this.php?u=&t=&s=&i=</code> のような URL が呼び出されます。
 +
 
 +
*u = 表示しているページの URL
 +
*t = 表示しているページのタイトル
 +
*s = 表示しているページで選択しているテキスト
 +
*i = 画像の URL
 +
 
 +
値を変更する必要がある場合は、ブラウザに保存したブックマークを編集してみてください。
 +
 
 +
== 技術的メモ ==
 +
*Press This を使っていると、時々 NOT FOUND エラーページが表示されます。アドレスを u=http%3A%2F%2F から u= に変更すると正しく動作します。この作業をする際、Firefox で新しいタブに新しいアドレスをコピー&ペーストする必要があるようです。
 +
 
 +
*ブックマークレットの属性を編集することで 404 エラーを軽減できます。ブラウザーのブックマークバーで Press This ブックマークレットを右クリックし、「編集」または「プロパティ」を選択します。その後、以下の内容を
 +
<code>
 +
u=‘+e(l.href)+‘
 +
</code>
 +
以下のように変更してください。
 +
<code>
 +
u=’+e(l.href.replace(/\//g,’\\/’))+’
 +
</code>
  
 
== 外部リンク ==
 
== 外部リンク ==
  
* [http://en.blog.wordpress.com/2008/08/14/press-this-bookmarklet/ WordPress.com &raquo; Press This Bookmarklet] -- 実際に Press This を操作している動画。レンタルブログ「WordPress.com」での機能紹介ですが、ダウンロード版でも同様です。
+
;[http://en.support.wordpress.com/press-this/ WordPress.com Support &raquo; Press This] : Press This のスクリーンショットや操作方法の動画など。レンタルブログ「WordPress.com」での機能紹介ですが、ダウンロード版でも同様です。
  
 
== 関連ページ ==
 
== 関連ページ ==
 
+
* "Press This" は [http://yoast.com/press-this/ WordPress podcast hosted by Joost de Valk]が名付け親のようです。
* WordPress 2.3 以前のバージョンをお使いの場合は、[[:en:Press It|Press It]] をご覧ください。
+
* WordPress 2.5 までは、この機能は「[[:en:Press It|Press It]]」と呼ばれていました。
  
 
== 変更履歴 ==
 
== 変更履歴 ==
 +
* [[Version 4.2|4.2]] : 「Press This」機能の大幅なアップデートがされました。
 
* [[Version 2.7|2.7]] : 「Press This」投稿ブックマークレットの準備は [[管理パネル]] > [[管理パネル#Tools|ツール]] > [[Tools Tools SubPanel|ツール]] で行なうように変更されました。
 
* [[Version 2.7|2.7]] : 「Press This」投稿ブックマークレットの準備は [[管理パネル]] > [[管理パネル#Tools|ツール]] > [[Tools Tools SubPanel|ツール]] で行なうように変更されました。
 
* [[Version 2.6|2.6]] : 「Press This」としてリニューアル搭載。
 
* [[Version 2.6|2.6]] : 「Press This」としてリニューアル搭載。
 
* [[Version 2.5|2.5]] : 旧 [[:en:Press It|Press It]] ブックマークレット機能を廃止。
 
* [[Version 2.5|2.5]] : 旧 [[:en:Press It|Press It]] ブックマークレット機能を廃止。
  
{{原文|Press This|60799}}<!-- 12:18, August 21, 2008 MichaelH 版 -->
+
{{原文|Press This|150372}}<!-- 23:23, 25 March 2015‎ Avcascade 版 -->
 +
{{DEFAULTSORT:ふれすていす}}
  
 
[[Category:初心者向けトピック]]
 
[[Category:初心者向けトピック]]
33行目: 69行目:
 
[[Category:wp2.6]]
 
[[Category:wp2.6]]
 
[[Category:wp2.7]]
 
[[Category:wp2.7]]
 +
[[Category:wp4.2]]
  
 
[[en:Press This]]
 
[[en:Press This]]
 +
[[pt-br:Publique Isso]]

2015年4月28日 (火) 21:47時点における最新版

Press This」とは、Web ブラウザのブックマーク(お気に入り)を使って WordPress に素早く投稿・発信できる機能です。「Press This」を使うにはツール画面からブックマークレットを作成し、Web サイトを見ている間に引用したいテキスト、画像、動画などを見つけたら、そのブックマークレットを選択して起動します。

使い方

  1. 管理パネルの「ツール」メニューをクリックします。
  2. 下の方にある「Press This」リンクをブラウザのブックマーク(お気に入り)に追加します。
    • ブックマークツールバーへドラッグ&ドロップ
    • 右クリックしてブックマークに追加を選択
  3. 投稿に挿入したい Web ページを表示している状態で、ツールバーの「Press This」をクリックするかブックマークを選択します。
    引用したいテキストを選択(反転)した状態でクリックすることもできます。
  4. ページのコンテンツを含む投稿を表示した「Press This」ウィンドウが開きます。
  5. 内容を編集し「公開」または「下書きとして保存」ボタンをクリックします。

新 Press This ツールを NoScript / RequestPolicy 環境で動作させる方法

WordPress 4.2 には新しい Press This ブックマークレットが含まれています。以前のブックマークレットとは違い、NoScript および RequestPolicy (Firefox のセキュリティアドオン) が有効化された環境の場合、新ツールはそのままでは動作しません。これらのアドオンがインストールされた状態でもブックマークレットを使うためには以下の手順に従ってください。

  1. WordPress サイトのドメインを NoScript のホワイトリストに追加する (S アイコンをクリックし、"Allow mydomain.com" を選択する。mydomain.com は自分の WordPress サイトのドメインにする) 。
  2. S アイコンを再度クリックし「オプション」を選択してNoScript 環境設定を開く。
  3. Advanced タブをクリックする。副タブが表示されるので、XSS をクリックする。
  4. Anti-XSS Protection Exemptions と書かれたボックスに以下を追加 (mydomain.com を自分のドメインに変更) 。:
    ^https://mydomain.com/ptw/wp-admin/press-this.php(?:\?|/\1\b)
  5. 上記の例では HTTPS プリフィクスを使っているので、自分のサイトが HTTP の場合は変更すること。
  6. Okay をクリックし NoScript のオプションを終了。
  7. RequestPolicy を使っている場合は赤/グレーの旗アイコンをクリックして環境設定画面を開く。Preferences を選び、Whitelist タブをクリック。
  8. Whitelist タブの下にある Destinations タブを開く。
  9. 下の方にある仮の Destinations が書かれた欄に自分のサイトのドメインを入力する。http や https などのプリフィクス、"www." を入力する必要はない。"Allow" をクリックすると、上にある大きなボックスにドメインが表示される。
  10. RequestPolicy の環境設定画面を閉じる。新 Press This ブックマークレットがこれで正しく動作し、NoScript および RequestPolicy が提供するセキュリティ機能を利用し続けることができる。

技術情報

このブックマークレットを使って投稿を公開する際には、"post" の値の $_POST['post_type'] 変数は送信されません。ブックマークレットによって、http://example.com/wp-admin/press-this.php?u=&t=&s=&i= のような URL が呼び出されます。

  • u = 表示しているページの URL
  • t = 表示しているページのタイトル
  • s = 表示しているページで選択しているテキスト
  • i = 画像の URL

値を変更する必要がある場合は、ブラウザに保存したブックマークを編集してみてください。

技術的メモ

  • Press This を使っていると、時々 NOT FOUND エラーページが表示されます。アドレスを u=http%3A%2F%2F から u= に変更すると正しく動作します。この作業をする際、Firefox で新しいタブに新しいアドレスをコピー&ペーストする必要があるようです。
  • ブックマークレットの属性を編集することで 404 エラーを軽減できます。ブラウザーのブックマークバーで Press This ブックマークレットを右クリックし、「編集」または「プロパティ」を選択します。その後、以下の内容を

u=‘+e(l.href)+‘ 以下のように変更してください。 u=’+e(l.href.replace(/\//g,’\\/’))+’

外部リンク

WordPress.com Support » Press This 
Press This のスクリーンショットや操作方法の動画など。レンタルブログ「WordPress.com」での機能紹介ですが、ダウンロード版でも同様です。

関連ページ

変更履歴

  • 4.2 : 「Press This」機能の大幅なアップデートがされました。
  • 2.7 : 「Press This」投稿ブックマークレットの準備は 管理パネル > ツール > ツール で行なうように変更されました。
  • 2.6 : 「Press This」としてリニューアル搭載。
  • 2.5 : 旧 Press It ブックマークレット機能を廃止。

最新英語版: WordPress Codex » Press This最新版との差分