当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

「Movable Type から WordPress への移行」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(2009-08-20T05:53:19 Mrmist 版から新規作成。)
 
(和訳完了。日本語圏ユーザー向けに内容を改訂。)
1行目: 1行目:
{{Old|WordPress 2.0.x 時点の情報であり、}}
+
{{Old}}
{{NeedTrans}}
+
{{NeedTrans|一部}}
 +
__TOC__
 +
このページでは、Movable Type または TypePad から WordPress へ移行する方法を紹介します。<br />
 +
[[Importing_Content#.E5.9F.BA.E6.9C.AC.E7.9A.84.E3.81.AA.E6.96.B9.E6.B3.95|基本的なステップ]]は他のブログツールなどからのインポートと変わりませんが、[[パーマリンクの使い方|パーマリンク]]を維持する方法など Movable Type/TypePad 特有のコツを詳しく書いています。
  
=Introduction and Synopsis=
+
'''前提条件'''
 +
* [[WordPress のインストール]]を完了している
 +
* 元となる Movable Type サイト、新しい WordPress サイトともにドメインは <code><nowiki>http://example.com/</nowiki></code> である
  
So you want to see what it is about [[WordPress]] that makes it Movable Type's equal?  This guide will help you with all the information you need to migrate your weblog from Movable Type (MT) or TypePad to WordPress (WP). We will use MT's exporter to export all the entries and comments in your MT blog and then import them using WP's '''import-mt.php''' importer. Finally, we will look at some issues concerning the preservation of links to articles [[Using Permalinks|(permalinks)]] after the import, and other issues that you may have. This guide will leave you feeling good, warm, and hopefully looking forward to a new life full with [[Glossary#Open Source|open source]] goodness. If you are a TypePad user, then read "TypePad" wherever this guide talks about "Movable Type". The process of exporting entries from a TypePad blog will be different, and you should contact the TypePad support folks if you are in doubt.
+
=MovableType からのエクスポート=
 +
まず、以下の公式マニュアルに従って記事、コメント、トラックバックをエクスポートします。
  
=Overview=
+
* [http://www.movabletype.jp/documentation/exporting_entries.html ブログ記事のエクスポート](Movable Type 4 ドキュメント)
 +
* [http://www.movabletype.jp/documentation/mt5/tools/import.html ブログ記事のエクスポートとインポート](Movable Type 5 ドキュメント)
  
To begin with, the following are assumed:
+
以下では、ここで作成したファイルを「エクスポートファイル」と呼びます。
  
* You have already [[Installing_WordPress|installed WordPress]] on your server, so if you have not, please do so before continuing.
+
=== 文字コードの一致 ===
* http://example.com/wordpress/ is the url of your WordPress installation.
+
WordPress では UTF-8 がデフォルト文字コードです。Movable Type ブログが他の文字コードの場合は、エクスポートファイルを変換して一致させる必要があります。
* "admin" is the login you use to login as the administrator of the WordPress blog.
+
* "mtuserX" is the name of author X, in the MovableType blog.
+
  
The steps involved in the migration are as follows:
+
* [[用語集#テキストエディタ|テキストエディタ]]で import.txt ファイルを開き、文字コードを変更して保存する。
 +
* Mac OSX および Unix/Linux 系のシステムでは、[http://www.gnu.org/software/libiconv/documentation/libiconv/iconv.1.html iconv] を使って import.txt ファイルを変換できる。
 +
$ iconv -f ISO-8859-1 -t UTF-8 import.txt > import_new.txt
  
#Exporting from Movable Type
+
=WordPress へのインポート=
#Editing the WordPress importer
+
WordPress 2.7 以降でのインポートは、管理パネルの '''ツール &rarr; [[Tools_Import_SubPanel|インポート]] &rarr; Movable Type と TypePad''' から行います。<br />
#Importing into WordPress
+
手順は[[Importing_Content#.E5.9F.BA.E6.9C.AC.E7.9A.84.E3.81.AA.E6.96.B9.E6.B3.95|コンテンツインポート情報ページの「基本的な方法」セクション]]に書かれている通りです。実行の際は、リンク先やインポーターページの説明もよく読んでください。
#Tying up loose ends, if any
+
  
=Exporting from MovableType=
+
=その他気を付けること=
  
# Login to your MovableType blog. You will see a screen that looks like Figure 1.
+
==大量の投稿のインポート==
# From the main menu, click on the "Configuration" link for the blog whose entries you want to export, as shown by the red arrow in Figure 1.
+
元のサイトに大量の投稿があった場合には、タイムアウトやアップロードファイルサイズ制限によるエラーが発生することがあります。この場合は、サーバーのメモリー制限を編集する必要があります。
# That link should bring you to a page similar to that shown in Figure 2. Click the "Import/Export" button on the left menu, as shown by the red arrow in Figure 2.
+
# On the page that ensues, Click the "Export Entries from <your weblog's name>" link as shown by the red arrow in Figure 3. Don't worry, the comments are exported too.
+
# Now you should see readable text, split over several lines, in your browser. If the text is one long, running line, and if you are using any version of Internet Explorer, then you have a problem. Internet Explorer sometimes treats plaintext as html. To avoid this problem do one of the following:
+
*Use a Gecko-based browser, such as Netscape, Mozilla, or FireFox. Save the page you see in your browser, with all the entries in text, as a text file with the name "import.txt", on your computer.
+
*If you do not want to use another browser, then in Internet Explorer, copy all the text you see in the browser, open WordPad, or Notepad (a simple text editor), but definitely '''not''' MS Word, and paste the text in. Then save the file in the text editor with the name "import.txt".
+
*If you are exporting from MovableType Version 3.0D, then the [http://www.movabletype.org/support/index.php?act=ST&f=8&t=40987 bug fix for AM/PM problem] is essential.
+
*WordPress uses UTF-8 as the default encoding. So if your MT blog uses ISO 8859-1 or Latin - 1 to encode posts, convert the posts to UTF-8 before importing, to ensure that all characters display properly.
+
**On *nix and OSX you can use the http://www.gnu.org/software/libiconv/documentation/libiconv/iconv.1.html iconv] program to convert your import.txt file: <tt>$ iconv -f ISO-8859-1 -t UTF-8 import.txt > import_new.txt</tt>
+
**You can also use one of many [http://miscoranda.com/96 scripts] available online.
+
**Optionally, you could also set an Option (Option -> Reading -> Character Encoding) in WordPress to set the Charset for the WP weblog to ISO 8859-1 before importing the posts.
+
<gallery>
+
Image:mt-loggedin.png |Figure 1: Logged into Movable Type
+
Image:mt-configuration.png |Figure 2: Movable Type - Weblog Configuration Screen
+
Image:mt-exporting.png |Figure 3: Movable Type - Import/Export Entries Screen
+
</gallery>
+
  
=Editing <tt>import-mt.php</tt>=
+
'''参考:'''
 +
* [http://www.ideaxidea.com/archives/2009/02/wordpress_import_hacks.html WordPressのインポート機能で2MB制限を突破する方法 - IDEA*IDEA](2009年2月)
  
1. Open the file "import-mt.php" in your favourite text editor.  You will find it in the directory "wp-admin/import/" in your WordPress installation . For this, you have to download it first.
+
編集するための権限がない場合は、エクスポートファイルサイズを小さくして対応することもできます。エクスポートファイルをテキストエディタで編集し、小分けにしながらアップロードするとよいでしょう。
  
2. On line number 2 of import-mt.php, find %%%define('MTEXPORT', '');%%% and change that to %%%define('MTEXPORT', 'import.txt');%%%
+
==パーマリンクを維持する==
  
3. Save import-mt.php and upload it to the "wp-admin" directory on your server, overwriting the existing "import-mt.php".
+
サイト内のリンクを修正しても、検索エンジンや外部サイトからのリンクは更新されません。リンク切れを防ぐために、ブログ投稿や固定ページのパーマリンクを維持するための対策が必要になります。
  
4. Upload the "import.txt" file you had saved earlier after the export to the "wp-admin" directory on your server.
+
多くの方法では、WordPress のサーバーで [[用語集#.htaccess|.htaccess]] や Apache の [[用語集#mod_rewrite|mod_rewrite]] モジュールが利用できることが前提になります。分からない場合は、サーバー管理者に問い合わせてください。
  
=Importing Entries into WordPress=
+
===旧 URL と新 URL を統一する ===
 +
新旧 URL を完全に統一することで、リダイレクトせずにパーマリンクを維持できます。<br />
 +
以下で、Movable Type のテンプレートを使って書き出した固定リンクファイル名をもとに WordPress データベースをまとめて更新する方法が紹介されています。
  
# Log into your WordPress installation as the user <tt>admin</tt>
+
* [http://www.ideaxidea.com/archives/2008/12/movabletypewordpress.html 固定リンクを変えずにスムーズにMovableTypeからWordPressに移行するまでの作業ログ - IDEA*IDEA](2008年12月)
# Visit the page <nowiki>http://example.com/wordpress/wp-admin/import-mt.php</nowiki> (Of course, please visit the corresponding page on your WordPress blog, this link is just an example).
+
# Click on the link that says "let's go!"
+
# On the next page, you will see all the authors in the Movable Type weblog, and for each of these authors, you can choose either an existing WordPress user from the dropdown list, or type a username for a new user to be created in WordPress. You can use this to "map" users on your Movable Type weblog to users in the WordPress weblog, if in case the names of the author(s) are different in your WordPress blog, and you want to change the authors' names. For example, the Movable Type user "mtuserX" might correspond to the "admin" user on your WordPress installation. If you do not wish to change the names of the MT authors, just leave the corresponding entries blank, and new WP authors will be created with the same name as the MT authors. Make the changes you desire, and when you are done, click the "Submit" button.
+
# Now you will see a number of lines informing you of the progress of the import, as it happens. When it is all over, you will be asked to "Have Fun".
+
# Go ahead, have fun - the import of posts, comments, pingbacks and trackbacks is complete!
+
# If any new authors were created in WordPress during the import process, according to your wishes, the password for those users/authors is '''changeme'''. You can use this password to log in as that user. Please change the password the first time you log in after the import, since everyone who's read this guide knows the password!
+
  
=Odds and Ends=
+
=== .htaccess を使ったリダイレクト===
 +
以下は、.htaccess ファイルのみを使った新しい URL へのリダイレクト方法です。
  
==Importing a Huge Number of Posts==
+
まず、以下のコードをもとに Movable Type のテンプレートを作成し、<code>redirect.php</code> として出力します。このファイルを、WordPress をインストールしたディレクトリにアップロードします。
If you don't have administrative control of the server (root access), then [http://wordlog.com/archives/2004/07/29/importing-large-movabletype-text-files/ Importing a Large Number of Posts] has relevant links and help. This should be helpful if your import process dies before completing the import. The php installation on your webserver may have a low script timeout, or if the file is too large, your server may run out of memory. This is what's happening when you see a blank, white page, during the import, or your browser says "Done" before WordPress says "Have Fun!" after the import.
+
 
+
If you do have root access to the server, edit php.ini and increase the maximum memory setting. For a large import (e.g. 5MB), increase the script memory to 100MBs and restart apache. When the import is complete, restore the limit to what it was originally and restart apache again.
+
 
+
==Preserving Permalinks==
+
 
+
Search Engines such as [http://google.com Google] will still link to the old Movable Type generated [[Glossary#URI and URL|URLs]] when linking to your articles. This is true of other websites too, that may have linked to your posts or articles. It is your best interests to preserve those links, to prevent visitors following those links from seeing a "404: article not found" error page. The following steps will help you preserve the links, depending on how the permalinks were configured on your Movable Type weblog.
+
 
+
===Using an MT Individual Entry Template for Redirection===
+
Alex King's solution provides a [http://www.alexking.org/software/wordpress/mt-wp-redirect.zip Movable Type template for individual entries], which you can use to generate pages that will redirect visitors to the corresponding WordPress pages. However, this method requires that you maintain the Movable Type installation, as also the pages generated by it, which will do the redirection.
+
 
+
===Using .htaccess for redirection===
+
Matt's method uses the [[Glossary#.htaccess|.htaccess]] file for redirection.
+
 
+
Create a Movable Type template like the following, have it output to <tt>redirect.php</tt> in your WP root directory:
+
 
<pre>
 
<pre>
 
<?php
 
<?php
86行目: 60行目:
 
?>
 
?>
 
<MTEntries lastn="999999">
 
<MTEntries lastn="999999">
Redirect Permanent /archives/<$MTEntryID$>.html http://www.example.org/archives/<$MTArchiveDate format="%Y/%m/%d"$>/
+
Redirect Permanent /archives/<$MTEntryID$>.html http://example.com/archives/<$MTArchiveDate format="%Y/%m/%d"$>/
 
   <?php echo sanitize_title("<$MTEntryTitle$>"); ?>
 
   <?php echo sanitize_title("<$MTEntryTitle$>"); ?>
 
</MTEntries>
 
</MTEntries>
 
</pre>
 
</pre>
  
If your entry IDs in MovableType are padded with zeroes (0), then change the line above to
+
Movable Type で拡張子を .html ではなく .php、.htm などにしていた場合、その部分を編集してください。
 +
 
 +
Movable Type のエントリー ID の前にゼロ(0)をつける設定にしていた場合は、"Redirect ..." からを以下のようにします。
 
<pre>
 
<pre>
Redirect Permanent /archives/<$MTEntryID pad="1"$>.html http://www.example.org/archives/<$MTArchiveDate format="%Y/%m/%d"$>/
+
Redirect Permanent /archives/<$MTEntryID pad="1"$>.html http://example.com/archives/<$MTArchiveDate format="%Y/%m/%d"$>/
 
   <?php echo sanitize_title("<$MTEntryTitle$>"); ?>
 
   <?php echo sanitize_title("<$MTEntryTitle$>"); ?>
 
</pre>
 
</pre>
  
Also, if your used the "dirify" option,
+
また、Movable Type で "dirify" オプションを使っていた場合は以下のようにします。
for example, when in MT, if you had:
+
* Archive Type: Individual,
+
* Archive File Template: <MTEntryTitle dirify="1">.php,
+
* quotes in title etc,
+
  
Use:
 
 
<pre>
 
<pre>
 
Redirect Permanent /archives/<MTEntryTitle dirify="1">.php  
 
Redirect Permanent /archives/<MTEntryTitle dirify="1">.php  
http://www.example.com/index.php?s=<$MTEntryTitle encode_url="1"$>
+
http://example.com/index.php?s=<$MTEntryTitle encode_url="1"$>
 
</pre>
 
</pre>
  
or if the extension for the pages were ".html", instead of the ".php" above, use:
+
===.htaccess と mod_rewrite を使ったリダイレクト===
<pre>
+
Redirect Permanent /archives/<$MTEntryID$>.html
+
http://www.example.com/index.php?s=<$MTEntryTitle encode_url="1"$>
+
</pre>
+
  
===Using .htaccess and mod_rewrite for redirection===
+
mod_rewrite モジュールを使えば、サーバーによるスムーズな URL の書き換えを行うことができます。mod_rewrite と .htaccess が両方とも使える場合は、以下の内容を含む .htaccess ファイルを作成し、WordPress インストールのルートに置きます。
 
+
Apache 1.3 and above have a module, called mod_rewrite, that allows URL to be seamlessly rewritten on the fly by the server. This can be used to preserve the previous permalinks from a MovableType installation. To use mod_rewrite, the module must be installed and the FollowSymLinks option must be enabled for your blog directory. If these two conditions are true, then it's as easy as creating a .htaccess file with the following lines in it:
+
 
<pre>
 
<pre>
 
RewriteEngine on
 
RewriteEngine on
RewriteRule archives/0*(\d+).html /uri/to/blog/index.php?p=$1
+
RewriteRule archives/0*(\d+).html http://example.com/index.php?p=$1
RewriteRule index.rdf /uri/to/blog/index.php?feed=rdf
+
RewriteRule index.rdf http://example.com/index.php?feed=rdf
RewriteRule index.rss /uri/to/blog/index.php?feed=rss
+
RewriteRule index.rss http://example.com/index.php?feed=rss
RewriteRule index.xml /uri/to/blog/index.php?feed=rss2
+
RewriteRule index.xml http://example.com/index.php?feed=rss2
 
</pre>
 
</pre>
* Note that this will also preserve RSS and RDF feeds that may be being used by third party sites.
 
  
===Preserving the Numerical Post Ids===
+
'''注:''' これにより、他のサイトで読み込まれる RSS/RDF フィードも正しくリダイレクトされます。
If you are using WordPress 2.0 or newer, you will need to use Joshua Zader's solution:
+
[http://www.muditajournal.com/archives/000280.php Mudita Journal: Importing from MT to WordPress]
+
  
The information below largely pertains to older versions of WordPress.
+
===投稿 ID 番号を維持する===
  
If you want your imported posts in WordPress to have the same numerical post ids as in Movable Type, use [http://site-essential.com/wpstuff/mt-numeric-import.zip Kathy's MT-Numeric-Id Importer]. Note that this might not work very well, if you had "padded" numeric ids in Movable Type. However, a peek into the code, and a little familiarity with PHP should help you fix this, if required.
+
投稿 ID の番号を含むパーマリンクを維持したまま移行する方法。
  
Another option is to use [http://drbacchus.com/wordpress/index.php?p=611 Dr. Bacchus' Solution] for the same problem.
+
'''参考:'''
 +
* [http://www.odysseygate.com/archives/645 IDを維持したままMovable Type 3.2からWordPress2.0.2へ移行する - Odysseygate.com] - MT 3.2 &rarr; WP 2.0.2 への移行(2006年5月)。
 +
* [http://www.us-vocal-school.com/weblog/music_life/archives/000672.html Movable TypeからWordpressへの移行(パーマリンクを維持)- 上大岡的音楽生活]
  
See also: http://scott.yang.id.au/2004/06/wordpress-migration-notes/
+
===Movable Type 形式のパーマリンク構造を使う===
  
===Forcing Wordpress to Use the Movable Type Permalink Structure===
+
WordPress でそのまま Movable Type 形式のパーマリンク構造を使うには、以下のリンク先を参考にしてみてください。
Allan Barizo provides a solution that forces Wordpress to [http://www.bankblog.info/2005-12/from_mt_to_wp_using_the_same_permalinks_as_movable_type.html use the same permalinks as Movable Type]. However, since Movable Type does not always stick to a set number of characters in the entry_basename column, also known to WordPress users as a "slug" or %postname%," there are sometimes a few Page Not Found (404) errors. It is recommended that this method be used in conjunction with the strategies outlined above. It involves changing the permalink structure under "Options" to
+
 
 +
'''参考:'''
 +
* [http://blog.dacelo.info/wordpress/entry-283.html MovableTypeからWordPressへの完全移行方法] - 記事ID、タグ、パーマリンクも含めた移行方法(2008年10月)。
 +
* [http://blog.browncat.org/2007/06/movabletypewordpress.html MovableTypeからWordPressへ同じパーマリンクでの移行方法 - blog@browncat.org] - 情報が少し古くなっているが、基本的な手順の参考として(2007年6月)。
 +
<!-- 古そうなので、外部リンクの情報を優先
 +
Allan Barizo provides a solution that forces WordPress to [http://www.bankblog.info/2005-12/from_mt_to_wp_using_the_same_permalinks_as_movable_type.html use the same permalinks as Movable Type]. However, since Movable Type does not always stick to a set number of characters in the entry_basename column, also known to WordPress users as a "slug" or %postname%," there are sometimes a few Page Not Found (404) errors. It is recommended that this method be used in conjunction with the strategies outlined above. It involves changing the permalink structure under "Options" to
  
 
<pre>/archives/%year%/%monthnum%/%postname%.html</pre>
 
<pre>/archives/%year%/%monthnum%/%postname%.html</pre>
  
Since the %postname% in Wordpress substitutes dashes for spaces, it may be desirable to install the [http://codex.wordpress.org/Plugins/Underscore_Permalinks Underscore Permalinks Plugin]. You may wish to defer this in case the solutions below do not work.
+
Since the %postname% in WordPress substitutes dashes for spaces, it may be desirable to install the [http://codex.wordpress.org/Plugins/Underscore_Permalinks Underscore Permalinks Plugin]. You may wish to defer this in case the solutions below do not work.
  
 
Generally, a SQL Query must be run on the wp_posts table in the WordPress MySQL database. This is because every Movable Type installation has a different %postname% length cutoff point. (The cutoff point in Movable Type can be seen under Settings, New Entry Defaults tab, Basename Length for the value). On the contrary, WordPress displays the whole URL. Before running this SQL query, replace "15" with the number of characters in the Basename Length field for the particular MT installation. Remember, to back up your MySQL database before performing this operation.  
 
Generally, a SQL Query must be run on the wp_posts table in the WordPress MySQL database. This is because every Movable Type installation has a different %postname% length cutoff point. (The cutoff point in Movable Type can be seen under Settings, New Entry Defaults tab, Basename Length for the value). On the contrary, WordPress displays the whole URL. Before running this SQL query, replace "15" with the number of characters in the Basename Length field for the particular MT installation. Remember, to back up your MySQL database before performing this operation.  
166行目: 135行目:
  
 
<pre>UPDATE wp_posts SET post_name=REPLACE(post_name, '-', '_')</pre>
 
<pre>UPDATE wp_posts SET post_name=REPLACE(post_name, '-', '_')</pre>
 +
-->
 +
<!-- 訳してみましたが、古い+より新しい情報がすでにあるのでコメントアウト
 +
=== リンクチェックユーティリティ ===
 +
リンクが正しく生成されているかをチェックするための、[http://www.occams-razor.info/mt3.3_to_wp2.3_link_check.txt MT 3.3 &rarr; WP 2.3 リンクチェックユーティリティ]というスクリプト<ref name="oldtool">2007年10月に公開された古いツールなので、最新バージョンに対応しているかは不明。使用する前にデータのバックアップを必ずとっておくこと。</ref>があります(Mark D. Hamill 作)。
 +
 +
'''使用方法'''
 +
# 上記のリンク先を .php 拡張子で保存する(例: link-check.php など)。
 +
# MySQL 情報を編集して WordPress インストール先にアップロードする。
 +
# <code><nowiki>http://example.com/link-check.php</nowiki></code> などへアクセスして実行する。
 +
# 不正なリンクを発見したら、[[phpMyAdmin]] などでwp_posts テーブルの post_name カラムを更新する。
 +
# 不正なリンクがなくなるまで3〜4を繰り返す。
 +
-->
  
Mark D. Hamill wrote a [http://www.occams-razor.info/mt3.3_to_wp2.3_link_check.txt utility] that may help show the posts where the permalink is inconsistent between Movable Type and WordPress. It was tested using  Movable Type 3.3 and Wordpress 2.3. You will need to save the file with a .php extension and change some script variables to match your instance of MySQL. Of course it must be placed on your server and run from it with an appropriate URL. Once bad links are identified they can be changed using phpMyAdmin or a similar tool by carefully editing the post_name column for the appropriate rows in the wp_posts table. Rerun the utility until no link inconsistencies are found.
 
  
=Importing Tags=
+
=タグのインポート=
  
If you created tags in your Movable Type blog and want to move them over, it is possible but tricky and possibly error prone.
+
Movable Type 4 以前のバージョンでは、エクスポートファイルにタグ情報が含まれません。以下の情報を参考にしてみてください。
  
First, make sure that you have all post permalinks preserved as in Movable Type using the guidance above. In order to move tags for your blog entries, there must be a way to find a Movable Type entry in WordPress and this can only be done if they have something in common. Ensuring the same permalink between Movable Type and Wordpress allows tags in Movable Type to be associated in Wordpress.
+
== インデックステンプレートの作成 ==
 +
[http://www.movabletype.jp/documentation/appendices/import-export-format.html Movable Type のブログ記事インポートフォーマット]ページの「Movable Type 4 以前のバージョンからのブログ記事インポート」セクションにあるテンプレートを参考に、インデックステンプレートを作成します。
  
To actually move the tags, try a [http://www.occams-razor.info/mt3.3_to_wp2.3_tag_conversion.txt Movable Type tag import utility] written by Mark D. Hamill. While it worked for him, it has not been extensively tested so send him feedback. It should be considered "Alphaware" so use it at your own risk and with the expectation that it might fail. '''Make sure you backup your database before trying to use this utility.'''
+
== エクスポート・インポートプログラム の編集 ==
 +
Movable Type 側のエクスポートプログラム(<code>/lib/MT/ImportExport.pm</code>)と WordPress のインポートプログラム(<code>/wp-admin/import/mt.php</code>)に手を加えれば、タグなども含めたエクスポートファイルを扱えます。
  
Read the utility's instructions carefully before running it. It was tested using  Movable Type 3.3 and Wordpress 2.3 and may not work for other versions. You will need to save the file with a .php extension and change some script variables to match your MySQL database. Of course it must be placed on your server and run from it with an appropriate URL. Guidance on running the utility can be found by invoking it. When ready to actually move over the tags, add a ?run=1 to the end of the URL.
+
'''参考:'''
 +
* [http://blog.dacelo.info/wordpress/entry-283.html MovableTypeからWordPressへの完全移行方法] - 記事ID、タグ、パーマリンクも含めた移行方法(2008年10月)。
 +
<!-- 訳してみましたが、古い+より新しい情報がすでにあるのでコメントアウト
 +
=== タグインポートユーティリティ ===
 +
タグをインポートするためには、[http://www.occams-razor.info/mt3.3_to_wp2.3_tag_conversion.txt MT 3.3 &rarr; WP 2.3 タグインポートユーティリティ]というスクリプトがあります。「ベータ」以前の「アルファウェア」のため、リスクを理解した上で利用するよう注意が必要です<ref name="oldtool" />(Mark D. Hamill 作)。
  
=User Experiences=
+
'''使用方法'''
The following are a bunch of links to posts by users describing their MT to WP move. This might be handy to see if someone has faced the sinister problems you are facing (God Forbid!) :
+
# このページの手順に沿って、Movable Type と WordPress のパーマリンクを一致させる。
 +
# リンク先のファイルを .php 拡張子で保存する(例: tag-conversion.php)。
 +
# MySQL 情報を編集して WordPress インストール先にアップロードする。
 +
# <code><nowiki>http://example.com/tag-conversion.php</nowiki></code> などへアクセスして実行する。
 +
# タグをインポートする準備ができたら、<code><nowiki>http://example.com/tag-conversion.php?run=1</nowiki></code> へアクセスする。-->
  
英語で書かれた体験記をもっと読みたい場合は、[[:en:Importing_from_Movable_Type_to_WordPress#User_Experiences|Codex 原文]]をご覧下さい。
+
=ユーザーの移行体験記=
 +
実際に Movable Type から WordPress へ移行した方のブログ記事も参考にしてみてください。
 +
<!-- 追加する場合は新しいものを日付が上になるように -->
 +
* [http://www.anylog.jp/wp/archives/670 MovableTypeからWordPress 2.9へ移行してみた(1) ~移行・テーマ~] - MT 4.261 &rarr; WP 2.8.6 への移行(2009年12月)。
 +
* [http://blog.makotokw.com/memo/movabletype2wordpress/ Movable TypeからWordPressへの移行メモ] - MT 4.31 &rarr; WP 2.8.6 へ1800件の投稿を移行。URL 変更やタグのインポート対策のコード例も(2009年11月)。
 +
* [http://rewish.org/wp/export_xml WordPressへ移行するならXMLを書き出すのがスムーズ] - MT 標準のエクスポート機能を使わず、テンプレートで XML ファイルを生成(2009年6月)。
 +
* [http://www.trick7.com/blog/2009/01/04-042930.php ブログをMovableTypeからWordPressに移行しました] - MT 3.33 &rarr; WP 2.7 への移行(2009年1月)。
 +
* [http://wiki.browncat.org/index.php/MovableTypeからWordPressへのURL込みの移行方法 MovableTypeからWordPressへのURL込みの移行方法] - MT 3.35j &rarr; WP 2.2 への移行。
  
* [http://wiki.browncat.org/index.php/MovableTypeからWordPressへのURL込みの移行方法 MovableTypeからWordPressへのURL込みの移行方法] - MovableType 3.35j &rarr; WordPress 2.2 への移行について(2009年1月)。
+
英語の移行体験記も読みたい場合は、[[:en:Importing_from_Movable_Type_to_WordPress#User_Experiences|Codex 原文]]をご覧下さい。
  
{{原文|en:Importing_from_Movable_Type_to_WordPress|77385}}<!-- 2009-08-20T05:53:19 Mrmist 版-->
+
<!-- =脚注=
 +
<references />
 +
-->
 +
{{原文|Importing_from_Movable_Type_to_WordPress|77385}}<!-- 2009-08-20T05:53:19 Mrmist 版-->
  
 
{{DEFAULTSORT: MovableTypeからWordPressへのいこう}}
 
{{DEFAULTSORT: MovableTypeからWordPressへのいこう}}

2010年1月4日 (月) 10:22時点における版

このページ「Movable Type から WordPress への移行」は情報が古くなっている可能性があります。最新版英語)も合わせてご覧ください。翻訳にご協力くださる方はぜひご相談ください

このページ「Movable Type から WordPress への移行」は一部未翻訳です。和訳や日本語情報を加筆してくださる協力者を求めています

このページでは、Movable Type または TypePad から WordPress へ移行する方法を紹介します。
基本的なステップは他のブログツールなどからのインポートと変わりませんが、パーマリンクを維持する方法など Movable Type/TypePad 特有のコツを詳しく書いています。

前提条件

  • WordPress のインストールを完了している
  • 元となる Movable Type サイト、新しい WordPress サイトともにドメインは http://example.com/ である

MovableType からのエクスポート

まず、以下の公式マニュアルに従って記事、コメント、トラックバックをエクスポートします。

以下では、ここで作成したファイルを「エクスポートファイル」と呼びます。

文字コードの一致

WordPress では UTF-8 がデフォルト文字コードです。Movable Type ブログが他の文字コードの場合は、エクスポートファイルを変換して一致させる必要があります。

  • テキストエディタで import.txt ファイルを開き、文字コードを変更して保存する。
  • Mac OSX および Unix/Linux 系のシステムでは、iconv を使って import.txt ファイルを変換できる。
$ iconv -f ISO-8859-1 -t UTF-8 import.txt > import_new.txt

WordPress へのインポート

WordPress 2.7 以降でのインポートは、管理パネルの ツール → インポート → Movable Type と TypePad から行います。
手順はコンテンツインポート情報ページの「基本的な方法」セクションに書かれている通りです。実行の際は、リンク先やインポーターページの説明もよく読んでください。

その他気を付けること

大量の投稿のインポート

元のサイトに大量の投稿があった場合には、タイムアウトやアップロードファイルサイズ制限によるエラーが発生することがあります。この場合は、サーバーのメモリー制限を編集する必要があります。

参考:

編集するための権限がない場合は、エクスポートファイルサイズを小さくして対応することもできます。エクスポートファイルをテキストエディタで編集し、小分けにしながらアップロードするとよいでしょう。

パーマリンクを維持する

サイト内のリンクを修正しても、検索エンジンや外部サイトからのリンクは更新されません。リンク切れを防ぐために、ブログ投稿や固定ページのパーマリンクを維持するための対策が必要になります。

多くの方法では、WordPress のサーバーで .htaccess や Apache の mod_rewrite モジュールが利用できることが前提になります。分からない場合は、サーバー管理者に問い合わせてください。

旧 URL と新 URL を統一する

新旧 URL を完全に統一することで、リダイレクトせずにパーマリンクを維持できます。
以下で、Movable Type のテンプレートを使って書き出した固定リンクファイル名をもとに WordPress データベースをまとめて更新する方法が紹介されています。

.htaccess を使ったリダイレクト

以下は、.htaccess ファイルのみを使った新しい URL へのリダイレクト方法です。

まず、以下のコードをもとに Movable Type のテンプレートを作成し、redirect.php として出力します。このファイルを、WordPress をインストールしたディレクトリにアップロードします。

<?php
require('wp-config.php');
header('Content-type: text/plain');
?>
<MTEntries lastn="999999">
Redirect Permanent /archives/<$MTEntryID$>.html http://example.com/archives/<$MTArchiveDate format="%Y/%m/%d"$>/
   <?php echo sanitize_title("<$MTEntryTitle$>"); ?>
</MTEntries>

Movable Type で拡張子を .html ではなく .php、.htm などにしていた場合、その部分を編集してください。

Movable Type のエントリー ID の前にゼロ(0)をつける設定にしていた場合は、"Redirect ..." からを以下のようにします。

Redirect Permanent /archives/<$MTEntryID pad="1"$>.html http://example.com/archives/<$MTArchiveDate format="%Y/%m/%d"$>/
   <?php echo sanitize_title("<$MTEntryTitle$>"); ?>

また、Movable Type で "dirify" オプションを使っていた場合は以下のようにします。

Redirect Permanent /archives/<MTEntryTitle dirify="1">.php 
http://example.com/index.php?s=<$MTEntryTitle encode_url="1"$>

.htaccess と mod_rewrite を使ったリダイレクト

mod_rewrite モジュールを使えば、サーバーによるスムーズな URL の書き換えを行うことができます。mod_rewrite と .htaccess が両方とも使える場合は、以下の内容を含む .htaccess ファイルを作成し、WordPress インストールのルートに置きます。

RewriteEngine on
RewriteRule archives/0*(\d+).html http://example.com/index.php?p=$1
RewriteRule index.rdf http://example.com/index.php?feed=rdf
RewriteRule index.rss http://example.com/index.php?feed=rss
RewriteRule index.xml http://example.com/index.php?feed=rss2

注: これにより、他のサイトで読み込まれる RSS/RDF フィードも正しくリダイレクトされます。

投稿 ID 番号を維持する

投稿 ID の番号を含むパーマリンクを維持したまま移行する方法。

参考:

Movable Type 形式のパーマリンク構造を使う

WordPress でそのまま Movable Type 形式のパーマリンク構造を使うには、以下のリンク先を参考にしてみてください。

参考:


タグのインポート

Movable Type 4 以前のバージョンでは、エクスポートファイルにタグ情報が含まれません。以下の情報を参考にしてみてください。

インデックステンプレートの作成

Movable Type のブログ記事インポートフォーマットページの「Movable Type 4 以前のバージョンからのブログ記事インポート」セクションにあるテンプレートを参考に、インデックステンプレートを作成します。

エクスポート・インポートプログラム の編集

Movable Type 側のエクスポートプログラム(/lib/MT/ImportExport.pm)と WordPress のインポートプログラム(/wp-admin/import/mt.php)に手を加えれば、タグなども含めたエクスポートファイルを扱えます。

参考:

ユーザーの移行体験記

実際に Movable Type から WordPress へ移行した方のブログ記事も参考にしてみてください。

英語の移行体験記も読みたい場合は、Codex 原文をご覧下さい。

最新英語版: WordPress Codex » Importing_from_Movable_Type_to_WordPress最新版との差分