• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「関数リファレンス/wptexturize」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(戻り値)
(00:53, 29 May 2015 Miqrogroove 版をマージして残りを和訳しました。)
 
1行目: 1行目:
{{NeedTrans}}
+
{{CheckTrans}}
  
 
<div id="Description">
 
<div id="Description">
 
== 説明 ==
 
== 説明 ==
 
</div>
 
</div>
この戻り値は、スマート引用符、アポストロフィ、ダッシュ、楕円、商標記号や乗算記号を引用符の変換をテキストに与えます。
 
<!--This returns given text with transformations of quotes to smart quotes, apostrophes, dashes, ellipses, the trademark symbol, and the multiplication symbol. -->
 
  
Text enclosed in the tags <tt><nowiki><pre></nowiki></tt>, <tt><nowiki><code></nowiki></tt>, <tt><nowiki><kbd></nowiki></tt>, <tt><nowiki><style></nowiki></tt>, <tt><nowiki><script></nowiki></tt>, <tt><nowiki> and <tt></nowiki></tt> will be skipped. This list of tags can be changed with the <tt>[[プラグイン API/フィルターフック一覧/no_texturize_tags|'no_texturize_tags']]</tt>/[[:en:Plugin_API/Filter_Reference/no_texturize_tags|en]] filter.
+
この関数は、与えられたテキストに次のような変換を行って返します。例えばふつうの引用符をスマート引用符へ変えたり、特定の記号の並びをアポストロフィ、ダッシュ、省略符号(…)、商標記号、乗算記号などへ変えたりします。
  
Text in the '[code]' shortcode will also be ignored. The list of shortcodes can be changed with the <tt>[[プラグイン API/フィルターフック一覧/no_texturize_shortcodes|'no_texturize_shortcodes']]</tt>/[[:en:Plugin_API/Filter_Reference/no_texturize_shortcodes|en]] filter.
+
タグ <tt><nowiki><pre></nowiki></tt>, <tt><nowiki><code></nowiki></tt>, <tt><nowiki><kbd></nowiki></tt>, <tt><nowiki><style></nowiki></tt>, <tt><nowiki><script></nowiki></tt>, <tt><nowiki><tt></nowiki></tt> に囲まれたテキストはスキップされます。このタグのリストは <tt>[[プラグイン API/フィルターフック一覧/no_texturize_tags|'no_texturize_tags']]</tt>/[[:en:Plugin_API/Filter_Reference/no_texturize_tags|en]] フィルターで変更できます。
  
The entire function can be turned off with the <tt>[[プラグイン API/フィルターフック一覧/run_wptexturize|'run_wptexturize']]</tt>/[[:en:Plugin_API/Filter_Reference/run_wptexturize|en]] filter.
+
'[code]' のようなショートコード内のテキストも無視されます。このショートコードのリストは <tt>[[プラグイン API/フィルターフック一覧/no_texturize_shortcodes|'no_texturize_shortcodes']]</tt>/[[:en:Plugin_API/Filter_Reference/no_texturize_shortcodes|en]] フィルターで変更できます。
 +
 
 +
この関数そのものを <tt>[[プラグイン API/フィルターフック一覧/run_wptexturize|'run_wptexturize']]</tt>/[[:en:Plugin_API/Filter_Reference/run_wptexturize|en]] フィルターで無効化できます。
 +
 
 +
<p class="important">この関数を <tt>[[プラグイン API/アクションフック一覧/init|'init']]</tt>/[[:en:Plugin_API/Action_Reference/init|en]] アクションの前に使わないでください。wptexturize() を初めて呼び出す前にすべての設定が初期化されていなければなりません。さもないと、その後の呼び出しがすべて失敗します。</p>
  
 
<div id="Usage">
 
<div id="Usage">
23行目: 25行目:
 
</div>
 
</div>
  
{{Parameter|$text|string|The text to be formatted.}}
+
{{Parameter|$text|文字列|フォーマット対象のテキスト。}}
  
 
<div id="Return_Values">
 
<div id="Return_Values">
29行目: 31行目:
 
</div>
 
</div>
  
; (文字列) : 文字列は、HTMLを数値文字参照に置き換えます。
+
; (文字列) : HTML 数値文字参照を置換した後のテキスト。
  
 
<div id="Notes">
 
<div id="Notes">
 
 
== 参考 ==
 
== 参考 ==
 
</div>
 
</div>
  
開始と終了引用符はWordPressの翻訳ファイルでカスタマイズすることができます。これはテキストの変換の一部です。:
+
開始と終了の引用符は WordPress の翻訳ファイルでカスタマイズできます。一部ですがテキスト変換は次のように行われます:
  
 
{| border="1" cellspacing="0" cellpadding="4"
 
{| border="1" cellspacing="0" cellpadding="4"
 
! 元のテキスト !! 変換されたテキスト !! シンボル名
 
! 元のテキスト !! 変換されたテキスト !! シンボル名
 
|-
 
|-
| <tt>"---"</tt> || <tt>"&#8212;"</tt> || emダッシュ
+
| <tt>"---"</tt> || <tt>"&#8212;"</tt> || em ダッシュ
 
|-
 
|-
| <tt>" -- "</tt> || <tt>"&#8212;"</tt> || emダッシュ
+
| <tt>" -- "</tt> || <tt>"&#8212;"</tt> || em ダッシュ
 
|-
 
|-
| <tt>"--"</tt> || <tt>"&#8211;"</tt> || enダッシュ
+
| <tt>"--"</tt> || <tt>"&#8211;"</tt> || en ダッシュ
 
|-
 
|-
| <tt>" - "</tt> || <tt>"&#8211;"</tt> || enダッシュ
+
| <tt>" - "</tt> || <tt>"&#8211;"</tt> || en ダッシュ
 
|-
 
|-
 
| <tt>"..."</tt> || <tt>"&#8230;"</tt> ||省略記号
 
| <tt>"..."</tt> || <tt>"&#8230;"</tt> ||省略記号
69行目: 70行目:
 
| <tt>1234'</tt> || <tt>1234&#8242;</tt> || プライム記号
 
| <tt>1234'</tt> || <tt>1234&#8242;</tt> || プライム記号
 
|-
 
|-
| <tt>'99</tt> || <tt>&#8217;99</tt> || 西暦の省略表現前にアポストロフィ
+
| <tt>'99</tt> || <tt>&#8217;99</tt> || 西暦の省略表現前のアポストロフィ
 
|-
 
|-
 
| <tt>Webster's</tt> || <tt>Webster&#8217;s</tt> || アポストロフィ
 
| <tt>Webster's</tt> || <tt>Webster&#8217;s</tt> || アポストロフィ
77行目: 78行目:
 
|}
 
|}
  
There is a small "cockney" list of transformations, as well. They can be replaced if the variable <tt>$wp_cockneyreplace</tt> is defined and contains an associative array with the keys containing the source strings and the values containing the transformed strings. By default the following strings will be transformed:
+
同様に、小さな「[[Wikipedia:ja:コックニー|コックニー]]」変換リストがあります。これは、変数 <tt>$wp_cockneyreplace</tt> を連想配列(キーが対象の文字列、値が変換後の文字列)として定義すれば、置き換えることができます。デフォルトでは以下の文字列が変換されます:
  
 
* <tt>'tain't</tt>
 
* <tt>'tain't</tt>
91行目: 92行目:
  
 
<div id="Change_Log">
 
<div id="Change_Log">
 
 
== 変更履歴 ==
 
== 変更履歴 ==
 
</div>
 
</div>
  
新規導入: 0.71
+
* 0.71 : 新規導入
  
In 4.0: wptexturize() and _wptexturize_pushpop_element() were significantly revised to improve performance and to resolve many bugs.
+
* [[Version 4.0|4.0]] : wptexturize() _wptexturize_pushpop_element() は性能向上と多くのバグ修正のため大きく書き直されました。このバージョンから run_wptexturize フィルターが導入され、テーマやプラグインがこの機能を無効化できるようになりました。
This version also added the run_wptexturize filter to allow a theme or plugin to permanently disable this feature.
+
  
 
<div id="Source_File">
 
<div id="Source_File">
107行目: 106行目:
  
 
<div id="Related">
 
<div id="Related">
== 関連資料 ==
+
== 関連項目 ==
 
</div>
 
</div>
  
114行目: 113行目:
 
{{Tag Footer}}
 
{{Tag Footer}}
  
{{原文|Function Reference/wptexturize|150181}} <!-- 15:18, 18 March 2015 Cbutlerjr 版 -->
+
{{原文|Function Reference/wptexturize|151854}} <!-- 00:53, 29 May 2015 Miqrogroove 版 -->
  
 
{{DEFAULTSORT:Wptexturize}}
 
{{DEFAULTSORT:Wptexturize}}

2015年7月4日 (土) 20:35時点における最新版

この項目「関数リファレンス/wptexturize」は、翻訳チェック待ちの項目です。加筆、訂正などを通して、Codex ドキュメンテーションにご協力下さい。

この関数は、与えられたテキストに次のような変換を行って返します。例えばふつうの引用符をスマート引用符へ変えたり、特定の記号の並びをアポストロフィ、ダッシュ、省略符号(…)、商標記号、乗算記号などへ変えたりします。

タグ <pre>, <code>, <kbd>, <style>, <script>, <tt> に囲まれたテキストはスキップされます。このタグのリストは 'no_texturize_tags'/en フィルターで変更できます。

'[code]' のようなショートコード内のテキストも無視されます。このショートコードのリストは 'no_texturize_shortcodes'/en フィルターで変更できます。

この関数そのものを 'run_wptexturize'/en フィルターで無効化できます。

この関数を 'init'/en アクションの前に使わないでください。wptexturize() を初めて呼び出す前にすべての設定が初期化されていなければなりません。さもないと、その後の呼び出しがすべて失敗します。

使い方

<?php wptexturize( $text ); ?>

パラメータ

$text
文字列) (必須) フォーマット対象のテキスト。
初期値: なし

戻り値

(文字列) 
HTML 数値文字参照を置換した後のテキスト。

参考

開始と終了の引用符は WordPress の翻訳ファイルでカスタマイズできます。一部ですがテキスト変換は次のように行われます:

元のテキスト 変換されたテキスト シンボル名
"---" "—" em ダッシュ
" -- " "—" em ダッシュ
"--" "–" en ダッシュ
" - " "–" en ダッシュ
"..." "…" 省略記号
`` 開始引用符
"hello “hello 開始引用符
'hello ‘hello 開始引用符
'' 終了引用符
world." world.” 終了引用符
world.' world.’ 終了引用符
" (tm)" " ™" 商標記号
1234" 1234″ ダブルプライム記号
1234' 1234′ プライム記号
'99 ’99 西暦の省略表現前のアポストロフィ
Webster's Webster’s アポストロフィ
1234x1234 1234×1234 乗算記号

同様に、小さな「コックニー」変換リストがあります。これは、変数 $wp_cockneyreplace を連想配列(キーが対象の文字列、値が変換後の文字列)として定義すれば、置き換えることができます。デフォルトでは以下の文字列が変換されます:

  • 'tain't
  • 'twere
  • 'twas
  • 'tis
  • 'twill
  • 'til
  • 'bout
  • 'nuff
  • 'round
  • 'cause

変更履歴

  • 0.71 : 新規導入
  • 4.0 : wptexturize() と _wptexturize_pushpop_element() は性能向上と多くのバグ修正のため大きく書き直されました。このバージョンから run_wptexturize フィルターが導入され、テーマやプラグインがこの機能を無効化できるようになりました。

ソースファイル

wptexturize()wp-includes/formatting.php にあります。


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/wptexturize最新版との差分