• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

関数リファレンス/wp update post

提供: WordPress Codex 日本語版
< 関数リファレンス
2010年5月2日 (日) 22:10時点におけるKz (トーク | 投稿記録)による版 (全体を和訳。)

移動先: 案内検索

データベースの投稿を更新します。更新する投稿の ID を指定してください。投稿が 更新 されると、以前の投稿はリビジョンとして保存されます。カテゴリー,カスタムフィールドなどの関連情報は更新された新しい投稿に紐付けされます。

使い方

<?php wp_update_post( $post ); ?>

パラメータ

wp_update_post() を実行する前に引数に渡す投稿情報を作成する必要があります。wp_insert_post() とは異なり、投稿 ID を指定する必要があります。

// ID が37の投稿を更新します
  $my_post = array();
  $my_post['ID'] = 37;
  $my_post['post_content'] = 'これの本文は更新されました。';

// データベースの投稿情報を更新
  wp_update_post( $my_post );

カテゴリー

カテゴリーはカテゴリー ID の配列で指定します。カテゴリーがひとつの場合でも配列にします。

パラメータ

$post
配列またはオブジェクト) (オプション) 配列の場合は値がエスケープされていること。投稿オブジェクトの場合はエスケープの必要はありません。キーの名前は wp_posts テーブルの各フィールド名と一致させます。投稿 ID が未指定の場合は更新ではなく追加になります。
初期値: 空の配列

戻り値

投稿の更新が成功した場合は投稿 ID。失敗した場合は 0

変更履歴

ソースファイル

wp_update_post()wp-includes/post.php に含まれています。

wp_insert_post()

関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。

最新英語版: WordPress Codex » Function Reference/wp update post最新版との差分