• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

FAQ/インストール

提供: WordPress Codex 日本語版
< FAQ
2009年6月14日 (日) 17:56時点におけるBono (トーク | 投稿記録)による版 (旧バージョンに戻すには?: 日本語版独自にセクション追加、ほか微調整)

移動先: 案内検索

このページ「FAQ/インストール」は所々未翻訳です。和訳や日本語情報を加筆してくださる協力者を求めています

目次

インストール

WordPress のインストール方法は?

参照:

「5分間インストール」とは何ですか?

参照:

WordPress ブログに適したホストを探したいのですが

参照:

CPanel / CPanel X を用いたインストール方法は?

参照:

'wp-config' ファイルの設定方法は?

参照:

WordPress の設置条件は?

参照:

私の言語で使える WordPress はありますか?

参照:

データベースの作成は必要ですか?

WordPress は、データを格納する MySQL データベースへのアクセスを必要とします。そのため、データベースが必須です。

次の場合、WordPress のインストールの前に、新規データベースを作成します。

  1. サーバ上にまだデータベースを作成していないとき
  2. 太っ腹なホストがあなたに複数のデータベースを提供してくれて、今回設置したいブログに別のデータベースを使いたいとき

WordPress のインストール毎に新規データベースを作成する必要はありません。

  • 一つのデータベースを使って複数の WordPress をインストールしたい場合、WordPress 毎に異なるデータベース接頭辞(テーブル名に付ける prefix)を付けるよう、wp-config.php ファイルの編集に注意します。
  • 新規ブログ用に新規データベースを設置したい場合、wp-config.php で正しいデータベース名等を設定するよう気をつけてください。

参照:

サイトを表示しようとすると 403 エラーが出ます

Symptoms: You cannot seem to login after using the right username and password, into your admin account. You get an error message like:

 You are not authorized to view this page
 You might not have permission to view this
 directory or page using the credentials you 
 supplied. If you believe you should be able 
 to view this directory or page, please try 
 to contact the Web site by using any e-mail 
 address or phone number that may be listed 
 on the personal.fredsmith.com home page. 
 You can click Search to look for information
 on the Internet. HTTP Error 403 - Forbidden''

Solution: If your account is hosted on a Windows server, it could be a problem with the Directory Indexes. The default configuration of the server is to load index.htm, index.html, default.htm, default.html, default.asp files.

Wordpress is done in PHP so the default page is index.php. Now, this is not part of the default configuration so we need to add it. To do this, you need to click on Web Options in the Control Panel. Then scroll down to the Directory Indexes section to add index.php to the Directory Indexes.

If necessary, contact your web host for support in this matter.

WordPress のフォルダ名を変えられますか?

WordPress のインストールがこれからであれば、WordPress ファイルのアップロード前/後どちらでも、WordPress フォルダをリネームできます。

インストール済み WordPress のフォルダ名をリネームしたい場合は、管理者として WordPress にログインし、設定 > 一般設定 画面で次の項目を変更してください。

  • WordPress address (URI):
  • Blog address (URI):

この変更の後、WordPress ファイルを置いているディレクトリ(フォルダ)名をリネームできます。

参照:

パスワードをリセットするには?

参照:

アップロードディレクトリが "C:apachehtdocswordpress" となるのはなぜですか?

アップロードパスを入力する際に「バックスラッシュ」を使っていませんか?ディレクトリのパスの指定には通常のスラッシュ(/)をお使いください。

Windows 2000 に WordPress をインストールできますか?

Windows プラットフォームに WordPress をインストールしようとしているなら、MySQL データベースバージョン 4.1.7 は使わないでください。次の説明(フォーラムへの投稿)をお読みください。

"To all those having problems installing Wordpress on your own Windows 2000 (and other Win OS versions) workstation - and maybe some host servers, too: Do not use MySQL 4.1.7 - it is the problem if you get "Error establishing a database connection!". It does not seem compatible with the other components. Use MYSQL 4.0.22 instead.

Thanks to the Reply by ADAMANT in response to the POST of Nov 6, 2004 02:21:29 by ANTOINE, the Wordpress installation really did become only 5 minutes, after two days of frustration:

I started with Windows 2000, PHP 4.3.9, Apache 1.3.33 and MySQL 4.1.7. I spent two days checking my wp-config.php literally 100 times; making changes; troubleshooting my database, using every known name for my host (localhost, 127.0.0.1, <IP address>, computer name, etc...) to no avail. I kept getting:

"Error establishing a database connection!" ...

I knew it wasn't my config. So thanks to ADAMANT's suggestion, I uninstalled MySQL 4.1.7 and downloaded and installed MySQL 4.0.22 from mysql.org. After installing and configuring the new (old) MySQL, which took approximately 7 minutes (very easy), I ran the install.php once again and YES!! it actually took less than 5 minutes for the Wordpress install.

NOTE: the Apache web site says NOT to use Apache 2 in production. So, after all my wasted time with the latest MySQL, I suggest the following to those who can control their environment:

PHP 4.3.9, Apache 1.3.33 and MySQL 4.0.22. On Windows at least, they all work well together."



Steven

UPDATE: MySQL 4.1.7 uses a new password encryption system that is incompatible with prior methods. If you want to get WordPress working with a 4.1.7 database, you need to make sure your user password is set as an old-style password (password-old instead of password, if you're using mysqladmin). -- Nabil

ADDITIONAL: As stated above by Nabil, you can force Post 4.1.7 MySQL systems to use the old password lengths. From the MySQL command line interface, as a user that can manipulate the mysql tables (most likely root):

USE mysql;
SET PASSWORD FOR 'wordpressuser'@'localhost' = OLD_PASSWORD('somePassword444');
FLUSH PRIVILEGES;

As the normal password methods will result in the new style password function being used. Another hack would be to run the mysql service with --old-passwords, but I've seen the above password method work under 4.1.19 and 4.1.20 on an XP install - Grey

Note: The above are actual user comments, and may be subjective in their content. It is hoped that it will be of help to some users who face the specific problems that are addressed by this question.

インストール 応用編

ファイルを置いたディレクトリとは異なる位置に WordPress をインストールするには?

次の質問にもお答えします。

  • あるフォルダにブログを置きながら、index をルートにするには?
  • 全てのファイルを www.example.com/wordpress に置いたまま、訪問者には www.example.com にあるブログを見せるには?
  • index.php があるディレクトリとは別のディレクトリに WordPress をインストールするには?

参照:

私のブログを誰にも見られないようにできますか?

Whether you are testing a new version of WordPress, setting up a new blog or have some other reason to limit access, the following information may help you keep unwanted visitors out.

Apache

There is no guaranteed way to do this. You can use the .htaccess file (which also contains your permalink code) to check for certain IP addresses and prevent them from viewing your site. This will only stop the IP address, not the person, so if they have access to an allowed IP address, they can get to your page. One tutorial for this is located at Clockwatchers.com

An .htaccess file can also be used to prevent others from "hot-linking" to your images (bandwidth theft) or to set up a password protected blog.

Apache Basic Authentication

To require a password to access your site using .htaccess and .htpasswd: Clockwatchers.com .htpasswd.

Tools that help you create the files necessary to password protect your site: Clockwatchers.com .htaccess And .htpasswd Tools

Note: When your site is accessed the password is encoded weakly using Base64 and can be easily intercepted and decoded.

Windows IIS Basic Authentication

To require a password if your site is hosted on IIS, you can deselect Allow Anonymous Access and select Basic Authentication. You'll also need to have a username with a password.

Note: When your site is accessed the password is encoded weakly using Base64 and can be easily intercepted and decoded.

参照:

Search Engines: Spiders and Bots

Search Engines will index your site and cache your content. If you do not want this to happen, use a file called robots.txt. More details can be found at SearchEngineWorld.com

ログイン問題を解決するには?

参照:

FTP

FTP とはどうやるのですか?

参照:

Filezilla の使い方は?

参照:

ファイルとフォルダをアップロードするには?

参照:

ファイルの CHMOD はどうやるの?

参照:

MySQL

MySQL は本当に必要?

WordPress ブログを稼動させるには確かに MySQL データベースサーバが必要です。MySQL データベースサーバにのみ対応しています。PHP および MySQL の要件は次のとおりです。

  1. 転送 テンプレート:サーバー要件

MySQL 以外のデータベースは使えますか?

今のところ、他のデータベースには対応していません。

There are several other excellent database storage engines, such as PostgreSQL and SQLite that WordPress is interested in supporting in the future. Supporting multiple databases is trickier than it sounds and is not under active development, although there are plenty of architectural discussions about the best approach to take. Approaches for increasing the number of supported databases are discussed at Using Alternative Databases. There is a PostgreSQL port of WordPress available called WordPress-Pg.

WordPress ではどうして MySQL を使うのですか?

MySQL is extremely fast. It is also the most widely available database server in the world. Open-source and free, MySQL is supported by thousands of low-cost Linux (and Windows!) hosts, which means a very low barrier to entry for anyone wanting to start a WordPress (or database-driven) website. MySQL's documentation is useful, cogent and thorough. (Note: it may be intimidating if you are new to all this.) Add to all that the fact that users are able to directly manipulate MySQL with phpMyAdmin/en, developed expressly for that purpose, and it is obvious that MySQL is the best choice. Of course, WordPress insists on the best.

PHP

phpMyAdmin とは何ですか?

phpMyAdmin とは、web 上で MySQL 管理を操作することを目的として PHP 言語で書かれたツールです。

参照:

WordPress を使うために PHP について知っておくべきですか?

No. The only time you would modify your WordPress blog with PHP would be when integrating some of the plugins. In most cases clear instructions are given within a text file that accompanies the plugin. Other than that, you would not be changing any of the PHP files.

参照:

Safe Mode(セーフモード)の PHP で WordPress は動きますか?

Most definitely! There are no known issues with any version of WordPress when PHP is running in Safe Mode.

参照: セーフモードによる制限と対処方法

PHP は本当に必要?

You certainly need PHP (version 4.1 or newer) to power your WordPress blog. PHP is the scripting language that drives all of WordPress, and without PHP, your server will not be able to interpret the pages that create your weblog.

私が使っている PHP のバージョンを確認するには?

あなたのサーバについての情報を得るには、phpinfo() 関数が使えます。これにより Apache および PHP のバージョン、 mod_rewrite についての情報も分かります。

参照:

インポート(コンテンツの取り込み)

別のブログツールの今のウェブログから、記事をインポートできますか?

参照:

b2 からインポートするには?

参照:

Movable Type MT からインポートするには?

参照:

Blogger からインポートするには?

参照:

Text Pattern からインポートするには?

参照:

一般的な RSS フィードからインポートするには?

参照:

他のブログソフトウェアからインポートするには?

参照:

アップグレード

使っている WordPress のバージョンを確認するには?

あなたが使っている WordPress のバージョンを調べる方法はいくつかあります。

  • 設置した WordPress の wp-includes ディレクトリにある version.php ファイルを テキストエディタで開いてください。設置したバージョン番号が書かれています。
  • WordPress 管理パネルでは、どの画面でも一番下にバージョン番号が表示されます。
  • テーマの中にはフッタ・テンプレートにバージョン番号を表示するものがあります。または、次のように自分で書き加えることもできます。
<?php bloginfo('version'); ?>

WordPress を最新版にするにはどうしたらいいですか?

参照:

データベースのバックアップを取得するには?

参照:

データベースをリストア(復元)するには?

参照:

upgrade.php 実行後、"It doesn't look like you've installed WP yet. Try running install.php." というメッセージが出ます

WordPress のアップグレードを実行後、"Have fun . ." リンクをクリックすると、"It doesn't look like you've installed WP yet. Try running install.php." と表示されます。この問題は、管理者権限を持つユーザが存在しないことによるものかもしれません。

To fix that, use phpMyAdmin/en to manually give a user those capabilities:

  1. First find the ID of the user you want to make administrator by looking in the wp_user table.
  2. In the wp_usermeta table, for that ID, find the related user_id, and where the meta_key is wp_capabilites, change the meta_value to a:1:{s:13:"administrator";b:1;}.
  3. In that same table, for that user_id, where the meta_key is wp_user_level, change the meta_value to a 10.

Please note that the prefix on those tables and those two meta_keys utilize your database prefix. So if your database prefix is mywp_ then the two tables will be mywp_user and mywp_usermeta and the the two meta_keys will be mywp_capabilities and mywp_user_level.

参照:

データベースのアップグレードを強制的に行なうには?

場合によっては、データベースのアップグレード処理を再実行する必要があるかもしれません。それには、wp_options テーブルdb_version の値をアップグレードのバージョンの値に下げる必要があります。例えば、2.0.11 から 2.3 へデータベースを強制的にアップグレードしたいときは、db_version3441 に変更します。2.5 から 2.8 にアップグレードさせるには 7558 に変更します。

'''db_version''' for WordPress releases:
2.8    = 11548
2.7.1  = 9872
2.7    = 9872
2.6.5  = 8204
2.6.3  = 8204
2.6.2  = 8204
2.6.1  = 8204
2.6    = 8201
2.5.1  = 7796
2.5    = 7558
2.3.3  = 6124
2.3.2  = 6124
2.3.1  = 6124
2.3    = 6124
2.2.3  = 5183
2.2.x  = 5183
2.2    = 5183
2.1.3  = 4773
2.1.x  = 4773
2.1    = 4772
2.0.11 = 3441
2.0.x  = 3441
2.0    = 3441
1.5.x  = 2541
1.x    = 2540

値の変更には phpMyAdmin/en または wp-admin/options.php をお使いください。

注意: 変更前に必ずデータベースのバックアップを取得してください。また、値を間違えないようご注意ください。db_version は、アップグレードスクリプトがデータベースの書き換え内容を判断するための重要な値です。

db_version を変更すると、ブログにログインするときに、データベースのアップグレードを促すリンクが表示されます。

コアアップグレード(自動アップグレード)を実行する前に、プラグインを無効化する必要はありますか?

従来のアップグレード手順では全てのプラグインを無効化する必要がありましたが、WordPress 2.7コアアップグレード処理では、その必要はありません。以下は Ryan Boren よる説明です。

During the upgrade, your blog is put in maintenance mode and loading is halted at the beginning of wp-settings.php. Nothing really runs, including plugins. The only thing allowed to run is the DB upgrade, which takes care of making sure plugins are not loaded. You don't need to deactivate plugins unless you like turning them back on one-by-one after upgrading to isolate any breakage they might cause.
「アップグレード(処理)の間、あなたのブログはメンテナンスモードとなり、wp-settings.php の先頭で(スクリプトの)ローディングを停止します。プラグインの読み込みも何も実行しません。ただ一つ、プラグインがロードされないことを確かめるための DB アップグレードだけは実行します。プラグインを要因とする破損を見極めるために、アップグレード後にプラグインを一つずつ有効化していきたいのでなければ、プラグインを無効化する必要はありません。」 (カッコ内は訳者補足)

コアアップグレードが動作しません。どうしたらいい?

コアアップグレードが、例えば 2.7 から 2.7.1 へのアップグレードで動かないのであれば、次の解決策が役立つかもしれません。

  1. アップグレードが無限ループしている様子であり、バックエンドで Memcache object cache を使っている場合、Memcache をアップグレードしてください(Trac Ticket 8407 参照)。
  2. restrictive suexec(suexec 制限?)が原因でアップグレードが失敗する(fail)場合、wp-config.php で FS_CHMOD_DIR と FS_CHMOD_FILE を試してください(Trac Ticket 8478 参照)。

旧バージョンに戻すには?

アップグレード前に取得しておいたバックアップファイルを使って、WordPressファイルとデータベースの両方を旧バージョンのものに戻します。

手順:

  1. WordPress ファイルを旧バージョンに戻す。(注)
    1. サーバ上の WordPress ディレクトリを別の名前に変更 (不安がないならサーバから削除してもよい)
    2. バックアップしてあった WordPress ファイル一式をサーバへアップロード
  2. データベースを旧バージョンに戻す
  3. 正しく旧バージョンにできたか確認
  4. 表示や動作に問題がないか確認

(注)

  • 上記 1 は上書きではいけません。新バージョンで追加されたファイルが消されずに残り、不具合の要因となります。上書きが不十分だった事例もあります。
  • WordPress のスクリプトとデータベースは連携して動いています。バージョンが揃っていないと、使っているうちに不具合が生じたり、次回のアップグレードが正常に行なわれない可能性があります。


FAQ に戻る

最新英語版: WordPress Codex » FAQ Installation最新版との差分