• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「関数リファレンス/wp update term」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(en:Function Reference/wp_update_term 20:46, 31 July 2012 Jdesrosiers 版を流し込み。)
 
(和訳しました。)
 
1行目: 1行目:
== Description ==
+
{{CheckTrans}}
  
Update term based on arguments provided.
+
<div id="Description">
 +
== 説明 ==
 +
</div>
  
== Usage ==
+
指定された引数に従ってタームを更新します。
  
<?php wp_update_term( $term_id, $taxonomy, $args )  ?>
+
<div id="Usage">
 +
== 使い方 ==
 +
</div>
  
== Parameters ==
+
<?php wp_update_term( $term_id, $taxonomy, $args ) ?>
  
{{Parameter|$term_id|int|The ID of the term.}}
+
<div id="Parameters">
{{Parameter|$taxonomy|string|The context in which to relate the term to the object.}}
+
== パラメータ ==
{{Parameter|$args|array|Overwrite term field values.|optional}}
+
</div>
  
== Return Values ==
+
{{Parameter|$term_id|整数|タームの ID}}
; <tt>(array|WP_Error)</tt> : Returns Term ID and Taxonomy Term ID (in an array). Or an WP_Error object.
+
{{Parameter|$taxonomy|文字列|タクソノミー。タームをオブジェクトへ関連付けるコンテキスト。}}
 +
{{Parameter|$args|配列|タームのフィールドを上書きする値。|オプション}}
 +
 
 +
<div id="Return_Values">
 +
== 戻り値 ==
 +
</div>
 +
 
 +
; <tt>(配列|WP_Error)</tt> : ターム ID とターム・タクソノミー ID(配列形式)。または WP_Error オブジェクト。
 +
 
 +
<div id="Example">
 +
== 用例 ==
 +
</div>
 +
 
 +
<div id="Rename_the_.27Uncategorized.27_category_in_french">
 +
=== 「未分類」カテゴリーをフランス語に変更 ===
 +
</div>
  
== Example ==
 
=== Rename the 'Uncategorized' category in french ===
 
 
<pre>
 
<pre>
 
<?php
 
<?php
wp_update_term(1, 'category', array(
+
wp_update_term( 1, 'category', array(
 
   'name' => 'Non Catégorisé',
 
   'name' => 'Non Catégorisé',
 
   'slug' => 'non-categorise'
 
   'slug' => 'non-categorise'
));
+
) );
 
?>
 
?>
 
</pre>
 
</pre>
  
== Notes ==
+
<div id="Notes">
 +
== 参考 ==
 +
</div>
  
The $args will indiscriminately override all values with the same field name.
+
<tt>$args</tt> は同じフィールド名があればどんな値でも無条件に上書きします。
Care must be taken to not override important information need to update or update will fail (or perhaps create a new term, neither would be acceptable).
+
重要な情報を上書きしないように注意してください。万一上書きすると、更新が失敗します(または、おそらく新しいタームが作られますが、いずれにせよ望ましくないでしょう)。
  
Defaults will set 'alias_of', 'description', 'parent', and 'slug' if not
+
'alias_of', 'description', 'parent', 'slug' が <tt>$args</tt> になければデフォルト値がセットされます。
defined in $args already.
+
  
'alias_of' will create a term group, if it doesn't already exist, and update
+
'alias_of' はタームのグループを(まだ存在しなければ)作り、<tt>$term</tt> が含まれるように更新します。
it for the $term.
+
  
If the 'slug' argument in $args is missing, then the 'name' in $args will be
+
<tt>$args</tt> に 'slug' 引数がなければ、代わりに <tt>$args</tt> の 'name' が使われます。指定した 'slug' がユニークでない場合、WP_Error が返されることに注意してください。もしスラッグをまったく指定しなければ、ユニークなものが自動的に作られます。
used. It should also be noted that if you set 'slug' and it isn't unique then
+
a WP_Error will be passed back. If you don't pass any slug, then a unique one
+
will be created for you.
+
  
For what can be overrode in $args, check the term scheme can contain and stay
+
<tt>$args</tt> で上書きできるものについては、タームのデータ構造を確かめてください。そしてタームのキーは避けてください。
away from the term keys.
+
  
Allowed $args for the term object:
+
<tt>$args</tt> に指定できるタームオブジェクトのフィールド:
 
* term_id
 
* term_id
 
* name
 
* name
57行目: 70行目:
 
* count
 
* count
  
== Change Log ==
+
<div id="Change_Log">
 +
== 変更履歴 ==
 +
</div>
  
Since: 2.3.0
+
2.3.0 : 新規導入
  
== Source File ==
+
<div id="Source_File">
 +
== ソースファイル ==
 +
</div>
  
<tt>wp_update_term()</tt> is located in {{Trac|wp-includes/taxonomy.php}}.
+
<tt>wp_update_term()</tt> {{Trac|wp-includes/taxonomy.php}} にあります。
  
== Related ==
+
<div id="Related">
[[Function Reference/wp_insert_term|wp_insert_term]]
+
== 関連資料 ==
 +
</div>
 +
 
 +
[[関数リファレンス/wp_insert_term|wp_insert_term]]
 
{{Tag Footer}}
 
{{Tag Footer}}
  
[[Category:Functions]]
+
{{原文|Function Reference/wp_update_term|152381}} <!-- 05:52, 21 June 2015 Gblsm 版 -->
[[Category:New_page_created]]
+
 
 +
{{DEFAULTSORT:Wp_update_term}}
 +
[[Category:関数]]
  
 
[[en:Function Reference/wp_update_term]]
 
[[en:Function Reference/wp_update_term]]

2015年6月21日 (日) 15:31時点における最新版

この項目「関数リファレンス/wp update term」は、翻訳チェック待ちの項目です。加筆、訂正などを通して、Codex ドキュメンテーションにご協力下さい。

指定された引数に従ってタームを更新します。

使い方

<?php wp_update_term( $term_id, $taxonomy, $args ) ?>

パラメータ

$term_id
整数) (必須) タームの ID
初期値: なし
$taxonomy
文字列) (必須) タクソノミー。タームをオブジェクトへ関連付けるコンテキスト。
初期値: なし
$args
配列) (オプション) タームのフィールドを上書きする値。
初期値: なし

戻り値

(配列|WP_Error) 
ターム ID とターム・タクソノミー ID(配列形式)。または WP_Error オブジェクト。

用例

「未分類」カテゴリーをフランス語に変更

<?php
wp_update_term( 1, 'category', array(
  'name' => 'Non Catégorisé',
  'slug' => 'non-categorise'
) );
?>

参考

$args は同じフィールド名があればどんな値でも無条件に上書きします。 重要な情報を上書きしないように注意してください。万一上書きすると、更新が失敗します(または、おそらく新しいタームが作られますが、いずれにせよ望ましくないでしょう)。

'alias_of', 'description', 'parent', 'slug' が $args になければデフォルト値がセットされます。

'alias_of' はタームのグループを(まだ存在しなければ)作り、$term が含まれるように更新します。

$args に 'slug' 引数がなければ、代わりに $args の 'name' が使われます。指定した 'slug' がユニークでない場合、WP_Error が返されることに注意してください。もしスラッグをまったく指定しなければ、ユニークなものが自動的に作られます。

$args で上書きできるものについては、タームのデータ構造を確かめてください。そしてタームのキーは避けてください。

$args に指定できるタームオブジェクトのフィールド:

  • term_id
  • name
  • slug
  • term_group
  • term_taxonomy_id
  • taxonomy
  • description
  • parent
  • count

変更履歴

2.3.0 : 新規導入

ソースファイル

wp_update_term()wp-includes/taxonomy.php にあります。

wp_insert_term

関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/wp_update_term最新版との差分