• 赤色のリンクは、まだ日本語Codexに存在しないページ・画像です。英語版と併せてご覧ください。(詳細

このWikiはいつでも誰でも編集できます

「関数リファレンス/wp kses data」の版間の差分

提供: WordPress Codex 日本語版
移動先: 案内検索
(最新英語版を反映 en:Function_Reference/wp_kses_data 13:41, 5 September 2015‎ Atachibana版)
 
(関連項目: セクションを追加。)
 
(2人の利用者による、間の2版が非表示)
1行目: 1行目:
== Description ==
+
== 説明<!--Description--> ==
  
Sanitize content with allowed HTML Kses rules.
+
許可された HTML kses ルールを使用してコンテンツをサニタイズ(無害化)します。
  
== Usage ==
+
== 使い方<!--Usage--> ==
  
 
<pre><?php wp_kses_data( $data ); ?></pre>
 
<pre><?php wp_kses_data( $data ); ?></pre>
  
== Parameters ==
+
== パラメータ<!--Parameters--> ==
  
{{Parameter|$data|string|Content to filter, expected to not be escaped|required}}
+
{{Parameter|$data|文字列|フィルターするコンテンツ。エスケープされていないことを想定|必須}}
  
== Return Values ==
+
== 戻り値<!--Return Values--> ==
  
{{Return||string|Filtered content}}
+
{{Return||文字列|フィルターされたコンテンツ}}
  
== Examples ==
+
==用例<!--Examples-->==
  
Below example sanitizes input HTML string by removing non allowed tag <tt>&lt;div></tt> and <tt>&lt;script></tt>.
+
次の例では入力の HTML 文字列から許可されないタグ <tt>&lt;div></tt> <tt>&lt;script></tt> を除去してサニタイズします。
  
 
<pre><?php
 
<pre><?php
 
$s = '<div id="1st"><strong><i>Foo</i></strong><script>alert("Bar");</script></div>';
 
$s = '<div id="1st"><strong><i>Foo</i></strong><script>alert("Bar");</script></div>';
 
$x = wp_kses_data($s);
 
$x = wp_kses_data($s);
// Now, $x is <strong><i>Foo</i></strong>alert("Bar");
+
 
 +
// このとき $x <strong><i>Foo</i></strong>alert("Bar");
 
?></pre>
 
?></pre>
  
== Change Log ==
+
==変更履歴<!--Change Log-->==
 +
* [[Version_2.9|2.9]] 以降
 +
 
 +
==ソースファイル<!--Source File--> ==
  
Since: [[Version 2.9|2.9]]
+
<tt>wp_kses_data()</tt> は {{Trac|wp-includes/kses.php}} で定義されています。
  
== Source File ==
+
== 関連項目 ==
  
<tt>wp_kses_data()</tt> is located in {{Trac|wp-includes/kses.php}}
+
* [[データ検証]]
 +
* [[関数リファレンス/wp_kses|wp_kses()]] /[[:en:Function Reference/wp_kses|en]]
 +
* [[関数リファレンス/wp_kses_post|wp_kses_post()]] /[[:en:Function Reference/wp_kses_post|en]]
 +
* [[関数リファレンス/wp_kses_allowed_html|wp_kses_allowed_html()]] /[[:en:Function Reference/wp_kses_allowed_html|en]]
  
{{原文|Function_Reference/wp_kses_data|153872}}<!--  13:41, 5 September 2015‎ Atachibana版 -->
+
{{Tag Footer}}
  
[[Category:Functions]]
+
{{原文|Function_Reference/wp_kses_data|153872}} <!-- 13:41, 5 September 2015 Atachibana版 -->
[[Category:New_page_created]]
+
  
 
[[en:Function Reference/wp_kses_data]]
 
[[en:Function Reference/wp_kses_data]]
[[ja:関数リファレンス/wp_kses_data]]
 

2015年9月7日 (月) 00:41時点における最新版

説明

許可された HTML kses ルールを使用してコンテンツをサニタイズ(無害化)します。

使い方

<?php wp_kses_data( $data ); ?>

パラメータ

$data
文字列) (必須) フィルターするコンテンツ。エスケープされていないことを想定
初期値: なし

戻り値

(文字列) 
フィルターされたコンテンツ

用例

次の例では入力の HTML 文字列から許可されないタグ <div><script> を除去してサニタイズします。

<?php
$s = '<div id="1st"><strong><i>Foo</i></strong><script>alert("Bar");</script></div>';
$x = wp_kses_data($s);

// このとき $x は <strong><i>Foo</i></strong>alert("Bar");
?>

変更履歴

ソースファイル

wp_kses_data()wp-includes/kses.php で定義されています。

関連項目


関数リファレンステンプレートタグ目次もご覧ください。


最新英語版: WordPress Codex » Function_Reference/wp_kses_data最新版との差分