• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

関数リファレンス/wptexturize

提供: WordPress Codex 日本語版
< 関数リファレンス
2015年6月21日 (日) 14:49時点におけるMiccweb (トーク | 投稿記録)による版 (戻り値)

移動先: 案内検索

このページ「関数リファレンス/wptexturize」は未翻訳です。和訳や日本語情報を加筆してくださる協力者を求めています

この戻り値は、スマート引用符、アポストロフィ、ダッシュ、楕円、商標記号や乗算記号を引用符の変換をテキストに与えます。

Text enclosed in the tags <pre>, <code>, <kbd>, <style>, <script>, and <tt> will be skipped. This list of tags can be changed with the 'no_texturize_tags'/en filter.

Text in the '[code]' shortcode will also be ignored. The list of shortcodes can be changed with the 'no_texturize_shortcodes'/en filter.

The entire function can be turned off with the 'run_wptexturize'/en filter.

使い方

<?php wptexturize( $text ); ?>

パラメータ

$text
string) (必須) The text to be formatted.
初期値: なし

戻り値

(文字列) 
文字列は、HTMLを数値文字参照に置き換えます。

参考

開始と終了引用符はWordPressの翻訳ファイルでカスタマイズすることができます。これはテキストの変換の一部です。:

元のテキスト 変換されたテキスト シンボル名
"---" "—" emダッシュ
" -- " "—" emダッシュ
"--" "–" enダッシュ
" - " "–" enダッシュ
"..." "…" 省略記号
`` 開始引用符
"hello “hello 開始引用符
'hello ‘hello 開始引用符
'' 終了引用符
world." world.” 終了引用符
world.' world.’ 終了引用符
" (tm)" " ™" 商標記号
1234" 1234″ ダブルプライム記号
1234' 1234′ プライム記号
'99 ’99 西暦の省略表現前にアポストロフィ
Webster's Webster’s アポストロフィ
1234x1234 1234×1234 乗算記号

There is a small "cockney" list of transformations, as well. They can be replaced if the variable $wp_cockneyreplace is defined and contains an associative array with the keys containing the source strings and the values containing the transformed strings. By default the following strings will be transformed:

  • 'tain't
  • 'twere
  • 'twas
  • 'tis
  • 'twill
  • 'til
  • 'bout
  • 'nuff
  • 'round
  • 'cause

変更履歴

新規導入: 0.71

In 4.0: wptexturize() and _wptexturize_pushpop_element() were significantly revised to improve performance and to resolve many bugs. This version also added the run_wptexturize filter to allow a theme or plugin to permanently disable this feature.

ソースファイル

wptexturize()wp-includes/formatting.php にあります。


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/wptexturize最新版との差分