当サイト、Codex 日本語版は今後積極的な更新は行わない予定です。後継となる新ユーザーマニュアルは、https://ja.wordpress.org/support/ にあります。
万が一、当サイトで重大な問題を発見した際などは、フォーラムWordSlack #docs チャンネルでお知らせください。</p>

HyperDB

提供: WordPress Codex 日本語版
2015年8月16日 (日) 10:56時点におけるMiccweb (トーク | 投稿記録)による版 (最新版のマージ 149385}}<!--15:34, 1 February 2015‎ Songdogtech 版 -->)

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

HyperDB は、複数のデータベース環境において標準の wpdb クラスを置き換えるものです。HyperDB はデータのパーティションおよびレプリケーションに対応しています。

データのパーティション化

データのパーティションには、複数のテーブルやデータベースの一部を(通常他のサーバー上にある)別のデータベースに移すという作業が含まれます。これによってデータベースサーバーを追加することでアプリケーションを拡張でき、データを複数のサーバーに拡散させられるようになります。

HyperDB はどのデータがどのサーバーにあるかを指定できるようにします。

レプリケーション

レプリケーションでは、ひとつのデータベースサーバーをマスター(すべてのデータの中心となる複製)とします。すべてのデータベースへの書き込みはマスターサーバーにて行われる必要がありますが、データベースの読み出しはスレーブサーバーに送ることができます。これにより複数のサーバーで負荷を分散できます。

HyperDB を使えばデータベースへの書き込みと読み出しを分割し、それぞれに複数のサーバーを指定することができるようになります。

フェイルオーバー(障害迂回)

HyperDB では複数サーバーの設定・複数ルートの設定が可能です。もし最初のサーバーにアクセスできない場合は2番目のサーバーへのアクセスを試行し、それもダウンしている場合は3番目…というようになります。これによって内部 NIC から公開 NICへ、そしてリモートデータセンターへの障害迂回が可能になります。

HyperDB の入手

HyperDB は Subversion レポジトリまたは公式プラグインディレクトリでダウンロードできます。

サポート・質問

HyperDB に関するサポート、ディスカッション、質問については、メーリングリストに参加してください。

最新英語版: WordPress Codex » HyperDB最新版との差分

このページ「HyperDB」はまだ書きかけで、情報が不足しています。続きを書いて WordPress を手助けしましょう.